スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 発達検査の結果から***その3

秋の気配を感じさせるような涼しい風が吹き、軒下の風鈴を揺らしました。
その音色に誘われ、ふと外を見ると、桃色と薄紫を混ぜたような、繊細な色合いの花を
つけた一本のサルスベリの木が咲いていました。
私は居間で新聞を読みながらアイスコーヒーを飲んでいる主人に話しかけました。

「今年ね、抹茶は『サルスベリ』という言葉を覚えたんだよ」
「サルスベリ?そういえば、実家にあったなぁ」

ちりん、と風鈴の音色を響かせた窓辺で、主人は空を見上げ、ぽつりと言いました。

「覚えるということに関して、抹茶が自分よりも苦労しない事を祈るよ」

私は言いました。「苦労なんて、それは誰にだってあるでしょう」

「それはそうだけど、記憶する能力が劣っていると学習面では苦労すると思う」
「それほど暗記が苦手?」
「苦手だよ。逆に言えば、全く覚えられないから思考する事でカバーしているのかもしれない」
「思春期の脳の剪定で、さらに暗記能力が刈り込まれたのかもしれないね」
「そうかもなぁ。困ったなぁ」

そうつぶやきながら、薄くなりかけた頭をかく主人に、学習面で得意だった事、
不得意だったことについて聞いてみました。
抹茶と主人の気質が似ているのなら、親として覚悟しなければならない部分、
アドバイスしてあげられる部分があるだろう…と感じたからです。
主人は「全般的に、意味を問う問題は大丈夫だが、暗記は苦手」と前置きしてから
話し始めました。

●国語…読解はさほど問題ない。(注:主人比)
    暗記がものをいう漢字、古文、漢文は苦手。

●算数…数学は二番目に好きな教科。
    ただし、数学の公式は覚えずに自力で解いていくため、時間がかかる。
    単純計算は苦手。百マス計算は見ただけでくらくらする。

●理科…物理は一番好きで得意。(注:主人比)
    生物、化学は、意味を問う問題ならOK。暗記問題は苦手。

●社会…歴史的背景を問う問題など、意味を問う問題はOK。
    年号暗記や細かな事象の暗記は苦手。
            
●英語…壊滅的。(オゥノウ~)
   
氷が溶けて薄くなったアイスコーヒーを一口飲みながら、私は聞きました。

「対策みたいなものはあるの?」
「基本的なことだけれど、図や絵を描く事かな。生物の暗記はそれでなんとかなる。
化学は大学の教科書の方が理解しやすいと思うから、必要なら適宜与えるといい。
社会に関しては、先生の板書を写すのではなく、自分也に再構築したものをノートに記す。
図や写真が豊富なサブテキストや地図帳必須」
「知識を多く問うてくる試験内容には向かないのかな」
「向かないと思う。そして、選択式よりも記述式の方が向く」
「短所を克服するより、長所を伸ばすイメージ?」
「短所を克服できればそれに超した事はないけれど、時間との兼ね合いもあるからね」

そして、主人は少し間を置いてから、「でもさ、抹茶は二世だから得だと思うよ。
自分の経験を教えてあげられるから」と笑いました。




こうした記事を書くと、「今からもう先々のことを考えているのか。過保護では?」と
ご批判を受けるかもしれませんが、生きにくさを抱えている子にとって親が先を
見通すことは必要だと感じています。
お友達ブログ「トトロのとなりのやんちゃくれ達」でも「見通し」について触れられていましたが、
見通すということは、子どもの人生にレールを敷くような行為ではなく、
親自身が子どもの将来を真摯に見つめることなのでしょう。

適した職業、またその職業に就くために必要な一定の能力・学力、その一定の能力・学力を
身につけるための家庭支援…こうした見通しは「転ばぬ先の杖」のようなものです。
私は放任子育てを基本としているので、杖自体を子どもに用意してあげることは
あまり気が進みませんが、「親が杖を思い描くこと」は必要だと考えています。
親が思い描いた杖を振り払い、子ども自身が新たな杖をイメージするなら、
それはそれで何よりの喜び。親のイメージが徒労に終わろうと構わないのです。

「大丈夫大丈夫」と気楽に構える一方で、冷静に子どもの長短所を見極め、
そこから杖をイメージすること。
これは二次障害を防ぐ意味でも重要なことなのだと思っています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
11:05 | 発達検査
comment(4)     trackback(0)

