スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 イメージで算数遊び、割り算の基礎

自転車、三輪車、車と、タイヤの数を当てる、かけ算の基礎クイズがしばらく続いたので、
割り算の基礎クイズを出題してみました。
こたつクイズです。

「抹茶はこたつ布団をぺろっとめくってみました。こたつの中には、足が6本あります。
さて、こたつに入っている人は何人でしょう?」
「3人~。パパとママと抹茶」
「ハイ、正解~」

「それでは次の問題です。今日も、抹茶はこたつ布団をぺろっとめくってみました。
こたつの中には足が10本あります。さて、こたつに入っている人は何人でしょう?」
「5人だけど…でも変だよ。5人も座れないよ。4人まででしょ
「あっ、そうかそうか。たしかに5人も座れないよね。うちのこたつは4人がけだから」
「うん。…あっ、でも、IちゃんとRちゃんなら小さいから一緒に座れるかも!」

こうした抹茶の言葉を聞くと、本当に具体的なイメージが見えているんだ…と感心します。
まさに「こども脳」ですね。
(逆に言えば、まだ抽象的な数式(10÷2)に以降できない証拠でしょうか)

結局昨日は「ねー、次の問題は?」とせがむ抹茶に、こたつクイズの限界を訴え(笑)、
次なる舞台を考えるように持ちかけると、日常の延長線上で舞台を考えてくれました。

「カーテンは!?カーテンの後ろに隠れていても、ちらっと足が見えるでしょ!」
「お~、なるほど。カーテンの裾から足だけちらっと見えるのね?」
「うん、そうそう!かくれんぼ!」
「それなら、クイズに出来そうだね。ナイスアイデア!」

でへへ~という満面の笑みの抹茶。
このあと、カーテン、自転車、三輪車、車、タンドリーと、様々なクイズを楽しんでから
眠りにつきました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
08:13 | 算数
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。