スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 英語について***その2

私が英語育児について慎重だったことは、昨日記事にしました。
よかったら、読んでみてくださいね。

「英語について」

さて、一口に「英語育児」と言っても、その取り組み方は様々ですね。
ざっと分けると、こんな感じでしょうか。

*英会話教室
*英語CD、DVDのかけ流し
*英語での語りかけ
*英語絵本
*英語の知育玩具

大体、この5点を組み合わせて日々の取り組みをされている方が
多いように思います。
我が家でもその例に漏れず、「英語CDのかけ流し」と「英語絵本」が主です。
そして、この「英語CD」ひとつとっても、種類は様々なのですが、
私が最初に与えたのは、王道ともいえる「マザーグース」。

この「マザーグース」にしても、抹茶の言葉の遅れが
ほぼ見られなくなった3歳半頃に与えました。
英語育児をされている方から見れば、相当遅いスタートだと思います。
しかも、この「マザーグース」は、抹茶が自分から聞くということがなかったので、
「かけ流し」の回数もごくわずかでした。
私は「抹茶が特別好まないものをわざわざ聞かせる必要なし」という考えなのです。

英語の早期教育業界では、

「BGMのように毎日●分~○時間(業者に寄る)かけ流す」
「そうすることで、自然に英語をインプットできる」

というような指導があります。
その考えで言うならば、親が「マザーグース」をかけ続けなければいけませんが、
前回の記事でも触れたように、そもそも私は「親がCDやDVDをかけ流す」ことに
疑問があります。

「何をするのかしないのかは、私ではなく娘自身が自分で選ぶこと」。
これは、娘を育ててきた中、一貫して持っている私の考えです。
とするなら、英語だけ特別ということはありません。
CD、DVDひとつかけ流すにも、娘に選択権があるはずなのです。

そこで、私は「娘が聞きたいと思ったときに、気軽に聞ける環境」を作ることにしました。
大した環境ではなく、子どもでも操作が簡単な「壁掛け式CDプレーヤー」
をリビングに取り付けただけですが、これはなかなか良かったと思います。

今現在、抹茶はこうして一日に1~2回、自分からフォニックスのCDを聞いています。
もちろん、上記方法なので、聞かない日もありますが、それは抹茶が選んだ選択なので
尊重しています。
聞かない日があってもいい、ずっと聞かなくてもいい、というスタンスです。
まさに「適当英語」…。

しかし、「どんなCDを聞くのか、いつ聞くのか、何回聞くのか」、
それは幼児にとって「どんなおもちゃで遊ぶのか、いつ遊ぶのか、どのくらい遊ぶのか」
と変わらないと思うのです。
「折り紙は毎日遊ばせなくちゃ」と強制的に与えないのと同様、英語のかけ流しも
そうであるべきだと、個人的には感じます。

こんな考えでは、何の身にもならない可能性の方が大きいでしょう。
「英語って嫌いじゃない」という最低限の目標すら叶わないかもしれませんが、
それでも良い、と腹をくくっています。
「幼児期は、自分のしたい事を自分で選択すること」。
私は「他にやりたいことが出来た時、娘自身が英語CDを消す」というくらいで、
ちょうど良いと思っているのです。

我が家の英語育児。
前回の記事では「色々悩んだ末に出した結論」と書いたので、肩すかしだった方も
いるかもしれません。
結局、私が悩んだこととは、「教室」や「教材」ではなく、「どう与えるのか」
ということだけなのです。
そして、自分の子育ての原点に立ち返ったとき、
「娘に選択させよう。親はその環境を用意するだけだ」とあらためて感じました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
05:55 | 英語
comment(4)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。