スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 算数と言葉

「抹茶はイチゴを7個食べました。ママは3個食べました。どちらがどれだけ多く食べましたか?」

先日のことです。
いつものように算数クイズをしていると、抹茶から珍しく「わからない」という言葉が出ました。
基本的に、抹茶は力技で解いていくので(笑)、「わからない」と降参することはありません。
親の私がびっくりするほど長い時間をかけても降参することはないので、ハテ?と思い、
聞いてみると、「抹茶は”どちら”とか”どれだけ”って言葉知らないんだもん」
という言葉が返って来ました。
私はへ~!と感心してしまいました。

「そうか!ママ、”どっちがいい?とは聞くけど、”どちらがいい?”とは聞かないもんね」
「うん、抹茶は子どもだからさ、知らないんだよ。だから教えてくれなきゃわからない。
抹茶が知ってる言葉で言ってくれるならわかるけど」
「たしかにそうだね~。じゃあ、”どっちが多い?”ならわかるかな?」
「…抹茶」
「そうだね、抹茶が多いよね。何個多いの?」
「えっと、…4個多い」
「正解~!抹茶が4個多く食べたんだよね」
「うん…」

抹茶は自分でも言葉に対して苦手意識を持っています。
少ししゅんとした様子が見て取れたので、私は言いました。

「今、抹茶はわからないってことがわかったでしょう?これはね、『無知の知』って言うんだよ。
すごく大事なことなの。しかも抹茶は、どこがわからないのか自分で考えてママに
教えてくれたでしょう?これはすごいよ。ママはあんまり詳しくないけれど、
メタ認知と言えるのかな?このメタ認知はとっても大事でね、5歳で出来る抹茶は
なかなかのものだと思うよ~」

もちろん、言葉の意味はわからなかったと思いますが、「なんだか大丈夫らしい」と
安心したのか、すーっと眠りにつきました。




 それにしても、小学校低学年の算数というのは言葉が肝要なんだ!と、あらためて感じます。
”どちら”、”どれだけ”…それら言葉は”小数” 、”分数”、”割合”、”比”といった算数用語では
ありません。
けれども、言われてみればたしかに、日常生活ではさほど使わない言葉かな?と気付きます。
言葉に敏感な子は絵本や図鑑、テレビ等で耳した言葉を何気なく使えても、抹茶は
そうではありません。
そうではないからこそ、「自分は何を理解し、何を理解していないのか。理解するには
どうすれば良いのか」を考えられること。
メタ認知活動を意識して過ごすことが重要になってくるような気がしています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
スポンサーサイト
07:34 | 算数
comment(8)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。