スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 イチゴで簡単算数遊び、1~5

3歳1ヶ月。
抹茶の大好物、イチゴで簡単算数遊びです。
こういう事は、虹色教室通信を知る前からも、よくやっていました。
「イチゴを何個食べたいかな?」
「5個!」
「ハイ、どうぞ!」
「これ、5個じゃないよ!3個だよ!」
「あれ?そうだった?間違えちゃった。あと何個足りないのかなぁ?」
「え~とね、2個!」
大好物のイチゴが足りないのですから、真剣です。
5-3=2
を、なんとなく理解していたのでしょうか。

しかし、「一個一個指差しながら数える場合10までの数も大丈夫だが、
本当に10を理解しているわけではない」
ということが、この事からもわかりますね。
本当に10を理解しているのなら、「10個!」と答えるはずですから…

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
10:10 | 算数
comment(0)     trackback(0)

 「ドッツカード」で算数遊び、1~10

CIMG2305.jpg

3歳1ヶ月。
炬燵の上に、1~10のドッツカードを置きます。
抹茶と私で炬燵の周りをぐるぐる走り、「3!」と言えば3を
「9!」と言えば9を取るカルタです。
お手製ドッツカードでも、公文のかずカードでも取り組みました。
公文のかずカードなら、ドッツ画面で遊んでも良し、数字画面で遊んでも良し。
取ったカードはひっくり返してそこに置いているため、結果的に数字と数、
両方見ることになります。

この「ぐるぐるカルタ」、抹茶は何度でもやりたがりましたが、腰痛持ちの私には無理で、
「今日はこれで堪忍して~」と、すぐに降参していました。
単純ですが、子供が楽しめる遊びなのでしょうね。
今でもたまに、「ぐるぐるカルタやろ~」と言ってきます。

3歳1ヶ月の抹茶は、
「具体的な数(ドッツ)さえ見えれば、1~10までの数を理解できるが、
10を内面化するには至らない」
といったところでしょうか。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
09:20 | 算数
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。