スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ありがとうございました

「ちょこっと幼児教育♪おこちゃま実験室ブログ」で、昨日の記事
「私の中の「虹色教室通信」」を取り上げて頂きました。
実は、「私の中の「虹色教室通信」」は、削除しようと思っていた記事で、
その分、とても嬉しく、感激しました。
なびさん、本当にありがとうございます。

なびさんとたくまる君は、実際に虹色教室に通われていらっしゃるので
私の記事とは違い、説得力があります。
ぜひ、「ちょこっと幼児教育♪おこちゃま実験室ブログ」へ行かれてみてくださいね。
http://ameblo.jp/nabi21/

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
12:52 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 イチゴで簡単算数遊び、1~10

3歳2ヶ月。
「10個のイチゴがあります。ママと抹茶で仲良く食べます。同じ数ずつだよ。」
と言い、分けてもらいました。
どうするかな、と見ていたら、ざっと分けて「できた」。
一応、5個と5個に分けられたので、理解していたようですが…

最初から一つずつ丁寧に数えて分けるお子さんもいるでしょうね。
この頃から、抹茶はパッと見た目で認識する方が好きだったようです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
07:04 | 算数
comment(0)     trackback(0)

 「ドッツカード」で算数遊び、1~10



3歳2ヶ月。
抹茶に1~10のドッツカードの内、一枚を渡し、隠して来てもらいます。
抹茶がカードを隠している間、私は100まで数唱します。

「も~う、いい~か~い」と聞き、抹茶が
「も~う、いいよ~」と言ったら、捜索開始。
抹茶に「ヒントを3個言ってください!」と頼みます。
抹茶は「ヒント。パパの部屋です。ベッドの近くです。難しいよ!」
などと答えていました。
「難しい」はヒントじゃないよ~。

「ここかな?あそこかな?」と、オーバーアクション気味に楽しのがコツでしょうか。
見つけたら、二人でドッツの数を確かめて終わりです。
これを何度か繰り替えします。
抹茶はとても楽しいらしく、ノリノリでした。
通常バージョンに飽きたら、部屋を真っ暗にして
懐中電灯の明かりを頼りに探してみるのも、一興ですね。

ちなみに、こちらも「虹色教室通信」で紹介されていたドッツ遊びですが、
これは本当に楽しい!子供なら、みんな喜ぶのでは…と思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
07:02 | 算数
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。