スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 イメージで算数遊び、分配算の基礎

今回は分配算の基礎の基礎です。

「抹茶はママよりも2本多くタンドリーチキンを持っています。
抹茶とママのタンドリーチキンを合わせると12本です。
さて、抹茶は何本のタンドリーチキンを持っていますか?」

初めての問題だったので、出来るかな~と思って見守っていたのですが、
しばらく考えた後、「7本」と答えを出しました。

「どうやって考えたの?」
「えっとね、あのね、抹茶が2本多く持っているんだから、まず、こっちによけておいて~、
残りは10本だから、それを半分こするでしょ。そうすると5本だから、さっきの2本を合わせて7本」

言葉で説明することが苦手な子なので、本当はもっとわかり辛い説明なのですが、
再現できないため言葉をはしょっております。(笑)
抹茶の頭の中はこんな感じ、だとのこと。

○ ○ ○ ○ ○
○ ○ ○ ○ ○
○ ○ 



○ ○ ○ ○ ○
○ ○ ○ ○ ○
-----------------
● ●



○ ○ ○ ○ ○
● ● ● ● ●
-----------------
● ●



○ ○ ○ ○ ○
● ● ● ● ●
● ●


分配算は中学受験の問題として受験生なら特訓するのでしょうが、公式を丸暗記するだけでは
応用が効きません。
シンプルに問題を見つめれば解けるということを感覚的にわかっている。
それが大事なのではないかな~と考えています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
スポンサーサイト
12:24 | 算数
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。