スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 テオ・ヤンセン展

日比谷パティオ特設会場で開催されている「テオ・ヤンセン展」を見てきました。
この展示会は主人たっての希望だったので、抹茶を連れて行くかどうかは
迷ったのですが、「立体展示だから大丈夫では?」とのことで、連れて行きました。

CIMG0351.jpg

オランダ人アーティストのテオ・ヤンセンは、大学で物理学を学んだ後に画家となり、
1990年からビーチアニマルの制作に取りかかります。
プラスティックチューブから作り出されたビーチアニマルは、風力を動力源として
自ら歩き出す不思議な「生物」です。

その「生物」の中でも、こちらがメイン展示となる「アニマリス・モデュラリウス」。
強風を感知すると自分で翼を広げ、風力を背中のペットボトルに溜め込みます。
そして、その風を動力源とし動きます。
デモンストレーションでは、特別に人間が風を送り込み、動く姿を見せてくれました。

CIMG0356.jpg CIMG0352.jpg

こちらは、見学者が直接触れ、動かすことのできる「アニマリス・オルデュス」。
奥にいるのは抹茶と主人です。

CIMG0353.jpg

アジア初となるこの展示会では、上記写真「アニマリス・モデュラリウス」、
「アニマリス・オルデュス」の他、大型作品11体の展示に加え、
作品のパーツやスケッチ、工具なども紹介。
テオの世界観を体験できる構成です。

CIMG0354.jpg

大型昆虫の様でもあり、恐竜の様でもある「ビーチアニマル」。
無機質でありながら有機的な匂いのする、この「生物」はとても不思議な存在です。
見つめていると、命を持たないこの「生物」を、愛おしく思えてくるのです。

残念ながら、この展示会は明日で終了なのですが、サイトの動画だけでも
眺めてみてくださいね。
「新しい命の形」が見えます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
20:29 | お出かけ
comment(0)     trackback(0)

 娘のお気に入り絵本ー2歳

以前、「お気に入り絵本を紹介して下さい」というコメントを頂いたので、
娘が特にお気に入りだった絵本を、自宅にある絵本の中から年齢別に10冊ずつ
書いていこうと思います。
(シリーズ物は、シリーズ含めて1冊としています)

2歳

*うしろにいるのだあれ シリーズ(作・絵:ふくだとしお+あき●幻冬社)
*しろくまちゃんのほっとけーき/しろくまちゃん ぱんかいに
(作・絵:わかやまけん●こぐま社)
*どうぶついろいろかくれんぼ/のりものいろいろかくれんぼ
(作・絵:いしかわこうじ●ポプラ社)
*うずらちゃんのかくれんぼ(作・絵:きもとももこ●福音館)
*きんぎょがにげた(作・絵:五味太郎●文化出版局)
*ぷくちゃんのすてきなぱんつ(作・絵:ひろかわさえこ●アリス館)
*こんにちは あかぎつね!(作・絵:エリック・カール●偕成社)
*ごちゃまぜカメレオン(作・絵:エリック・カール●偕成社)
*くもさんおへんじどうしたの(作・絵:エリック・カール●偕成社)
*14ひき シリーズ(作・絵:いわむらかずお●童心社)

子どもも参加できるような楽しい絵本を揃えました。

この頃は、「うしろにいるのだあれ」や「どうぶついろいろかくれんぼ/
のりものいろいろかくれんぼ」に代表される「推理系」が好きでした。
また、「うずらちゃんのかくれんぼ」、「きんぎょがにげた」、「14ひき シリーズ」
のように「捜索系」もお気に入り。
トイレトレーニング中だったこともあり、上記「ぷくちゃんのすてきなぱんつ」の他、
「みんなうんち」も気に入っていましたね。

1歳の頃に好きだったエリック・カールの絵本も相変わらずお気に入りで、
少し文字数の多い「こんにちは あかぎつね!」「ごちゃまぜカメレオン」も
ランクインするように。
ちなみに、「くもさんおへんじどうしたの」は、世にも珍しい触覚に訴える絵本です。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
06:19 | 絵本
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。