スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 レゴ

レゴ「青いバケツ」を購入したのは、クリスマスにフレーベル積み木(小)を買った一ヶ月後。
珍しく、主人たっての希望でした。
当初、私は「積み木を買ったばかりなんだから、レゴはいらない」と言い張っていましたが、
主人の「積み木とレゴは似ているようで違うんだよ。きっと抹茶は気に入ると思う」という
甘言に惑わされ?購入。

そうしたら、あろうことか親の私達が「青いバケツだけじゃ足りないね~。もっと買おう!」
となってしまい、クリエイターハウスや中古を次々に購入。
今では、レゴのために結構な場所を取るまでに…
幸い、抹茶もレゴが大好きですが、そのせいで積み木を触る回数が減ったのは、
仕方ないこととはいえ、残念ですね。(いや、私達が悪いのですが!)

CIMG2215.jpg CIMG2225.jpg


ちなみに、上の写真は「東京タワー」。
主人が作りました。
抹茶よりも高くして!という彼女の希望通り、1メートル30センチほどあります。
限られたレゴの数内で背の高い作品を作るのは難しいので、特殊パーツを使っています。

CIMG2404.jpg CIMG2403.jpg

こちらは、クリエイターハウスのミニチュア版。
東京タワーと同じく、抹茶のリクエストで作らされました。
正規マニュアルよりも、庭があるので可愛らしい感じではないかと思います。
いやはや、正直なところ、ミニチュアの方が頭を使いますね…

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
07:34 | 知育玩具、おもちゃ
comment(0)     trackback(0)

 フレーベルの積み木

CIMG2379.jpg CIMG2574.jpg

フレーベルの積み木は基尺が3,3センチと中途半端なので、お持ちの方は少ないかと思います。
実際に、幼児教育関連のブログを書かれている方は、クーゲルバーンやスカリーノと
組み合わせることができる4センチ基尺か、童具館のケルンモザイクと組み合わせる事が
出来る4,5センチ基尺を選ばれる方が多いようです。

そんな中、私がデュシマ社のフレーベル基本積み木を選んだ理由は、以下の4点。

***************************************************************************

1: 大きすぎず、小さすぎず、程よい大きさであること。
   (我が家は、積み木で遊ぶスペースを広く確保してあげられないため、
    フレーベルのサイズは丁度よかった)

2: 最初からある程度、形のバリエーションが揃っていること。
   (当初、抹茶がどれくらい積み木で遊ぶのか未知数だったため、
   1セットでも満足できる物がよかった)

3: 補充が容易で、またそのバリエーションも豊富であること。

4: クーゲルバーンやスカリーノを購入する予定がなかったため、4㎝基尺に拘りがないこと。

***************************************************************************

結局、3歳の誕生日に「基本積み木(小)」、4歳の誕生日に「レンガ積み木」を
購入したのですが、今考えると、抹茶にとって最大の積み木ブームは2歳半~3歳まででした。
今でも遊ぶ事は遊びますが、積み木だけでシンプルに遊ぶ事は少なく、大抵は
レゴや他の積み木と組み合わせて遊んでいます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
07:34 | 知育玩具、おもちゃ
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。