スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 小学校受験について

CIMG0046.jpg

友人がお子さんの小学校受験のため、一度購入した自宅を売却し、引っ越しました。
旦那さんの出身校である国立小を目指すのだそうです。
「購入する前は気付かなかったのだけれど、道一本挟んで向こう側は良い校区。
こちら側はあんまり…な校区なの。下の子は女の子だし、教育環境は大事だから」。
友人は、こう呟いていました。

小学校受験。
幼児教育のブログを書いていらっしゃる方は、受験準備をされている方も多いかと思いますが、
我が家は考えていませんでした。
しかし、彼女の話を聞き、あらためて小学校受験について、主人と話し合いました。

まず国立小。
主人は「学費もかからないし、いいのでは?」と言っていましたが、私はどう考えても抹茶に
国立小は向いていないと感じます。
はっきり言って、私が試験官でも抹茶はとりません。(笑)
学力云々の前に、国立小が求めるタイプの子…リーダーシップを発揮して、
みなをぐいぐい引っ張っていく、ハキハキとした利発な子ではないからです。
また、抹茶は「YES」を「YES」というまでに時間がかかるタイプなので、
この生来生まれ持ったゆっくりテンポをお受験のために早いテンポへ変える事は、
5~6歳の子どもにとって負荷が大きいと思っています。
通学時間がかかるのもネックですね。

では私立小はどうか。
バス通学、あるいは電車通学になりますが、通える範囲内の学校が何校かあります。
ミッション校、自由な校風の共学校、躾に厳しい女子校など…。
「躾けに厳しい女子校」は、裕福な家庭のお嬢さんがきちんと受験準備をしてのぞむ
難関校ですので、我が家では到底受からないでしょうが、中には全入に近い私立小もあるので、
選り好みしなければ入れてあげられないこともありません。
…とはいえ、「貧乏家庭の家計では、そんな贅沢はさせてあげられないねぇ」という結論に
落ち着きました。




結局そこかよ、というような早い結論で、記事にする必要性もないのですが(笑)、
とりあえずアップしておきます。(ネタがないから!)

私は近所のお友達と地元の公立小に通う良さもたくさんあると思っています。
様々な価値観が交差する環境で、自分の居場所を見つけて欲しいものです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
20:57 | 教育方針
comment(12)     trackback(0)

 西伊豆旅行

今年のGWは西伊豆へ出かけました。

宿の近くでお花摘みができるということで、早速参加。
アフリカキンセンカ、ポピー、矢車草など、色とりどりの花が咲いていました。

CIMG0420.jpg

お花畑の隣には期間限定?の足湯もあり、歩き疲れた足を癒せます。
源泉近くにあるせいか、循環・加温・加水無しで、気持ちよかったです。

CIMG0427.jpg

大沢温泉ホテル。
江戸時代から続く築三百年の歴史ある建物は庄屋屋敷で、
文化財にも指定されているとのことでした。
重厚ながらも懐かしさを感じる素敵な宿だと思います。

CIMG0441.jpg

ホテルから上流へ向かい10分ほど歩くと、いかにも秘湯!という風情の残る
大沢温泉山の家があります。
湯船はこじんまりとしていますが、森林浴をしているかのよう。
源泉掛け流し、という点もポイント高いですね。

CIMG0433.jpg

道端に咲いていたシロツメクサで花冠を作りました。腕輪と指輪もセットで。
抹茶は「お姫様みたい!」とご満悦でした。

CIMG0445.jpg

花の三聖苑。
写真は昔の公立小学校を移築した建物です。
ちなみに、ここは食事どころや立ち寄り湯もある道の駅でした。

CIMG0449.jpg

伊豆の長八美術館。
江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した左官職人、入江長八の作品約50点が
飾られています。
長八はなまこ壁や鏝絵(こてえ)といった漆喰細工を得意とし、その名をはせました。
現在でも品川の泉岳寺、千葉の成田山新勝寺にその作品が残っているそうです。

CIMG0429.jpg

あまり華やかさのない、地味~な旅行でしたが、私はこういった旅が好きです。
のんびり気ままに、自然に触れる旅。
そんな旅の中で、普段味わう事の出来ない何かを娘には感じて欲しいな、と思っています。




最後に。
「11日更新予定」と書いてしまった手前、今日中になんとか記事をアップせねば!と
急ぎ足の内容になってしまいました。
すみません。とほほ。

そして、10日ほどブログをお休みしていた間もクリックや拍手を頂け
とても嬉しかったです。
応援して頂き、ありがとうございました。
また明日からは、ぼちぼち記事を書いていく予定ですので、
よかったら覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
23:54 | お出かけ
comment(0)     trackback(0)

 知育玩具とおもちゃ***まとめ

手持ちのおもちゃの中から、幼児教育的なもの?を、ここ数日ざっとまとめてきました。
こうして振り返ると、女の子にしては図形領域のおもちゃが多いと感じますが、
みなさんお手持ちのおもちゃと比べていかがでしょう?
我が家の場合、くもん製品が目につくので、ちょっと嫌らし~い感じもしますね。(笑)

