スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 精神的成長~計画的運用

我が家では一年程前から、抹茶にお小遣いを渡しています。
(そういえば、こんなこともありましたね。プププ)
「朝夕の食事の前後に台拭きでテーブルを拭いたら、一日10円」というお手伝い制です。
抹茶が自ら進んで他のお手伝いをしたり、何か他に感動させるような手伝い方を
した場合にのみ、「私と主人の気分次第で」ボーナスが10円つくこともあります。
まさに働く大人と同じですね。
「確実に働けば日銭は稼げるが、ボーナスは能力次第」。(笑)

抹茶は一週間この10円を貯金し、金曜日の夕方にコンビニで好きなものを買っています。
私は普段のおやつに飴やガムなどの駄菓子類を買うことはありませんが、
抹茶が稼いだお金の使い道に関しては口を挟みません。
『うわ…何が入っているの?』と思うような、キツイ色をしたゼリーを選んでもいいし、
虫歯になりそう~な、チュッパチャップスを選んでもOKです。
(私だって、小遣いの使い道をあれこれ指図されたら嫌ですから!)

テレビと同じで、駄菓子を与えるか否か…という問題も各家庭の判断だと思います。
ただ、完全に与えないというのも、後で反動がくるかもしれない。
かといって、好きに買い与えるのも身体に良くない。
そうしたことも考えると、お金の大切さ、選ぶ楽しみ、加えて算数の基礎…
色々な要素がほどほどのバランスで絡み合っている、このお小遣い制は気に入っています。

さて、そんなお小遣いの使い道。
当然、金曜日の夕方にコンビニへ寄ることは習慣となっていたので、
「今日はコンビニに行かない」と、抹茶から聞いた時は意外でした。

「え?どうして?いいの?」
「うん、フレッシュプリキュアのスティックを買いたいから、お金を貯める」
『お~!』

いえ、全く大した事ないのですが、こりゃまさしく計画的運用じゃないか!と、
密かに感動してしまいました。
今までは目先のお菓子に釣られていたのに、少し先を見据えて、計画的にお金を
使えるようになった抹茶の成長を感じます。
それがたとえ、キュアスティック(250円ほど)であっても。(笑)

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
07:07 | 娘について
comment(4)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。