スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 発達外来の受診***その4

一度診察室へ入ってきてしまうと、なかなか待合室へ戻ろうとしない抹茶。
そんな彼女を「チャレンジミッケ!」でやり過ごす頃になると、先生と私の距離が
少し縮んだような気がしました。
そして、そんな私の思いが伝わったのか、A先生は意外な程あっさりと私に告げました。

「就学してからでないとはっきりとした診断は下せませんが、おそらく言語系の
LDだと思われます」

言語系のLDは想定していたことなので、何ら驚くことはありませんでしたが、
発達障害の診断は慎重に下されることが多いので、その意味では驚きました。
今日は当たり障りのない話で終わりかもしれない…と踏んでいたからです。

「そうだとは思っていました」
「ご存知ですか?本やインターネットで調べられました?」
「はい、ある程度は調べました。主人も似た気質を持っているということなので…」
「そうですか。でも、抹茶ちゃんの場合は発見が早かったので、就学までに言語訓練も
受けられますし、時間もあります。今から予防的取り組みをすることで問題をなくしたり
軽減させることが可能ですよ」
「予防的取り組みというのは、やはり言語訓練になるのでしょうか」
「言語訓練がメインになりますが、やはり大事なことは日々の生活です。
ご両親がLDの特徴を知ることで、日常に活かせることは多いかと思いますよ」

予定の1時間を数分過ぎてしまったところで、先生が「質問などはありますか?」と
聞いてくださったので、時間が過ぎてしまうことを申し訳なく感じつつも、
一番大事なことだと思い、質問しました。

「他に親が家庭で出来ることは何でしょうか?」
「言語訓練も受ける予定とのことですし、それで十分だとは思いますが、やはり
お友達と触れ合う時間を作ってあげることですね。何か習い事はしていますか?」
「いえ、保育園児で時間もないので…」
「そうですか。もしよかったら、園と違って少人数で取り組む習い事をしてみても
良いかもしれませんね」
「本人はピアノや英語を習いたいと言っています。私としては、それより日本語
だろう、と思ってしまうのですが…」
「習い事の種類は何でも良いと思いますよ。大事なことは何を習うかではなく、
コミュニケーション能力を高めることなので、出来れば同じ年代の子で取り組む
少人数のグループレッスンが良いですね」

私としてはあっという間の時間でしたが、発達障害の診断としてはおそらく長めの60分…
いえ、結局時間が過ぎてしまったので、75分という、時間をかけての診察でした。
次回予約は半年後の春。
進級後の様子を見て頂く約束をして病院を後にすると、外は朝と同じように、
雲一つない快晴が続いており、日が高くなったせいか空の輝きは一層増していました。
抜けるような青空は、あの時の私の気持ちにも似た風景だったと思います。




あ、ちょっと格好付け過ぎですかね。(笑)

長々と書いてきてしまいましたが、発達外来、またLDの雰囲気が少しでも
伝わったでしょうか。

メディアの影響か、近頃発達障害の知識を持つ親も増えてきたというものの、
通常、LDの発見は周囲との学力の差を、教師・親・そして本人がはっきりと感じる
小学校3年生くらいから…と言われています。
しかし、その頃になると「自分はできないんだ」という意識が強くなってしまい、
学習に一番大切な自己肯定感が低くなってしまうのだそうです。
その意味では、抹茶のLDを幼児期に発見できたことはとても運が良かったのでしょう。

ただ、幼児期の早期診断・早期療育は賛否両論あり、デリケートで難しい問題です。
個人的には、早期診断・早期療育は弥が上にも親の意識を高めるので、
あながち捨てた物ではない…いやむしろ賛成…と感じていますが、
親の不安や焦りが子どもに伝わるくらいであれば、診断や療育の時期を後ろに
ずらしても良いのかもしれません。
早期診断・早期療育の一側面である負荷は、その多くを親が負うべきで、
負荷の割合が逆転すると、遅かれ早かれ子どもへの悪影響が出てしまいます。

しかし、親を始め周囲の大人が発達障害に高い意識を持ち、日常生活の中で
さりげなく子どもをフォローしていけば、解決できる点も多々あるのは事実です。
教え込みは簡単なので、親はついそこへ流れてしまいがちですが、一歩引いて、
苦手な物をどれだけ楽しく遊びのように伸ばすことができるかを考える。
そうしたアプローチを実践していくことは、発達障害の子だけでなく定型発達の子
にも応用できるものなので、穿った見方を捨て、シンプルにより良い環境を用意する
ことが重要だと感じています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
10:59 | 発達外来
comment(13)     trackback(0)

