スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 言語訓練とは

言語訓練と聞くと、どんなことをしているのかと疑問に思われる方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

抹茶が通う総合病院内リハビリテーション科の言葉の教室では、
子どもを多く受け持たれているST(言語聴覚士)の先生が指導してくださっています。
先生はその子の障害に合わせて色々な取り組みをなされていると思いますが、
基本的には子どもに負担のないようにカリキュラムを組んでいるはずなので、
私の印象として、言語訓練は、
『言葉のプロによる、カスタムメイドのゆる~い幼児教室』です。

当然、カスタムメイドですので、最初の面談から3回程は、いわゆる検査が
「それとわからないように」実施されていました。
抹茶は既にWPPSIを取っていたため、取ったのは知能検査である
レーヴンマトリックス色彩検査、言語検査である絵画語彙発達検査、構音検査です。
私は以前から少し抹茶の構音の誤りを少し気にしていたので、STの先生に伺ったところ、
「個人差もあるので、気にしなくても大丈夫だと思います。
それよりも、コミュニケーションの方を伸ばしていきましょう」とのことでした。

そんなこんなで、抹茶が一回一時間、マンツーマンの教室で取り組む内容は、
以下のような感じになります。

1 お話
2 教材を使っての言葉遊び
3 目と手の協応性を高めるプリントや積み木パズル
4 言葉を聞いて、身体を動かす遊び
5 ご褒美遊び

1のお話というのは、「どうやってきたの?」「保育園では誰と遊んでいるの?」など、
取り留めのない日常会話なのですが、抹茶はこれが一番苦手です。

2の言葉遊びは、モーラを意識させる遊びから、なぞなぞ、逆さ言葉まで多岐にわたります。
抹茶は手を動かした方が落ち着いて勉強できるため、先生は視覚的な補助教材を
用意してくださっています。なぞなぞも問題を紙に書いての出題です。

3は抹茶が得意な分野で、一息つく時間ですね。
プリントを2~3枚したり、ニキーチンの積み木に似たパズルなどに取り組みます。
これも嫌だ~と言うときは、先生は臨機応変に折り紙や工作の時間に切り替えてくれます。

4は先生の指示を聞いてお買い物をするごっこ遊びや、旗揚げゲーム、宝探しゲームなど。
盛り上がりすぎて、指示を聞いていない時も多々あり。(汗)

5のご褒美遊びは、抹茶が好きな遊び…ジェンガや黒ひげゲーム、すごろくなど。
遊びの中で数を数えたり、ルールを守ることを学びます。
ちなみにジェンガは大人顔負けの腕。

基本的には、言語性の課題と動作性の課題をバランス良く組み合わせて、
抹茶の苦手な面と得意な面を支援する内容なのですが、STの先生の何がすごいって、
声かけの仕方、タイミング、そして何より臨機応変さ。
特別な教材など特になくとも、STの先生は言葉のプロ、つまりコミュニケーションのプロなので、
「さりげなく指導するテクニック」がすごいわけですよ。
抹茶が先生の話題に乗らず、自分勝手に話し始めても、抹茶の話を膨らませてくれる。
押し付けないけれど、ルール違反には毅然と対処。
いや、ホント、抹茶のお勉強というより、親の私が勉強になります。




ST(言語聴覚士)という国家資格は比較的新しい資格なので、まだまだ認知度も低いと
思いますが、実際に子ども達や親と接し、現場でフォローしてくださるSTの方々なくては、
医師の診断も空回りしてしまいます。
その意味で、STの存在は大きく、これからもっともっと子どもSTが増えて行くことを願います。

ST(言語聴覚士)についてもう少し詳しく知りたい方は、中川信子さんのサイトへどうぞ

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ

10:48 | 言語訓練
comment(4)     trackback(0)
comments
言語訓練に通われていたのですね。
ウチの息子も春から通う予定です。

まだどんな訓練になるか、想像がつかなかったので、
こんなかんじなんだな~と思いながら読ませていただきました。

お話がウチの息子も苦手だろうな~

いろんな記事を読ませていただいて、
抹茶母サンはほんといろんなことを抹茶ちゃんにみせておられるな~と感心しました。

言葉の意味を経験をもとに話すってことは、たくさん見せないと~と改めて思いました。
最近、親同士の間でうまくいかないことも多く。。。
息子と楽しくすごそう!!と思い直しました。

またいろいろ教えてください!!

2010/02/05 13:51 | | edit posted by はちboo
はちboo さんへ
コメントありがとうございます。

>言語訓練
もみじ君は抹茶と苦手な面が似ているので、もしかしたら似たような訓練内容かもしれませんね~。もしよかったら、はちboo さんのブログでも言語訓練の様子を教えてください♪

>言葉の意味を経験をもとに話すってことは、たくさん見せないと~と改めて思いました。
そうですね。子どもはやはり、実体験を元に言葉を紡ぐな~と感じています。だから、普段何気なく見過ごしているようなものに、ふっと目を向けさせてあげると良いのかもしれません。なにもどこそこへ行くとかでなくー。
2010/02/05 17:15 | | edit posted by 抹茶母
はじめまして
WPPSIの検索からこのページにつきました。
うちの息子(もうすぐ4歳)が抹茶ちゃんとかなり似ていて
(私も抹茶母さん的な育て方)読みながら微笑んでしまいました。
うちの場合、日本で高機能自閉症のグレーゾーンと言われ、その診断のすぐ後にアメリカに転勤、アメリカでWPPSI検査を受け自閉症よりも言葉の問題ね~と言われ、でも日本語の言語訓練は無いから英語のスピーチ訓練を受けるように言われこれからどうなっていくんだろうとかなり落ち込み気味だったところですごく分かりやすくてありがたい情報&抹茶ちゃんと抹茶母さんの微笑ましいやり取りを読ませてもらってすごーーーく心が軽くなりました。
また色々読ませてもらいます^-^
2010/09/03 10:09 | | edit posted by yuu
yuuさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます。

日本語でのコミュニケーションを伸ばしていこう!と思っていた矢先の渡米。しかも、日本とアメリカで診断が変わるなんて、戸惑いますよね。お気持ちお察し致します。

私は自閉症に関しては全くの無知なので、とんちんかんなお返事かもしれませんが、特別支援教室の先生方向けに書かれた指導書や言語聴覚士の方が読むであろうアセスメント集は、言葉を伸ばす良いヒント満載!だと感じています。少なくとも、私のブログよりはずっと参考になりますので(笑)、おすすめです♪
2010/09/05 12:40 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/321-ed13a9cf
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。