スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 イメージで算数遊び、1~13

近頃は、「就寝前の一時、なぞなぞやクイズをする」のが、抹茶のブームです。
そこで私は、簡単な算数の文章題をクイズとして出題してみることにしました。

「抹茶は飴玉を13個(「13」は抹茶の番号なので、馴染みのある数です)持っています。
ママに3個くれました。抹茶が持っている残りの飴玉は、何個ですか?」
「10個」
「え、なんでわかったの?指を使ってないよね」

すると抹茶はこう言いました。

「そういう思いが…思いがある」

ブッ。オマエは高倉健か!と突っ込みたくなりましたよ、ワタシは。

「思いって、どんな思いなのかな?」
「う~ん…ここに(おでこを差しながら)○とか△とか♡とかの飴があって、
それが2列に並んでる。で、その下にピッピッピって、3個あるんだけど、
それがなくなるの。だから10個」
「1列に並んでいる数は何個?」
「5個」

調子に乗った私は続けて少し難しい問題を出しました。

「抹茶は飴玉を13個持っています。ママに5個くれました。
抹茶が持っている残りの飴玉は、何個ですか?」
「8個」
「え!本当にすごいね。どうしてわかるの?」
「え…だって…3個あげても足りないから、下の列から2個取ったの」
「頭の中で、そうやってるの?」
「うん」

どうやら、抹茶の頭の中では、以下のような映像が見えているようです。

○△♡○♡
△♡○△♡
△♡○



○△♡○♡
△♡○▲♥    
▲♥●

抹茶はまだ「繰り下がりの引き算」という言葉を知りません。
「13-5」という数式で出題されても、全く理解できません。
それどころか、一桁の計算すらプリントで解いた事は一度も無いのです。

そんな中、私は抹茶の一言を聞いて、本当にこども脳の不思議さを感じました。
そして、今まで取り組んできたゆる~い算数遊びが実を結んできたような…
そんな気がしました。
先取りされている方からすれば、非常にレベルの低い話でお恥ずかしいのですが、
私は「数がイメージできること」を目指してきた感があるので、抹茶のこの一言は
とても嬉しいものだったのです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
07:30 | 算数
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。