 発達外来の受診***その3

お昼近かったせいか、ブラインドが半分ほど下りた窓からは幾筋もの光が伸び、
殺風景な事務机を明るく照らしていました。
先生は日を背にし、落ち着いた様子で、私に大まかな検査結果と対策を
教えてくださいました。

「図形の模写はとても良く出来ていました。処理スピードも早いですね。
絵を描くことが好きですか?」
「はい、大好きです。折り紙や工作も好きです」
「文字は書けますか?」
「名前は書けますが、文字の読み書きにはとんと興味がないようです」
「保育園では文字の読み書き練習などしますか?」
「ほんの少しだけしているようですが、していないに等しいと思います」
「目で見る力が強いので、就学前に家庭で文字を教えてしまっても良いかもしれません。
そうすることで、聴覚だけでなく視覚からも情報を入れられるようになり、
情報の取りこぼしが減りますから」
「就学してからでは遅いのでしょうか」
「今の子は就学前から読み書きできる子が多いので、入学後の負担を考えると、
少し前倒しで教えてあげた方が良いと思います。娘さんなら負担はないと思いますよ。
1年生の間は、新しい場に慣れることだけ考えても良いかもしれませんね」

A先生は「眼球運動トレーニングをすると良い」とも教えてくださいました。
日本ではまだ眼球運動と学習の関連性や有効性に関する研究は少ないのですが、
欧米では関心の高い研究分野なのだそうです。
抹茶の場合は元々この能力が高いので、更に伸ばす意味で有効とのことでした。

次に告げられたのは、私が以前から少し気になっていた「心の理論」の検査結果。
A先生は「まだ4歳なので、年齢相応ですよ」と前置きした上で、こうおっしゃいました。

「3~4歳向けの課題は通過できても、5~6歳向けの課題だと答えられたのは
3問中1問なので、まだ少し難しいようですね」
「同い年でも月齢の早い子や三人兄妹の末っ子の子とは話のテンポが違うと感じます。
それも心の理論の発達が問題なのでしょうか」
「そうですね。月齢の早い子や兄妹の多い子などは5~6歳向けの課題を突破している
と思うので、園でそうした子と接すると、若干すれ違いが出てくるかもしれませんね」

私は一瞬躊躇しつつも、「自閉的な傾向はありませんか」と聞きましたが、
「園の子ども達とコミュニケーションが上手くいかないのは、自閉的なものではなく、
上手く言葉にできないからでしょう」とのことでした。

次にA先生はIQの話に触れ、標準偏差といった少々専門的な話やベルカーブの図などを
提示しながらお話を進めていかれました。

「全体的なIQは問題無く、むしろ優秀なレベルと言えますが、2つのIQ差がとても大きい
のが気になりますね。正直に言ってしまうと、これだけの差というのは私も初めて見たと
言ってもいいくらいです」
「心理士の先生も遠巻きにそうおっしゃっていました」
「大事なことは動作性IQを活かして言語性IQを引き上げてあげることです。
療育センターの方では何か療育をされていますか?」
「いえ。でも、総合病院内のリハビリセンターで言葉の教室があるとお聞きし、
申し込んだところです」
「それで十分ですよ。療育的なことをあまり詰め込んでも疲れてしまいますから」

私がA先生の言葉に頷いた瞬間、待ちきれなくなったのか、「ママ、見てー」と
半開きにしてあったドアから、抹茶がおもちゃを手に持ち、ひょっこり顔を出しました。
先生は微笑みながら、優しく語りました。

「お母さんとのコミュニケーションや日常会話は問題ありませんね」
「えっと~、あのね、などの言葉を付けることが多く、言いたい言葉がすぐには出てきませんが、
家では良く話していると思います」
「言語訓練で語彙が増えればお友達との関係も変わってくると思いますよ」




言語訓練。
この時は、まだ言語訓練と言っても漠然としていて掴めなかったのですが、
言語聴覚士の先生のプロフェッショナル性を今後私はひしひしと感じることになります。


次回に続きます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
07:28 | 発達外来
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。