スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 お手紙交換で国語遊び

「書く練習」にもってこいのお手紙交換ですが、抹茶はめったにお手紙交換をしません。
そんな中、抹茶は突然思い立ったように「Sちゃん(抹茶の叔母)にお手紙書く」
と言い出し、黙々とレターセット(折り紙を使っての手作り便箋と封筒)を作り始めました。

「ハート形に切り抜いたの?可愛いね。あ、封筒はこう作ったんだ。良い考えだね~」
「うん、折り紙でハートも作ったよ」
「お~、ハートづくしだ。手紙にはどんな絵を描くの?女の子?」
「絵も描くけど、字を書きたいの」
「えっ?」

私は驚きました。
年中さんの女の子ともなれば、すらすら字を書ける子も多いかと思いますが、
抹茶は今まで自分の名前以外に字を書いた事がないのです。
それどころか、文章すら読めません。
未だ逐次読みのため「ぐ・り・と・ぐ・ら…ぐりとぐら!」と喜んでいるようなレベルです。
そんな状態で一体どうするつもりなのか…と、私は興味津々で眺めていました。

すると抹茶は、私の関心なぞどこ吹く風…といわんばかりに、書き方を聞くでも無く、
自分で「あいうえお表」を引っ張りだしてきては、一字一字確かめるようにゆっくりと
書いていきます。

「Sちゃんへ、だから…次は『ちゃ』。『ちゃ』は、えっと…ここだ。あ!間違えた~。
消しゴム消しゴム…」

基礎を吹っ飛ばしてのお手紙ですから、時間はかかっていますが、なんとか書き上げた
内容がこちら↓

CIMG0582.jpg

Sちゃんへ

Sちゃんがすきです。
Sちゃにあいたいです。
(「ん」が抜けてる)
おへんじまっています。

まっちゃより

まるで恋文です。(笑)
幼い内容ですが、そのシンプルさ故か、Sちゃんはとても喜んでくれました。

また、最近園で大ブームのコビトを描いた時には、「おいうえお表」を見ながら
その名前も描いていました。

CIMG0605.jpg

…いや、本当にどうってことないことなのですが、抹茶にとっては快挙と言いますか、
大きな進歩なのですよ…。

発達検査の記事でも書きましたが、抹茶はおそらく言語能力の低い子です。
入学早々に苦労させないためには、そろそろ読み書きの練習をした方がいいかな…
と思う事もあります。
ただ、抹茶は自分の興味に正直で、それ以外頑として受け付けないところがあるので、
もう少し様子を見てみよう…抹茶の内側から来る時を待とう…と直観で感じるのです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
11:06 | 国語
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。