スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 私の子ども時代

虹色教室通信でなおみ先生が書かれた記事、
「親たちのニーズが加害者のあいまいな幼児虐待を生む話」を読みました。
記事の中でなおみ先生は娘さんの幼稚園時代のエピソードを書かれていましたが、
私は『なおみ先生の娘さんの様子が自分の幼児期と重なるなぁ…』と、
ひとりごちてしまいました。

そこで今日は私の幼稚園時代の思い出を書いていきたいと思います。
幼児教育とは直接関係ありませんが、「一般的な大人が望む子どもではない子」の
一例として読んで頂ければ幸いです。

さて、幼稚園といえば、みなさんはどんな教育方針の園を望んでいますか?
一口に幼稚園とはいっても、その教育方針は本当に様々ですよね。
そのため、昨今は「幼稚園選び」という言葉も普通に取りざたされていますが、
私の子ども時代はそれほど幼稚園選びが当たり前な時代ではなかったように思います。
現に私の母は「あなたと仲良しのお友達もみんなあの幼稚園だし、ご近所のお子さんも
みんなそうだから」、「園バスが家の前まで来るから」という理由で、
当たり前のように幼児教育に熱心なM幼稚園を、そうとは知らずに選びました。

実は、母も私自身も、このM幼稚園が幼児教育に熱心な園だということは、
ずっと知りませんでした。
知ったのはつい最近、半年~1年程前でしょうか。
教えてくれたのは、小学校時代から付き合いのある幼なじみ。
彼女の子どもがちょうど幼稚園入園前だったので、自然に幼稚園の話題になったのです。

「そういえば、私は幼稚園が大の苦手だったんだよね」
「●ちゃん、どこの幼稚園だっけ?」
「M幼稚園」
「え、あそこって、すごく教育熱心なんだよ。M幼稚園出身の子は小学校で優等生だって
有名だったし」
「そうなの?」
「知らないの?今でもM幼稚園は熱心だって有名だよ。入るためには検査?もあるし」

後日、母にこの話を聞かせると、「知らなかったわ~。だって、ほら、他の幼稚園を
知らないじゃない?あれが普通だと思っていたのよ」とのんきな返事。
とはいえ、私が幸いだったのは、こうした母の性格だったのでしょう。
私の母は日常の些末な事にこだわらず、あっけらかんとしながらも、物事の裏表や真理、
人の感情、心の機微…といったことに敏感で、子どもに何かを押し付けるといったことが
なかったのです。
「ユングの性格論によせて」でも少し触れましたが、私が幼稚園の合唱祭で1回も口を
開けなかった時ですら、

「みんなが●●合唱団のごとく一生懸命に歌っている中、あなた一人だけが頑として
歌わないでしょう?あの時は面白かった~。お母さん大爆笑だったのよ~」

と、げらげら笑いながら話していました。
今にして思えば、この言葉は当時の私にとって救い以外の何物でもありません。
母は私を責める事なく、「それほどの迷惑をかけているわけではないのだから、
それはそれであり」と私を受容していました。
見方によれば、私の母は随分甘い育児をしていたと言えます。

しかし、当時の私は、なおみ先生の娘さんと同じく、大人びていて内向的で何でも
どこまでも観察しようとする可愛げの無い子ども…という一面があり、
多くの大人が好むような「明るく素直で、ハキハキとした子」
ではなかったので、家庭で受容されなければ行き着く先がなかったのです。

母は続けて言いました。

「いわゆるお勉強的な賢さ…という意味では、お兄ちゃんに軍配が上がると思うけれど、
あなたは人の言葉や表情からその奥に隠されている物を見つけ出すことが得意だった。
そういうことは、本当に幼いときから教えられる事無く自然に出来ていた。
だから何も心配がなかった」

もちろん、母は私に褒める箇所が少ない分、こうした言葉を口にしたのでしょうが、
この言葉から伺える母の価値観は私に安堵感をもたらしてくれました。
母の価値観はゆるぎなく、特別な意識も無しに私という個性が自然と守られていたのです。

そのせいか、私は小学校入学と同時に霧が晴れて、自分から
「よし、小学校では、いっちょ良い子でいきますか!」と、先生から好かれるタイプの
子どもを演じるようになりました。
精神疾患のようで危なっかしいのですが(笑)、不思議と演じる事による違和感や疲れは
なく、自分の言動が他人(先生)に与える影響を意識して、むしろそれを楽しみに暮らして
いたと思います。

とはいえ、この「良い子月間」の遊びも思春期の到来と共に終わりを告げ、
再びもとの私、幼稚園時代の私に帰っていったので、長く続いたはしかのようなものかも
しれません。
私にとっては、「良い子月間」の方がはしかなので、人によっては「良い子が突然なぜ?」
となるのでしょうが、何も「明るく素直で、ハキハキとした子」だけが許容される社会で
なくても良い、と中学生の私は考えていたので、気にしていませんでした。
(完全な中2病とも言えますが)

そして、こんな紆余曲折?の子ども時代も母は口を挟まず、私の好きにさせてくれました。
子どもが自分自身で気付くまで放ったらかしにしてくれました。
そのため、家庭が「羽を休める場所」として、自然に機能していたのでしょう。

…いや、これだけ母のことについて絶賛とも取れる記事を書くと、母は何やらすごい人の
ようですが…彼女はごく普通の専業主婦です。
ちょっとオタク気質があり、古代史も宗教(否信者)も歴史小説もハードボイルド小説も
ハーレクインも同列で楽しめる、何がなんだかよくわからない読書傾向を持ち、
オリジナル小説を書いたりします。
私の趣味は母のそれとは違いますし、母のようになりたいわけでもありません。

ただ、母が醸し出していた「認めている」というあの空気をまとって娘を育てていきたい…
とは感じています。
あの空気は、「出来たから」というご褒美的なものではなく、もっと根本的な空気でした。
ヨコミネ式をはじめ、教育機関が醸す空気が厳しいものであるなら、せめて家庭では
柔らかな温かい空気を醸し出してあげたいと、個人的には思うのです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
10:38 | 未分類
comment(4)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。