スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 「子どもの個性と学習タイプ 見極め講座」によると***その3

虹色教室通信のなおみ先生から、再びコメントを頂きました。
昨日に引き続き、もう少しだけ記事にしてみようと思います。
(長くてすみません…)

抹茶ちゃん内向的直感型か内向的思考型の子なんですね。
秋山さとこさんによると、女の子が内向的思考型というのは、とてもめずらしいようです。
そうだった場合、感情が劣等にくるので、アスペルガー症候群などと
間違われるような精神的な問題を感じさせる部分も見えるようです。
が、たいていは、女の子の内向的思考型の子は、内向的直感型の子が、
思考よりであることがほとんどなようです。
抹茶ちゃんの物を分けるときの行動は、適当な量を配って、そこからくる
ひらめきをたよりに適切な答えを導くという直感型の子に多い考え方だなとも思いました。
内向的思考の子は疑り深く理屈っぽく傷つきやすく切れやすく、
少し暗い印象を受ける子が多いです。
このタイプ難しく、私も娘に関しては間違ってとらえているように思っています。
感覚が劣等でないので、見たところ内向直感の感情よりの子に見えますし、
私と同じように直感をよく働かせますが、おそらくちがうんでしょう、でもよくわかりません。
確かに抹茶母さんは内向直感型の方でしょうね。思考の部分もかなり得意だと思いますよ♪

なるほど、たしかに、「女性は人の顔色を見るのが得意。そのために感情をコントロール
する機能に長けるが、論理的な思考は男性に比べ劣る」ということは良く聞きます。
良い意味でも悪い意味でも、思考機能を感情機能がセーブしている…
それが女性なのかもしれませんね。

抹茶には、アスペルガーの特徴はないので、今は、なおみ先生のご指摘、
「内向的直観型の思考より」なんだろうな、と感じています。
私は、抹茶が持つ「直観」の部分は、自分に近いため見過ごしていたのかもしれません。
なにせ自分の主機能なので、あまり新鮮に映らないといいますか…(苦笑)
それよりも、抹茶の「思考より」の部分を「主人そっくり」の新鮮なものとして
見ていたのでしょうね。
数学的、物理的な論理性を大事にするところなどは、私にはあまりない部分ですから…
なおみ先生は「思考の部分もかなり得意だと思いますよ♪」とおっしゃって下さいますが、
その思考は、主人と比べると、論理性合理性に欠け、主観的なものに陥りやすいのです。
なおみ先生の娘さん同様、感情をコントロールすること…
気持ちのぶれに惑わされずに、その場に応じた立ち居振る舞いをする…
そういったことは比較的容易なのですが…

ちなみに、主人は「疑り深く理屈っぽく傷つきやすく切れやすく、少し暗い印象を受ける子」
そのものですので、笑ってしまいました。
(正確に言うと、主人の場合は「キレる」というより、「軽いパニックになる」ですが…)
主人は、自分の性格を良く理解しているので、外向的な面を意識することで世間との関わりを
模索しているように思います。
とはいえ、生来の鬱気質は健在で、こういった性格の人は生きにくいだろうな~とも思います。
反対に、私は「どこへいってもなんとかやっていけるタイプ」です。
こんな私達の話で総論を語ることはできませんが、もしかしたら、夫婦というのは、
無意識のうちに自分にないものを求めているものなのかもしれませんね。

それにしても、普段から多くのお子さんを見ていらっしゃる方でなければ見えないものが
あるんだなぁ、と強く感じました。
「ユングの『タイプ論』を幼児教育に生かすには?」という記事でも、

「直感」が主機能の子は、モンテッソーリの教具に興味を持たない子が多いです。
また、100玉ソロバンのような感覚に訴えるものも、拒絶します。


とありましたが、まさにその通りなのです。
抹茶はモンテッソーリ風の教具を、「お仕事として」楽しむことはあまり好みません。
百玉そろばんもしかり。
また、

抹茶ちゃんの物を分けるときの行動は、適当な量を配って、
そこからくるひらめきをたよりに適切な答えを導くという直感型の子に
多い考え方だなとも思いました。


という先生のアドバイス。
こういったことは、やはり、豊富な経験がないと気付きづらい部分ですから、
なおみ先生のアドバイスはとても参考になりました。

なんにせよ、自分とは違う「子どもの個」を見つめる良い機会でした。
この機会を与えてくださったなおみ先生に、感謝致します。
ありがとうございました!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
19:28 | 娘について
comment(3)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。