スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 身の回りの世話ができるということ

身の回りの世話を一人でできるということが、自立への第一歩だと思っています。

そのため、2歳の誕生日を迎える頃までは、徹頭徹尾「着脱がしやすいこと」を
重視していました。
女の子だと、レギンス(orタイツ)+スカートで組み合わせているお子さんも
多いのですが、この組み合わせを1歳の子が一人で脱ぎ着するのは至難の業です。
そのため、私は抹茶に「夏は半袖Tシャツ+半スボン、冬は長袖トレーナー+長ズボン」
という、およそ女の子らしくない格好をさせていました。
また、洋服の前後を理解しやすくさせるため、前にイラストやアップリケのついて
いるもの、後ろにポケットが付いているズボンを意識して用意しました。
こうすることで着脱が楽になるのか、1歳の抹茶でも一人で着替えていたことを
思い出します。
       
2歳の誕生日を迎える前には、ボタンかけも一人でできそうな気がしたので、
大きなボタンが4個付いている冬用のコートを買いました。
もちろん最初は時間もかかりましたが、それでも待つ。
そうすることで、ボタンに慣れさせ、少しずつ、小さなボタンが付いているブラウス
などを用意していきました。

また、3歳の誕生日を迎えた頃、一人で髪を洗わせるために長かった髪を
ばっさり切りました。
「七五三が終わったから」というのも切った理由の一つですが、保育園では
年少さんに上がると担任の先生が二人減り、子どもの数も増えるのです。
その状況で、午睡後に髪を直してもらうこと…先生のお手間を増やすことは
良くない、と思い抹茶を説得しました。
今、抹茶は「もう一度髪を伸ばしたいな」と言っているので、長い髪を自分で
「上手に」にまとめられるようになったらね、と言ってあります。
(今でも自分で結べますが、へなちょこなので)

ちなみに、3歳半を過ぎた頃、「リボン結び」に果敢に挑戦している抹茶の姿を見て、
こんなもの↓も用意しましたよ。

CIMG2347.jpg CIMG2348.jpg

モンテッソーリ関連の書籍にも、家庭で作れる、似たような教具?がありましたね。
その簡易版になるのでしょうか。
『あ、今がリボン結びをマスターする時だな』と感じた瞬間、家にある物でささっと
作っただけなので見栄えは悪いのですが、コシのある紐を使っていること、
靴箱の中に豆を大量に入れ、動かないように重くしたことが、私なりの工夫です。

今思い返してみても、この頃の抹茶には、「リボン結び」が丁度手指の発達に
合っていたのだ…と感じています。
モンテッソーリを知っている方は既にご存知だと思いますが、「見ててね」とだけいい、
動作だけをゆっくり見せると、何度も何度も真剣に挑戦していました。
そして、10分ほど集中して取り組んだのち、見事「リボン結び」ができるようになると、
本当に満足した、良い表情を見せてくれたのです。
ちなみに、3歳の夏は寝間着に甚平を着せて、思う存分「リボン結び」を堪能できるように
環境を整えました。




こうした「日常生活練習」。
モンテッソーリ教育を実践している園では、当然その教具も揃っています。
家庭でモンテを取入れていらっしゃる方は、教具を手作りされた方もいるでしょう。
しかしながら、私は面倒くさがりなので、適当~に済ませてきました。
「洋服の前見頃に刺繍を入れるのは面倒だから、最初から理解しやすいデザインを着せる」、
「ボタンつけの教具を作るのは面倒だから、ボタンのコートを買う」。
手抜きでお恥ずかしいのですが、抹茶の発達に合わせて衣類を選んできたつもりです。
私は「身の回りの世話ができる」とは、「5~6歳になっても着脱が楽なトレーナーしか着ない」
ということではなく、「その年齢、発達に合った世話ができる」ということだと思っています。
そのためには、あえて、後ろファスナーの服を着せてもいいし、紐靴を履かせてもいい。

「少し頑張れば新しいことができる」。
その姿勢というのは、何も勉強ではなく、身の回りの世話から学んでいけるのではないかと
思っています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
14:05 | 教育方針
comment(4)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。