 発達検査の結果から***その2

「発達検査の結果から」の記事にコメントを頂きました。ありがとうございます。
クローズドだったので、コメント欄ではなく記事でご返信しますね。

私もご主人と同じ感じの記憶の仕方です。 

静止画で記憶することはできないですね。。。
なので年号の記憶などはとても苦手です。

歴史は好きですがその時代の小説などを読んで深く知った部分しか得意でなかったので
低得点の分野でした。


人の記憶の仕方って本当にいろいろなパターンがあるのだな~とこの記事を読んで
感じさせられました。


ただ、私も3歳になるまでほとんど話をしなかった言葉苦手人間だったようですが、
全く問題なく生活できています。 

もちろん抹茶母さまはテスト結果にとらわれすぎることなく接してらっしゃると思いますが
先天的な問題じゃない限りあまり気にされなくても良いのではないかな~と感じました。

(wikiでも受けられた検査に関して見てみましたが先天的な障害を判断するテストではない
と思いました。間違っていたらごめんなさい)

(コメントは一部抜粋しています)


上記コメントを拝見し、主人と同じ記憶の仕方をする方は結構いるのかも…と感じました。
(先記事にコメント頂いたcalincaさんも主人と似た記憶の仕方をするそうです)
友人に聞いてみたところ、みな一様に「スケルトンの地球儀は頭の中にないなぁ」
と口にしていたので、てっきり主人は少数派なのかと思っていましたが、
実はそうではないのかもしれませんね。

「聴覚認知が苦手なら、得意の視覚認知で補う」。
そのこと自体は普通ですし、実生活でまったく問題のない生活をしていらっしゃる方は、
コメントくださった方同様、多いのだろうと思います。
こうした思考を繰り返しているであろう主人も、実生活に関しての問題は感じません。
抹茶も今のところは問題なく過ごしていると思います。

ですが、「あまり気にしなくても良いのではないか?」と問われれば、
私は「楽観視は禁物」だと感じています。
なぜかというと、二人には共通した、ある種の「生きにくさ」があると思うからです。
主人に至っては、「問題なく生活すること自体が実は負担」という有様です。
実際、主人は鬱病の診断はなくとも鬱気質でストレスに弱く、自由業ゆえ仕事も
なんとかなっている…といっても過言ではありません。

こうしたことを鑑みると、IQ値や診断名に捕われる必要性はなくとも、
認知の偏りといった事実は事実として受け入れ、注意深く抹茶を見ていかなくては…
と感じています。
とはいえ、その事実に捕われて悲観しているかというとそうではなく、
純粋な興味からと言えるかもしれません。
どちらかというと「面白いからあれこれ考える」に近い感覚ですね。
誤解を恐れずに言うならば、「私自身は善くも悪くもバランス派なので、
バランスの悪い主人や抹茶を半ば羨ましく思う」といっても良いくらいです。(>中2病?)

:
:

最後に。
コメント頂いた「先天的な障害」という言葉が具体的に何をさすのかはわからないのですが、
発達障害は生まれついてのものです。困り感を軽減させる事は可能でも、治ることはありません。
抹茶は未診断ですが、おそらくWPPSIの結果は「大事な判断材料の一つ」にはなるはずで、
もし発達障害と診断されれば「先天的な障害」と言えるかと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
10:17 | 発達検査
comment(4)     trackback(0)

 八景島シーパラダイス

八景島シーパラダイスに一泊二日で行ってきました。
いつも虹色サークルに参加してくれるIちゃん、Iちゃんの妹Rちゃん、Iちゃんママも
一緒だったので、大盛り上がり。

実は、泊まる必要性など全くない場所に住んでおりますが、
「せっかくだから泊まらない?」というIちゃんママの提案で、
シーパラダイス内にあるホテルに泊まり、一日目は遊園地、二日目は水族館…
という、なかなか贅沢な楽しみ方をしてきました。

そんなわけで一日目は遊園地。
幼児でも乗れる乗り物は一つの場所に集まっているので、移動も少なく楽ちんです。
乗り物が終わったら、公園で自由に遊んだりとのんびり過ごしました。

