スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ヨコミネ式教育

エチカの鏡で取り上げられたせいか、幼児教育ブログでも「ヨコミネ式教育」
についての記事を目にすることが多くなりました。
私はリアルタイムで番組を観ていなかったのですが、それほど話題になるのなら…と
先日YouTubeでアップされていた動画を観ました。

エチカの鏡では「子どもを伸ばす4つのスイッチ」を紹介。

●子どもは競争したがる
●子どもは真似したがる
●子どもはちょっとだけ難しい事をやりたがる
●子どもは認められたがる


上記をふまえ実践していくと、結果的に色々な事…
逆立ちが出来る、10段の跳び箱が飛べる、絶対音感が身に付く、毎日1時間椅子に座り
読み書き計算をする…等が出来るようになるそうです。
そして、これら能力は「教え込んでいるわけではなく、子ども自らやろうと思うような
環境を用意すれば出来るようになる」と横峯先生はおっしゃっていました。

ちなみに、ヨコミネ式教育法の理念はこちら。

全ての子供が天才である
できることはおもしろい おもしろいから練習する
練習すると上手になる 上手になると楽しい
そして次の段階に行きたくなる
この繰り返しで一流になる
全ては1から始まり 毎日の積み重ねで
10年でだれでも一流になれる


ヨコミネ式は、その目立った成果から誤解を受けやすいようですが、
その本質はごくシンプルなものですね。
結局のところ、朱に交われば赤くなると言いますか、環境が大事ということなのでしょう。
また、そうした環境を用意さえすれば一流?になるというのなら、ヨコミネ式教育が
保護者から人気を集めるのも頷けます。

しかし、私個人はこの番組を観た時、拭いきれない違和感を覚えました。
そして、今日「虹色教室通信」でなおみ先生が、私の違和感をわかりやすく記事に
してくださったので、引用します。

私がこちらのブログでこの問題を取り上げようと思ったのは、
エチカの鏡の横峰式の教育の影響で、子どものやる気は、
子どもの中から生まれるのでなく、
無理やりでも良い行動を取らせて、できるようになったらうれしくて
やる気が出るんだから~
といった、子どもの心に対する鈍感な意見を口にする
親御さんをたびたび目にするようになったからです。

子どもを観察するという言葉が
個性やその子の精神の発達を無視した、大人の都合でどうやって言うことを聞かせようか~
という視点からの観察になっていて、

大人による管理、支配がうまくいっていること=
子どもがよくなっている、成長している

と勘違いする方が増えているのです。


私が感じた違和感…というのは、まさにこのことです。
ヨコミネ式教育では、「子ども自らやる」と詠っていますが、それはあくまで
「大人が望む行動」に他なりません。
多少強引にでも「大人が望む行動をさせ、出来たら褒める事で強化し、
その行動を好きにさせる」。
これは、子どもの意志を大人の都合でコントロールしているような…
「これが好き!」という気持ちさえも、暗にコントロールしているような…
そんな違和感があるのです。

個人的には「大人が望む行動をさせ、出来たら褒める事で強化し、その行動を好きにさせる」
というのは、最低限であるべきだと思っています。
それこそ基本的な躾…早寝早起き朝ご飯、他人に迷惑をかけない、その程度です。
我が家では娘の視力の関係で、テレビやテレビゲーム(DS等)を制限していますが、
それ以外は自由にさせています。
その自由な時間の中で、「これが好き」と娘自身が見つけてきた物を大事にしたいのです。
見つけるまでの、無駄とも思えるぼーっとした時間すら大事にしたい。
算数遊びにしろ何にしろ、その発展であると考えています。




長々と書いてきましたが、こうした思いは、実は私自身の経験からきています。
以前にも「ユングの性格論によせて」で少し記事にしましたが、  
私が通った幼稚園は早期幼児教育に熱心でした。
ヨコミネ式ほどではありませんが、それに近い教育方針の園です。
そのため、勉強を始めとして、体操、音楽など、同年代の子どもと比べれば、
格段に出来るようになります。それは確かです。
しかし、

できることはおもしろい おもしろいから練習する
練習すると上手になる 上手になると楽しい
そして次の段階に行きたくなる


のかと問われれば、私はNOでした。
出来たからといって、全く面白くないのです。
困った事に?他の園児達の前でお手本として跳び箱を披露しても、ちっとも楽しくない。
当時の私は自分が好きな事、興味のある事以外を褒められても「なんで?」という有様で、
褒められれば褒められる程違和感を感じていたのです。
正直なところ、「気持ち悪い」とすら思っていました。

そのため、幼稚園は週に2~3回程度しか行けませんでした。
母は不思議と好きな時に幼稚園を休ませてくれ、また家でも幼稚園のカリキュラムを
フォローすることなど一切なかったので、私は救われたのですが、もしあの時、
家でもきつきつにスケジュールが組まれていたら…と思うとぞっとします。
それほど私にとってこの教育法は合わなかったのです。

そしてこういった一種の「ドロップアウト」は、何も私に限ったことでなく、
私の親しい友人も経験しています。

「勝ったら嬉しいだろう!と押し付ける教師に辟易したことがある。
勝って嬉しいのは(昨日までの)自分自身だよ。対戦相手は私の深淵を教えてくれはしない」


人は、子どもは、画一的ではありません。
教育法に絶対はなく、謙虚であり続けなければなりません。
もちろん、お子さんによってはヨコミネ式教育も合うと思いますが、
全ての子に合うかと問われれば、「それは違う」と己の経験から感じています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

スポンサーサイト
16:49 | 教育論
comment(5)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。