スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ウエディングレゴ

写真集を見ながらレゴを作ってみても良い時期かな?と思っていたら、
抹茶自ら写真を参考に作り始めました。

CIMG1073.jpg

手持ちのパーツの関係上、全く同じ作品を作ることは出来ませんが、
抹茶なりにあれこれ工夫した跡も伺える作品です。
ハートがギクシャクしているのは、先行きの不安感を上手く表現しているのだ!
ということでひとつ。

ちなみに、抹茶が一番力を入れていたのが、このウエディングベール。

CIMG1075.jpg

最初折り紙で作ったものの、固いわ透けないわでどうも雰囲気が違う…。
それならということでティッシュペーパーを使ったところ、今度は柔らかすぎて切れてしまう…。
…うーん、それなら…ということで抹茶が持ち出したのは、使用済みマスク。
マスクに使われている布は程よく透過性もあり、かつ丈夫だったのでビンゴ!でしたよ。
ナミナミに切ることが出来るハサミで下部をカットし、できるだけ見本に近づけていました。

CIMG1074.jpg

私が手伝ったのは、新郎フィグの調達・着せ替え。
新婦に合わせ、強引に足を伸ばしてみましたが、抹茶に「イマイチ」とダメだしされました。とほ。

CIMG1076.jpg

「色々やってみたんだけどね~、ハートの飾りを上手く付けられないんだよね~」
と言うので、ここも私が手伝っています。
たしかに特殊パーツでないと付けられなかった。




CIMG1072.jpg

今回、抹茶がお手本としたのは「ブロック玩具で遊ぼう!」という本ですが、
これはどちらかというと上級者向けです。
写真からインスピレーションを得たり、アイデアの一部を模倣したりすることは可能でも、
そっくり同じに作ることはまず無理。普通の人はそれだけのパーツを持っていません。
ですので、幼児であれば、レゴから季節ごとに発行される製品カタログで十分かも?
というのが個人的な感想です。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
スポンサーサイト
10:38 | 知育玩具、おもちゃ
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。