スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 「はじめてなぞぺー」

「なぞぺー」に取り組む前に、「はじめてなぞぺー」に取り組んだ感想を
まとめておきますね。
(よかったら「4歳からのワーク***訂正」「なぞぺー」の記事を読んで下さいね)

この「はじめてなぞぺー」、それほど難しい問題ではないので、
年少さんならすらすら解ける子も多いかと思いますが、抹茶は違いますよ~。
すらすらなんてほど遠い…。

試行錯誤能力を伸ばす「けんけんぱ」では、30分以上ねばっていました。
「寝る時間を過ぎているから明日ね」と言っても、
「絵本を読んでくれなくてもいいからやりたい」と、絵本の読み聞かせタイムも返上。
何度も何度も同じ事を繰り返すセンスのなさには苦笑してしまいましたが、
その様はまさに「試行錯誤」なので、『試行錯誤能力はあるのかも…(アホだけど…)』
と感じます。
「もうやだ~」という姿勢ではなく、集中し、楽しんでいたからです。
そして、うんうんねばった末にゴールに辿り着いた時は、
「!!!やった~!ゴーーーール!」と、心底嬉しそうな声を上げていました。
自分で花まるを描き、キティちゃんのご褒美シール?まで貼って自己満足に浸る抹茶。

また、論理能力を伸ばす「前後左右上下」では、私が「絵を描いたら?」と言わずとも、
自ら○を描いて解いていく姿勢も見られました。

同じく論理能力を伸ばす「はんにんはだれ?」も大好きでした。
さっと解ける!というわけではないのですが、抹茶はなぜか犯人探しが好きでした。
この問題を解いた数日後、自作の問題を作成し、私に出題した程です。

「犯人は 丸い顔です。犯人は眼鏡をかけています。犯人は髪の毛が長いです」

CIMG0223.jpg

犯人は向かって一番左の人ですね。
偶然かもしれませんが、一応、選択抹消できる問題となっています。

ちなみに抹茶が得意ですらすら解ける問題は下の「がったい!」と「そっくりさん」。
お受験的には「図形構成」と「同図形発見」になるのでしょうか。
本来、抹茶は同図形発見を得意とはしていないはずですが、
「はじめてなぞぺー」の問題は選択数が少なく、また「違いっぷり」も激しいので、
やりやすかったようです。

反対に、大の苦手!今でも理解していないのが「ぞうととらとこざる」。
小学校受験問題でよく出題されるシーソーの概念ですね。
簡単な問題でもさっぱりわからないようなので、「これはやらない」とすぐに
飛ばしてしまいますが、抹茶の場合、現実と問題の回路が繋がれば解けるのではないか
と感じています。
大事なのは、実際にシーソーに乗ったり、天秤を触ったり…といった体験なのでしょうね。




このように年少の抹茶にとって、「はじめてなぞぺー」は、簡単すぎず、難しすぎず、
頑張ればなんとか解ける、自分で工夫して問題も作れる、というような丁度良いワーク
でした。とはいえ、抹茶に「丁度」のワークが他のお子さんに「丁度」とは限らず、
「これおすすめよ~」という言葉を鵜呑みにするのも危険なのでしょうね。
お子さんによって「丁度良い時期」はそれぞれ違うので、与える時期も重要だな…
と感じています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
09:45 | ワーク、問題集
comment(4)     trackback(0)

 「ひとりでとっくん365日 おけいこカード」+「ひとりでとっくん365日」

使用予定教材を追加しました。
有名ですよね、このシリーズ。
これに手を出すと、なんとなく「ぬしも折れたな…」という気がするのは、私だけでしょうか。

すみません、意味不明ですね。

正直なところ、抹茶には細かく系統立てた教材はいらないかな…と感じていたので
この「ひとりでとっくん365日 おけいこカード」および、「ひとりでとっくん365日」
を使用する予定はなかったのです。
しかし、お友達のIちゃんとプチお勉強会をすることになり、Iちゃんにはこの教材が
合うような気がしたので、とりあえず「01」だけ購入しました。




「ひとりでとっくん365日 おけいこカード01」

CIMG0290.jpg CIMG0291.jpg

これで1,260円也。
安いのか高いのかわからない値段ですが、こぐま会の教材を買う事を考えたら
割安かもしれません。(そのかわり、切り取る作業は面倒です)

中身は、「大きさ比べ」「上下関係」「前後関係」「位置の対応」「数の構成(9まで)」
「仲間集め」「一音一文字(同頭音・同尾音)」「色の系列」「図形模写」「具体物の記憶」
と10種の要素がバランスよく入っています。
ペーパーと違い、「何度も出来る」「間違えても負担にならない」点が良いのかな?