二日目はメインイベントの水族館。

「ふれあいラグーン」という参加体験型施設では、はじめてイルカに触れました。
バックヤードに入れるガイドツアーにも参加し、飼育員さんのガイドのもと、
セイウチやオタリア、ペンギンを間近で見て、緊張したり。
慎重な子なので、ペンギンに触るのさえおっかなびっくりで腰が引けていましたが、
帰宅後には「ペンギンのお父さんとお母さんは仲が良くて、ずっと一緒にいるんだよ」と
主人に伝えていたので、印象に残っていたようです。

CIMG0496.jpg

また、「サカナリーフ」という東京湾の砂地、岩礁、藻場を再現した場所では、
実際に海(プール)の中に入って、そこに暮らす生き物と触れ合う事ができました。
他の水族館にも似たような施設が用意されていることはありますが、シーパラの
施設は規模も大きく、とても立派です。
この「サカナリーフ」は、夏なら一日中遊べる、とてもおすすめの場所かもしれません。

CIMG0505.jpg

「ドルフィンファンタジー」では、シーパラのマスコットともいえるシロイルカが
ゆったりと泳いでいました。
そのシロイルカを見て、抹茶は「あれ、ハナゴンドウ?」と聞いてきました。
う~ん、なるほど。鼻が短い特徴は、確かに以前見たハナゴンドウに似ているかも…
と思いましたが、ハナゴンドウの方が、マイナーっすよ。プププ。

CIMG0521.jpg CIMG0512.jpg

「アクアミュージアム」は、水族館3施設の中で、もっとも大きな施設です。
他の水族館と比べても展示数が多く、本当に立派な施設だと思います。
(やっていけるのか?と疑問に思うくらいですよ…)
この施設内では、ペンギン好きの抹茶らしく、王様ペンギンを長い間見ていました。
水族館から帰ってきてからも、折り紙でオリジナルペンギンを折り、
「王様ペンギン~」と口にしていた事から、それなりに印象に残っている様子
が伝わってきます。

「アクアミュージアム」内のアクアスタジアムでは、見所いっぱいの楽しいショーも
見ました。
抹茶の一番のお気に入りは、セイウチの特技、「そんなの関係ねぇ~!」…。
イルカのダイナミックで華麗な演技よりも、セイウチのシンプルで可愛い足さばき?
がお気に召したようです。
いや、たしかに、ものすごく可愛かったね。うん、あれは一見の価値ありだわ。

…と、こんな感じで、夏の一日をのんびり過ごしました。
抹茶もIちゃんがいるおかげか、いつも以上に楽しめたようです。
私自身、子ども時代にお友達家族と出かけた思い出は今でも鮮明に覚えていますから、
抹茶の中でもそうあってくれたら嬉しいな、と思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
14:07 | お出かけ
comment(0)     trackback(0)

 発達検査の結果から

CIMG0121 のコピー

「もし抹茶がLDだというなら、自分もそうかもしれない」。

残暑の厳しい昼下がり、素麺を箸ですくいながら、ふと主人は言いました。

「ディスレクシア(読み書き障害)があったわけではないでしょう?」
「特別読み書きに苦労はしなかったけれど、抹茶と同じ傾向はあると思うよ。」
「同じ傾向って、どんな?」
「例えば『お城って、なあに?』と問われて、すぐに答えられないようなところ。
頭の中で映像は次々に溢れてくるけれど、言葉で説明するのが苦手なんだ。
抹茶もそうだろう?お城は知っていてイメージはできる。積み木でも作るけれど、
『お城って、なあに?』に答えられない。そういう傾向だよ。」

その言葉を、私は意外な心持ちで聞いていました。
主人は私よりもよほど論理的に会話を進めますし、言葉で説明することが苦手だとは
到底思えなかったのです。
「私は今まで主人のことを誤解していたかもしれない」。
そう感じた私は、まじまじと目の前にいる人を見つめました。
けれども、そんな私の視線を一向に介さず、主人は器の下に残った素麺をすくいあげ、
ははっ、と笑いながら言ったのです。

「自分の思考に言語はないんだ」

そして「ごちそうさま」という普段通りの言葉を口にし、普段通りに箸を奇麗に置きました。
その一連の日常的な動作と「自分の思考に言語はないんだ」という言葉には妙な剥離があり、
私の好奇心が疼いた事を覚えています。