いや~、抹茶は「さんかくたんぐらむ」と「NEWたんぐらむ」に随分はまってくれたので、
気を良くしたアホな私は、次々買い込んだのですよ…。
ところが、「デコトップス」以降、「指示通りに取り組むおもちゃ」でなく、
「自由に遊べるおもちゃ」を好むようになったため、「すうじ盤100」や
「ずけいキューブつみき」は抹茶の好みに合わなくなっていったのです。

当時の私は、抹茶の好みの変化を敏感に感じ取れず、
大まかなくくりでしか見ていなかったのだと感じます。
「数字に興味が出てきたから」だの「図形領域のおもちゃが好きだから」だの、
親心を傘にきた身勝手な勘違いが、選択ミスを招いたのでしょう。
結局、上記2点の知育玩具はほとんど日の目を見る事無く、
いつか抹茶の中のタイミングが合う日を願って(希望的観測)、今も眠っております。

とはいえ、親が「すうじ盤100」や「ずけいキューブつみき」で遊んでいる姿を子どもに
見せるだけでも価値はありますから、その意味でいうなら、無駄ではなかったかもしれません。
また、「すうじ盤100」、「ずけいキューブつみき」共に、既存の取り組み方に捕われず、
新たな遊び方を考えれば有効利用できそうですから、その点は親の工夫次第で
色々と楽しめそうです。
このあたりの取り組みは、今後、算数遊びの記事で取り上げたいな、と考えています。




さて、これでようやくおもちゃ関連の記事も一段落つきました。
ここまでお付き合い頂いた方、どうもありがとうございます。
連休前におもちゃ記事をやっつけられて良かった。(笑)

私も明日からブログをお休みします。
再開は5月11の予定ですので、それまではコメントのお返事をできませんが、
ご了承くださいませ。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
07:31 | 知育玩具、おもちゃ
comment(0)     trackback(0)

 親のレゴ作品

随分前に主人が作った「迷路&遊園地」。

CIMG2204.jpg CIMG2205.jpg

ビー玉を転がして迷路のように遊ぶ事もできる遊園地です。
遊べる仕掛けも随所にあります。

手前の黒いトイレ?には、怖いおじさんが潜んでいて、一度ビー玉が入ったが最後、
抜けられません。監禁されてしまうそうです。恐ろしい!
左上のモスク?も、一度ビー玉が入ったらなかなか抜けられないのですが、
こちらは「宗教は一度はまると、なかなか抜けられない」という理由からだそうです。(笑)
また、写真では解りづらいのですが、風車の羽にビー玉を引っ掛けて、
左にある赤い的に命中させられます。

下の発射台を使うと、奥にあるお城の中へビー玉を入れることもできるので、
抹茶は喜んでいました。

CIMG2202.jpg CIMG2201.jpg

裏の構造はこんな感じ。輪ゴムが使われています。

CIMG2203.jpg

こちらは私作の「公園」。

CIMG2383.jpg CIMG2387.jpg

CIMG2386.jpg CIMG2385.jpg

遊具は、ブランコ、シーソー、滑り台、鉄棒、砂場、トンネル、です。
主人作の「迷路&遊園地」に比べると地味ですが、ブランコもシーソーも滑り台も
本物に近い作りなのですよ~。
ちゃんと動かすために、おばちゃん意外と苦心しております。
こんなしょぼい公園作るだけで、半日まるまるかかっているのです。
ホント、レゴは大人でも時を忘れますねぇ。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
07:29 | 知育玩具、おもちゃ
comment(0)     trackback(0)

 娘のレゴ作品

抹茶が3歳の時に作ったレゴ作品の写真はほとんど残っていないのですが、
2枚だけありました。

チンケな車(笑)と、あと何だと思いますか?

CIMG2222.jpg CIMG2220.jpg

抹茶曰く「カーテン」だそうです。プププ。
抹茶は、青いバケツにある参考写真などは一切参考にせず、
完全オリジナルなので完成度は低いのですが、楽しんでいたので良しとしましょう。

最近のレゴ作品はこんな感じです。

まずは、馬小屋。

CIMG0376.jpg CIMG0374.jpg

水飲み場と草があり、寝る場所には屋根も付いています。
写真では見えませんが、お布団も敷いてあるそうですよ。
厩務員?がお掃除している姿をどこで知ったのか謎ですが、
なかなか可愛いです。(親バカ)

こちらは、「リボンを付けたお人形」。

CIMG0378.jpg CIMG0379.jpg

頭の横から飛び出している黒い部品は髪の毛で、ポニーテールなんだとか。
解説がなけりゃわかりませんね。(笑)
この人形、少々不気味ですが、本人はいたって満足げ。
腕や首に特殊パーツを使い、動かせるようにしたことが、本人の中では
「ナイスアイデア」なんだそうです。「足のカーブもいいでしょ」とのこと。
こんな人形でも、下半身に一日、上半身に一日、頭部に一日…と、
3日に渡って真剣に作っていました。

そしてこちらは、私と一緒に作った「バースデーケーキ」と「クリスマスケーキ」。
お皿に載せて写真を撮ると、それっぽく見えませんか?なんちゃって。

CIMG0303.jpg CIMG0305.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
07:23 | 知育玩具、おもちゃ
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。