「ひとりでとっくん365日(01)」

CIMG0286.jpg 

「母親のための学習ノート」と言われると、緊張してしまいますね。
子どもより母親であるあなたが学びなさい!と言われているようです。
いや、おっしゃる通り…

こちらは「ひとりでとっくん365日 おけいこカード01」で学習した後に取り組む
プリント教材、という位置づけです。
「ひとりでとっくん365日(01)」が最初に発売され、補足する意味で最近
「ひとりでとっくん365日 おけいこカード01」が発売されました。




個人的な印象として、定型通りに使う場合、「おけいこカード」ですら
お勉強チックな感は否めないので、拒否反応が出るお子さんもいるだろうな…
と感じます。(お受験教材ですから当然なのでしょうが)
そういったお子さんには無理にやらせず、日常生活や普段の遊びの中で、
さりげなくその概念を取入れた会話をする方が良いのかもしれません。
そうすれば、ワークに取り組んだ際も「簡単、できる」という気持ちが芽生え、
ワーク嫌いにならないと思います。

逆に、定型通りに使わず(設問集に親が縛られず)自由に使うのであれば、
色々と楽しめそうですよ。
虹色サークルでは、できるだけ楽しく自由に使いたいな…と考えています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
07:57 | ワーク、問題集
comment(0)     trackback(0)

 右脳力・左脳力をひきだす子どものIQドリル

使用予定教材を追加しました。
随分前に生協のカタログで購入してからというもの、すっかり忘れていたのですが、
引っ張りだしてきましたよ。

CIMG0284.jpg 

全体の構成は、「右脳力」と「左脳力」にカテゴリー分けされた各分野を
解き進めていく形となります。
小学校受験のワークほど系統立てて分けてあるわけではありませんが、
これ1冊でざっと概要は掴めるかもしれません。

●右脳力…「直感力」「推理力」「観察力」「思考力」「記憶力」「洞察力」
●左脳力…「計算力」「文章力」

問題は、「なぞぺー」や小学校受験問題にも通じる問題です。
フルカラーなので、モノクロ嫌いなお子さん向け。
対象年齢としては、大体5歳(年中)~6歳(年長)でしょうか。
(問題によっては年少さんでも出来るかも)

個人的な印象としては、総括的なワークゆえ、「出来る問題はそれでOK」
「出来ない問題は、具体物で理解を深めてから、さらっとワークで確認」
といった使い方が良いのでは?と感じています。
もっとも、著者は「こどもクラブ」顧問の方なので、お教室に通われているお子さんは
似たようなプリントをバリバリ解いているのかもしれませんが…

ちなみに、虹色サークルでは、子どもに合わせてまったり使う教材…の予定です。

(注)この「右脳力・左脳力をひきだす子どものIQドリル」、
アマゾンではすでに完売していますが、似たようなドリルは腐る程あります。
(ダイソーさんでも手に入るそうですよ!)

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
07:22 | ワーク、問題集
comment(0)     trackback(0)

 使用予定教材についてのまとめ

ここ数日、「使用予定の教材」について触れてきました。
「考える力を育てる算数王」「トップクラス問題集」
「10歳までに覚えておきたい ちょっと難しい 1000のことば」と並べると、
我が子のレベルを勘違いされる方もいるかもしれませんが、
抹茶は、これら問題集を解いていけるレベルではありません。
10の合成分解すらあやふやなのですから、おしてしるべしですよね。

では、なぜこれら難解といわれる問題集を揃えたのか。

それは、親が幼児期の学びを考えた時、中学入試を意識した
ハイレベルの問題集の中にこそ、そのヒントがある…と感じたからです。

******************************************************
もっているお金で、ビスケットとキャンディをかうと17円あまり、
ビスケットとキャンディとガムをかうと12円足りません。
ビスケットはキャンディより8円安く、ガムより6円高いそうです。
持っているお金は何円ですか。


17+12=29(ガムの値段)
29+6=35(ビスケットの値段)
35+8=43(キャンディの値段)

35+43+17=95                  答え 95円
******************************************************

この文章題、計算自体は2桁+2桁の足し算と簡単に見えますが、
答えまでの道程は普通の文章題と比べ遥かに長い問題です。
そして、多くの子ども達は、「わけわかんない」という言葉に集約されるように、
その距離を歩き続けることを嫌います。

なぜ嫌うのでしょうか?
それは、なおみ先生も記事で触れられていたように、タイプが大きく影響するのでしょう。
感覚型の子は、はじめての問題にとっつきづらさを感じてしまうことがありますし、
感情型の子は算数的な小難しい雰囲気を感じ取ると、途端に考えなくなってしまうようです。
私は、こうした子ども達の「わけわかんない」という言葉の裏には、
「先の見えない道を進むのが嫌」「長い道を歩くのが面倒」という、
潜在的な意識が潜んでいるのではないか…と感じています。

しかし、例え長い道程でも、先が見えない状態でも、何かを手がかりにして
前へ進むことは大事です。
上記問題の場合ですと、「持っているお金」は、まずガムの値段を手がかりにして
答えに辿り着けるよう工夫されています。
「トップクラス問題集」にしろ、「なぞぺ~」にしろ、「考える力を育てる算数王」にしろ、
こうした「すぐに答えが出ない」問題を数多く取り上げていますね。
中学受験を意識した教材はどれもそうです。
そして、これら教材同様、中学入試問題もまた、答えまでの道程が長いのです。
難関と呼ばれる学校の問題ほど、その道は長くなります。
それは結局、中学側が欲している子どものイメージなのでしょう。
「どれだけ考えられますか」という中学側からのメッセージです。