「『自分の思考に言語はない』って、どういうこと?今こうして、会話をしているじゃない?」
「ああ、正確に言うと、『会話をする時だけは、言語で考えている』かな。逆に言えば、
会話…つまり人がいなければ、言語では考えられない。一人で考えている時は全て映像だから」
「映像は静止画?それとも動画?」
「動画だね。カメラをずっと回している感じだから、映画に近いかな」
「例えば、第一次世界大戦について考えるとき、頭の中はどんな感じになるの?」
「スケルトンの地球儀を衛星から眺めている感じかな。
クローズアップしてドイツ軍の鉄道輸送の様子を覗いたりするし、カメラを引けば
アメリカの動向やアフリカ戦線の様子も見える」

主人はさも意外だとばかり、こう聞いてきました。

「え、他の人は違うの?」
「他の人は知らないけれど、少なくとも私は違うよ。スケルトンの地球儀は思い浮かばない。
映像で記憶するといっても、私の場合、頭に浮かぶ映像は静止画で、なおかつ一場面。
つまり、重要なシーン、覚えにくいシーンを写真に撮る感じかな。言葉も入ってくるから、
漫画に近いかもしれない」
「ああ、漫画か。勉強に関して言えば、言語が入っている分、そっちの方が便利かもしれない。
自分の場合は、第一次大戦の世界状況やその原因を遡っていくような同時進行的思考は
好きだけれど、第一次大戦が何年からだったかということはなかなか覚えられないんだ。
ところで、第一次大戦て何年だっけ?」
「1914年。年号暗記は苦手?」
「年号は映像化しにくいから大の苦手だよ。記憶力もないからさ」
「記憶力といっても、フォトリシックに記憶するのは比較的得意でしょう?
少しだけカメラアイ的な部分を持っているじゃない?」
「意識さえすれば可能だけど、そもそも年号暗記に全く興味が湧かないから無理だなぁ。
しかも自分の場合、フォトリシックに記憶すると忘れやすいから、テスト対策には向かないと思う」




この言葉を聞いて、「遺伝」という言葉が浮かびました。
抹茶はまだ小さいので、彼女の思考パターンを詳しく伺い知る事はできませんが、
その傾向、気質は主人から受け継がれたものか…と、再びその思いを強くしたのです。

私は主人に尋ねました。

「抹茶の気質があなた似なら、あなたは誰に似たの?あなたのお父さんもお母さんも
言語能力の高い人でしょう?」
「それは多分…母方の亡くなった伯父さんだよ。ほら、物理学専攻のちょっと困った人がいたって、
話した事があったろう?あの人の血じゃないかな。自分は伯父さんほど能力はないと思うけれど」

そして最後に主人はぽそりと言いました。

「言葉はまだるっこしい」

私個人は言葉の力を信じているタイプですが、そうか、世の中こういう人もいるんだ…と、
結婚○年目にして、新たに知る事実でした。
いやはや…どれだけ近くにいても、人という生き物の多様さ、奥深さは一朝一夕ではいかない、
面白いものだと感じずにはいられませんね。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
14:39 | 発達検査
comment(2)     trackback(0)

 発達検査の結果

CIMG0117 のコピー

以前に書いた発達検査関連の記事です。

「発達検査を受けるまで」    
「発達検査を受けるまで」***その2」 
「発達検査を受けて」
「発達検査を受けて***その2」

『気になるとも、気にならないともいえる』。
私自身、自分の感情を上手く表現できないような相反した気持ちでこの日を迎えました。
8月某日。
療育センターの庭では、太陽が地面を焦がすように照らし、木々が黒々とした影を落とす中、
アブラゼミは最後のあがきとばかりにジージーと鳴いていました。
その光景、その気温は空調の効きすぎた殺風景な相談室と静かな対比を作っていて、
娘の検査結果を予感させるような…どこかしら違和感を感じさせる空気だったことを
覚えています。

「暑い中おいでいただきありがとうございます」
「寒いですね」

その矛盾したような言葉に苦笑しつつ、私は相談員の方がリモコンを手にする様子を
ぼんやりと見つめていました。
そして、そんな私の意識を引き戻すかのように、つと、一枚の書類が机の真ん中に
置かれました。

