スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 発達検査を受けて***その2

CIMG1936 のコピー

「抹茶は、言語性IQと動作性IQに有意差があるような気がする」

WPPSIの検査結果が出るのは8月中旬。
安易な憶測は無意味であることを承知の上で、私は主人に話しました。

「有意差があるとどうなの?」
「わからない。ただ、その言葉通り、『意味がある差」だから、
色々と解釈を必要とするみたい」
「それは、いわゆる発達障害を疑うということ?」
「それもあると思う。とりあえず色々な可能性を探るという意味でだろうけど」
「検査を見た印象では、有意差があると感じたんだね」
「うん。私の印象だけではなくて、心理士さんもそんな感じだったから、
多分間違いないと思う」
「ああ、なるほど」
「ただ、私は心理士さんがいう「ちょっと…」を「かなり」と捉えたけれど、
言葉通り「ちょっと」と捉えるなら、有意差はないのかもしれない」
「全ては、8月の検査結果待ちか」
「そうだね。でも、仮に有意差が認められなくても、抹茶の個性や得意不得意
はなんとなく理解できたと思う。その意味では価値ある検査だったよ」

この会話後も、主人としばらく話し合いました。
そして、「抹茶が話す、イメージ先行の話をわかりやすく要約してあげること」、
「私達の言葉に対して抹茶も言葉で答える機会を意識的に作ること」、
「そのための導入として、なぞなぞやクイズが良いのではないか」という
結論に至りました。

とはいえ、抹茶にとってはなぞなぞすらストレスになるかもしれないので、
入浴中や就寝前の空き時間など、リラックスしている時間に簡単な問題を
数問選んで遊ぶ…なぞなぞを出す際には「それでは問題です」などと一声掛け、
注意を惹き付ける…などなど、そのハードルの低さは折り紙付きです。
しかし、結果的にこうした入り口の入りやすさが幸いしてか、抹茶はなぞなぞやクイズを
気に入り、「もっと~」と言うようになったので、当面の間は続けようと考えています。

また、言語面をフォローすることとは別に、
「頭の中のイメージを、言葉でなく形にする方法はたくさんあるよ」
と伝えてあげることが肝要だろうな…とも感じています。
今の抹茶の好きなことから鑑みるに、それはおそらく絵(イラスト)ですが、
絵で表現するにはテクニックも不可欠なので、「絵を描く上で必要な物の見方」を
一度経験させてみるのも良いかもしれません。

なんにせよ、認知面において偏りがある子どもですから、
自己肯定感を失わないように、苦手な面と得意な面、それぞれフォローしてあげたいと
考えています。




長々と発達検査の記事を書いてきましたが、抹茶の発達を「個性」とするか
「障害」とするか…それはまだわかりません。
考えてみれば、「個性」と「障害」は切り離せるようなものではなく、一本の線上にあるもので、
診断の有無がそれほどの意味を持つのかといえば、そうでもないような気がします。

発達障害に詳しい、上野和彦氏(日本LD学会会長、東京学芸大学教授)は
こう述べています。

「障害は理解と支援を必要とする個性」

あたたかで寛容なまなざしですね。
この考えが、穿った見方でなく、真の意味で根付くのであれば、社会は変わっていくだろう…
と感じます。
そして、理解と支援が得られた時に光る個性…花開く何かがあるのなら、その莟を見守り、
水をやり、時には肥料を与えること、より丁寧に育てる事は、発達障害児を持つ親にとって
忘れてはならない姿勢なのかもしれません。

…もっとも、日々一緒に過ごしている親からすると、「今日の水やり、めんどくさ!」
となる日もあるわけですが、そこはご愛嬌。(笑)


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
15:14 | 発達検査
comment(6)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。