スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 習い事断念

「英会話教室の体験」で抹茶にノーと突き付けられた後も、
いくつかの習い事の体験予約を入れていました。
数限りなくある習い事の中、主人とも相談し、「抹茶がやりたそうな習い事」かつ
「得意そうな習い事」かつ「コミュニケーション能力を高められそうな習い事」を
慎重にピックアップし、候補に上がったのが、
「造形アトリエ」、「ヤマハ幼児科」、「レゴ教室」です。

造形アトリエ  

「ごゆっくりさん」のyoshikoさんから紹介して頂いたアトリエです。
主催の先生は発達障害にお詳しく、子どもを安心してお預けできる方。
造形は抹茶も好きですし、保護者同伴可なので、おそらく一番負担がないと思っていました。

ヤマハ幼児科  

抹茶が一時期「ピアノをやってみたい」と口にしていたので選びました。
ご存知の方も多いかと思いますが、ヤマハの幼児科は少人数のグループレッスンで保護者同伴です。
この「保護者同伴」が我が家にとっては要チェックポイントで、抹茶の負担が軽減されるだろう…
と期待したのです。

レゴ教室  

正式には「レゴエデュケーションセンター」と言います。
レゴは今抹茶が一番好きなおもちゃで、教室の理念に賛同できることもあって選びました。
唯一の難点は高額な月謝(13,125円で教材費別!)なのですが、この際目を瞑るかと思って。(笑)




上記習い事3つ。
私としてはそれなりに吟味したつもりでした。
しかし、いざ体験に行く段になると、抹茶から「行きたくない…」という言葉が出てしまったのです。
「知っている人に会うのは良いけど、知らない人に会うのは嫌だ」と。
泣きながら振り絞るように話す抹茶を見て、『今ここで無理強いさせたら、きっとトラウマになる』
と感じました。

私は抹茶を抱きしめ、言いました。

「大丈夫。行かなくていいんだよ」
「本当に?」
「もちろん。全部行くのよそうね」
「…うん、抹茶ね…ママと二人がいい」
「そうだよね、ママも抹茶と二人でいるの大好きだよ。
言い辛いことをよく教えてくれたね。ありがとうね」

そして、ようやく安心したのか、抹茶は私の胸でわんわん泣きました。




今思うと、私も焦っていたのでしょう。
抹茶にとっては英会話教室の体験だけでもう一杯一杯だったのです。
「抹茶はしまちゃん(こどもちゃれんじEnglish)でいいよ」と言った、
そのSOSに気付いて上げられなかったのは私の目線が抹茶よりも
専門家の助言に向いていたからで、勘が鈍っていたのだと思います。

今回のことは私にとっても良い教訓でした。
習い事の話はしばらくは封印。
入学して少し落ち着いたら、また考える予定です。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
スポンサーサイト
08:06 | 娘について
comment(8)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。