「こちらが抹茶ちゃんの検査結果になります」
「拝見しても良いのでしょうか?」
「どうぞご覧下さい」

そこには、覗き込んだ主人が思わず吹き出してしまった数値が書き込まれていました。

言語性IQ---80
動作性IQ---155
全検査IQ---119

ちなみに、ウェクスラー式知能検査では、言語性IQと動作性IQの差(ディスクレパンシー)が
大きい場合、全検査IQの解釈には注意を要する、と専門書にあります。
全検査IQの値に相当する実体は見当たらない、というのがその論拠で、
ディスクレパンシーが大きい場合は、『差そのもの』に注目し解釈していくことが
重要になるのです。
中でも、抹茶の場合はディスクレパンシーが特に大きいため、検査結果も慎重に
検討しなければなりません。
通常、言語性IQと動作性IQの差15で有意差が認められ、発達障害の有無など検討事項に
入ってくるのですが、抹茶は有意差15どころか75。
この点について、心理士の先生は診断を下せる立場ではないせいか、言葉を慎重に選んで
「これだけ言語性IQと動作性IQの差があるということは、抹茶ちゃんにとって
苦しいことかもしれません」とお話されていました。
また、こうした能力の偏りをフラットにしていくためのアドバイスもして頂きました。

●ゆっくり、はっきり、短く話してあげる事で、コミュニケーションが取りやすくなる
●絵を描くことが好きなら、抹茶の描いた絵を使って会話を楽しむ
●専門の先生に一度診て頂く
●言葉の教室などに通い、少しずつ訓練していく

この後も、心理士の先生と相談員の方は絶えず私達に気を配ってくださり、
慎重に言葉を選びながらお話をされていきました。
一つ一つゆっくりと、病院の電話番号や言葉の教室のパンフレットなど、
細かなことについても丁寧に教えてくださいます。
その他いくつかのお話を挟んだ後、「何かご質問などございますか?」と
お気遣い頂いたので、ひとつお尋ねしました。

「園に結果をお伝えして、ご協力をお願いした方が良いのでしょうか」
「もちろんご両親のお考えによるのですが…やはり一度お話しして、抹茶ちゃんの特徴を
知って頂いた方が良いかと思います。個別に声かけして頂いたり、ゆっくり、はっきり、
短く話して頂く事で、コミュニケーションが取りやすくなると思いますよ」
「『今まで特に困っていることはありません』と先生もおっしゃっていたそうですが、
抹茶ちゃんの場合、その高い動作性IQでカバーしてこれたのだと思います。
先生の指示が聞き取り辛くても、周りを見渡す事で何をするべきかわかるのでしょう。
たしかに、今のところはそれで大丈夫なのかもしれませんが、生活しやすいわけではないので、
何らかの対応は必要だと…」
「そうですね。今度担任の先生に簡潔にお話したいと思います」




なおみ先生の「ADD?先生の発達障害児 教育応援サイト」の記事を愛読していた
せいでしょうか。前もって関連書籍を眺めていたせいでしょうか。
得意分野と不得意分野、発達のアンバランスさ、その対処方法、引いては心理士の先生の
言葉すら、ある種想定内であったと言えます。
IQの数値に関しては、その想定を超えていたと言いますか、想定の端と端の数値でしたが、
私は抹茶の結果に対し、驚きや戸惑いなどを不思議と感じることなく、静かに淡々と
受け止められました。
「長年子育てに悩んできた母親は診断結果を聞いて、自分の子育てのせいではなかったと
ほっとする」という言葉を聞いた事がありますが、それとも違い、素直に人の多様性の
面白さを感じたのです。

もちろん、この数値は抹茶にとって生きにくさに繋がることを意味します。
就学してからLD(学習障害)と診断される予備軍だろう…とも思います。
仮に能力がフラットに近づいていっても、この有意差はそう簡単に消えてなくならない
でしょうから、職業選択は狭まるだろう…とも予測がつきます。
そうなった時、悠長に「多様性の面白さ」と言っていられるのかどうかはわかりません。
これから先、何度教えても飲み込みの悪い抹茶にイライラすることもあるでしょう。
けれども、イライラしたその瞬間、一番最初に私の中に芽生えた「面白い」という好奇心を
忘れないように。そんな自戒を込めて、この記事を書きました。

最後に。
つらつらとまとまりのない文をここまで読んでくださった方、ありがとうございます。
これから検査を受ける方のことを踏まえ、WPPSIの問題内容に関しては触れないという
制約のもと記事を書いていますので、読み辛い部分があるかと思いますがご了承ください。
知能指数については詳しい事がウィキペディアに記載されています。
興味のある方はこちらへ

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

15:54 | 発達検査
comment(2)     trackback(0)
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。