スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 歌二百、読み聞かせ1万、賢い子

公文では、「歌二百、読み聞かせ1万、賢い子」という標語が存在するそうです。スゴイっすね。
入学までに「読み聞かせ1万」を本気で頑張るつもりなら、一日5冊は読まなければならない
計算になりますが、みなさんどうですか?やっていますか?

…私はやっていません。オゥ ノゥ~

我が家には絵本がそこそこ揃っている方だと思いますが、毎日5冊も読み聞かせを
してきたかというと、それはまた別の話なのですよ…。
保育園へ通う抹茶にはあまり時間もないので、「絵本の読み聞かせは、就寝前の3冊」
と決めていました。抹茶が2冊選び、私が1冊選ぶ、というスタイルです。
4歳になると読む絵本の文字数がそれなりに増えてきたので、就寝前に2冊、起床後1冊に
変わりましたが、やはり、抹茶と私がそれぞれ絵本を選ぶスタイルは同じです。
(起床後の1冊は抹茶が選びます)

このようなスタイルにしていると、当然ですが抹茶は同じ絵本を何度も持ってくるので、
読んだ冊数としては、少ない方だと思います。
もちろん、「読み聞かせ1万」は、回数であって冊数ではないのですが、
回数としても「一日3冊」では、1万回に届きません。
早くも抹茶は賢い子脱落です。

そのせいでしょうかね…抹茶には年齢相応の読解力しかありません。
中には、2歳で「こんとあき」、3歳で「わすれられないおくりもの」を理解できるお子さんも
いるそうですが、抹茶はそういったお子さんとは一線を画し(笑)、のんびりまったり
絵本に付き合ってきた感があります。

ちなみに、私にとっても、読み聞かせタイムはのんびりまったりする時間。
「一日3冊」がちょうど気持ちよく読める数で、それ以上になると「義務感」に縛られるような
気がするので、我が家には「一日3冊」程度がせいぜい…と開き直っております。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
08:28 | 絵本
comment(4)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。