親しくさせて頂いているブログ「トトロのとなりのやんちゃくれ達」では、
てんてんさんがこのように書かれていました。

(中略)なぜ今二人に考える算数の問題集を与えようとするのかというと
算数の成績は悪くとも、時間がかかってもこういった考えて解ける問題ができると
解けた時に達成感を味わえて、生きていくうちのいろんな場面でその達成感ほしさに
投げやりにならずに答えを求めようとするんじゃないかな~と思うので、
タピ、コピなりに考える力はつけてほしいなと思います。


大げさかもしれませんが、てんてんさんの言葉は「生きる力」そのものですよね。
この「生きる力」…漠然とした言葉ですが、結局のところ「困難に立ち向かう力」です。
各教科は、その困難に立ち向かうために、「物事をどれだけ深く丁寧に見られますか」と
問うています。「丁寧に」というのは「多角的に」と言い換えられますね。
深い洞察力、熟考力、広い視野、全て考える力=「生きる力」。
この「生きる力」を見るために手っ取り早いのが、算数の難問なのだと思います。




長々と書いてきてしまいました。
「中学入試」の話をすると、今からもう準備しているのかと言われそうですが、
そんなことはありません。抹茶が中学受験するか否かは未定です。
処理スピードがなければ、中学入試問題を時間内に解く事は難しいので、
瞬発力や俊敏性のない抹茶には向いていないような気がするからです。
とはいえ、こうした問題に臆する事無く取り組める子であってほしい…
その願いは全ての親に共通する願いなのではないでしょうか。

そして、その願いを実現させるためには、子どもにまかせっぱなしではなく、
私も少しずつ「基本形」を考え、学んでいかなくてはならないのでしょう。
…いやはや、本当に子育てとは奥が深く、面白い仕事だな~と感じずにはいられませんね。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

14:54 | ワーク、問題集
comment(0)     trackback(0)

 「10歳までに覚えておきたい ちょっと難しい 1000のことば」

引き続き、使用予定の教材内容について、ざっと書いていきますね。 
(とりあえず、これで終わりです…)

「10歳までに覚えておきたい ちょっと難しい 1000のことば」アマゾンの紹介文より

**********************************************************************

小学校中学年の児童の多くが「少し難しい」と感じる語句、
「使いにくい」と感じる語句を1000選んでいます。
漢字にはルビが付いています。
選択問題でまずウォームアップを行い、「短文作り」で知識の定着を図ります。

**********************************************************************

「ちょっと難しい 1000のことば レベル2 挑戦編」もあります。
ちなみに、どちらも「難語2000」の姉妹本です。
こういったテーマの問題集は今までになかったせいか、画期的なもの…
というふれこみです。

問題の一例は…

一 物忘れは「ろうか(老化)」現象です。
二 返事を「あらかじめ」考えておく。
三 「じっさい(実際)」、あきれた話だ。
四 夏休みの宿題を「ていしゅつ(提出)」する。
五 「くちがかるい(口が軽い)」

意味はどれかな?(線でつなげます)

A 言うべきでないこともすぐにしゃべる。
B さし出すこと。
C 前もって。
D 本当に。
E 年をとって、体のはたらきが弱まること。

文章を作ってみよう

ケチをつけるわけではないのですが、
「すでに知識として持っている子にとっては不必要なもので、逆に
知識として持っていない子にとっては、例文が短すぎてイメージしづらい構成」
だと感じます。

「こんな言葉、この問題集ではじめて知った」という子の場合、自分で作る文章は
「実際、困った話だ」、「冬休みの宿題を提出する」、「お母さんは口が軽い」
と書いて満足しかねませんよね。(親が見ていればそんなことはないのでしょうが)
結構危険な香りがするなぁ…と感じるのは私だけでしょうか。(笑)

この危険な香りのする「10歳までに覚えておきたい ちょっと難しい 1000のことば」。
なぜ、早々に我が家が購入したのかというと、私自身が「子どもにとっての難しい言葉」
を知りたかったから、という単純な理由からです。

当たり前ですが、大人の私にとって「子どもの目線」はわかりません。
例えば、本著で取り上げられている、「あらかじめ」「実際」「提出」などは、
親側からすれば、『え?これを難しいと感じるの?』と感じてしまう言葉です。
もちろん、読書好きな子には簡単で、1年生からでも理解可能だと思いますが、
普通の子には難しいのか!…と。
このように、親である私との距離感、温度差が、とても面白いのです。

そのため、私にとって、この問題集は「親の参考書」という扱いになっています。
この問題集から私がヒントを得、日々の会話の中で「あらかじめ」「実際」「提出」と
口にする事が、一番簡単で近道なのではないかと感じています。
(もっとも、こんな問題集に頼っている時点で、教育水準の低さを物語っている
ようにも思えますが、そこは気にしないということで)

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
11:50 | ワーク、問題集
comment(0)     trackback(0)
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。