スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 言語訓練にて~交渉術

言語訓練では基本的に抹茶の苦手な言葉を伸ばす指導です。
そのため、抹茶は自分の好きな課題時間を増やすべく、
常にSTの先生と交渉している感があります。

先週は、抹茶の前に訓練していた子の教材(恐竜のシールブック)を   
机の上に見つけるや否や、「あ!これやりたい!」とアピール。
抹茶用の教材ではないので、先生は一瞬『しまった、片付けておくんだった』という表情を
浮かべつつも、「じゃあ、長い針が2のところまでね」と、抹茶の希望を叶えてくれます。
そんな先生の優しさにすかさずつけ込んでいく抹茶。

「え~、2は嫌だ。8がいい」
「8?そんなにシールで遊んだら、他のお勉強が出来なくなっちゃうな~。3はどう?」
「やだ、6」
「え~、じゃあ、間をとって4」
「5」
「それなら、お勉強が全部終わったら、11から12までの5分やっていいよ」
「うん、それなら4でもいいよ」
「その代わり~、お勉強はしっかりすること!」
「は~い」

シール貼りの時間を当初の10分から15分延長させて計25分勝ち取りました。
言葉数は少なくとも、こういう時の抹茶は強い。
折れるところは折れながらも、確実に自分の要求を通そうとします。
兄妹もいないのに、誰から学んだのかと不思議です。(>保育園か?)

そんなこんなで、念願のシール張り。
途中から「シールブックに貼ってもつまらない」と、先生からホワイトボードを借りて、
自由に貼っていきました。

恐竜家族の様子を表現したり。
木、切り株、草のシールを重ね、奥行きを表現したり。
海にいる恐竜をどうしようか?と迷ったときは、素早く教材入れの青い缶を指差し、
「先生、あれ貸して」と、どんどんマイワールドの中に入っていきます。

最初は『仕方ないな~』と見ていたSTの先生も、抹茶の作業ぶりを見るにつれ、
私に言いました。

「種類の同じ小さな恐竜をこども、大きな恐竜をお母さんと見立てていますよね。
おかあさん恐竜の口には草のシールもくわえさせてる…。
海藻はきちんと海の底にあるし、抹茶ちゃんて理解してるんですよね。色々なことを」
「そうですね、頭の中には色々なイメージがあるんだと思います」
「こういうセンスって、何から得ているんでしょうね。絵本をよく見ますか?」
「絵本は私が好きなので、結構持っているんですよ」
「やっぱり、そうしたイメージが残っているんですねぇ」

ラスト5分も使って完成させたシール貼りの大作。
先生は、「ホワイトボードはお仕事で使うから、あとで剥がしちゃうけど、
こっちの青い缶の方は、すごく奇麗だからとっておくね!」と、言ってくださり、
抹茶の顔にパーッと笑顔が浮かびました。




いつも感じますが、STの先生は本当に優しい。
子どもを一人の個として尊重してくれ、抹茶がやらなければならないことを
けっして指導者の好みで押し付けません。
そこには常に対話があります。
対話をすることで、今回の抹茶のように、抹茶がやりたいことを勝ち取ることもあれば、
先生が勝ち取ることもあるのです。
自分の発した言葉で、思うようにいく時もあればいかない時もある。
私は、こうした対話・スタンスが、子どもに”言葉の力”を感じさせるのではないか…
と感じています。

昨今、甘やかしはよくないとか競争とか厳しい幼児教育が話題ですが、
私は、絶対にダメなこと…古今東西、国や民族が違ってもダメと言われるようなこと、
健康を損なうようなこと以外は、幼児に厳しくせずとも良いのでは?と考えています。

でなければ、自分の言葉の力を感じることが出来ないからです。
子ども達は、対話、交渉、折衝で未来を変えることが出来た時、
実はそれほど親や指導者の意見が絶対でないことを知ります。
逆に、「絶対にダメ」と厳しく注意された時、それは本当にダメなことだと理解します。

この、「大人は絶対でない」と感じさせることは、「大人への信頼」と1セット。
思春期の自立に向けて、核になるものだと思うのです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
スポンサーサイト
07:36 | 言語訓練
comment(0)     trackback(0)

 神経質

抹茶は神経質です。
最近は鈍くなったと思いますが、赤ちゃんの頃は、ほんのかすかにオムツが
濡れているだけでギャーギャー泣き、掃除機の音を嫌ってギャーギャー泣いていました。

メモ代わりに抹茶の神経質さを記録。つまらない記事ですみません。

視覚

視覚優位なので、視界に入る物へは敏感。
よく見ているが、その分動作は遅い。

聴覚

些細な物音に敏感。
それを極端に嫌ったり、パニックになったり…ということはないが、
私には聞こえない音を拾うな…と感じる。

嗅覚

嫌がるため、我が家はアロマが焚けない。
香水禁止、香りの強い化粧品も使えない。
加えて、抹茶は主人が使ったあとのタオルを嫌う。加齢臭が原因か。(笑)

味覚

新鮮でないものや昨日の残り物を出すと「まずい」と言って食べない。
贅沢言わないで喰え!と思う。

触覚

洋服のブランドタグや品質タグが気になるから切ってくれ、
縫い目が気になるからこのキャミは着ない、
トレーナーの袖口はすぼまっていて気になるから嫌だ、等、着心地にはうるさい。
セーター不可。コートを除いて、基本的に一年中綿製品。




感覚過敏というほどではないと思いますが、大雑把な私と比べると実に神経質だと感じます。
主人そっくりですね。
ちなみに、主人は子どもの頃、ご近所さんのテレビのONOFFがわかったそうです。
蚊を寄せ付けないための周波数に、蚊以上にやられてしまう人でもあります。くくく。
それを思えば、まだ抹茶の方が”生きやすい”かな~。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
08:11 | 娘について
comment(0)     trackback(0)

 おままごと

おままごと。
子どもとおままごとをするのが苦手~という方は意外と多いそうですが、私は好きです。
とっても面白い、クリエイティブな遊びだと思います。
しかも、おままごとは”言葉を伸ばす絶好の遊び”。
会話のやり取りで言葉を引き出したり、また、新しい言葉をそれとなく教えてあげる
こともできる、抹茶にはうってつけの遊びと言えます。

ちなみに、抹茶のおままごとは入浴タイムがメイン。
水を使える点が良いのかな。
シャンプーや石けん、歯ブラシ等、少ないアイテムを駆使して必死に見立てながら、
一人もくもくと遊んでいきます。
そして、イメージが固まってくると、私にお声がかかるのです。

「焼き鳥どうですか~、美味しいですよ~、いかがですか~」
「こちらは焼き鳥屋さんですよね?」
「はい、そうですよ~」
「お店で食べられますか?」
「はい、カウンターにどうぞ~」

行ったこともないのに、焼き鳥屋とカウンターがどこで結びついたのか…笑えます。

「おすすめは何ですか?」
「つくねですね~」
「私、つくねに目がないんです。塩とタレ、一本ずつください」
「はい、うちのつくねは美味しいですよ~。少しお酒をふって焼くんです」
「へ~、今度私も家でそうしてみます」
「タレには隠し味でね、ハチミツが入ってるんです」
「ハチミツですか!こくが出そうですね。美味しそう。つくねも自家製なんですか?」
「いえ、工場で!」

工場って何だよ!焼き鳥屋なら店でこねろ!と言いたくなりますが、まぁいい。(笑)

「でも、タレにはこだわっているんですよね」
「はい、うちのタレは美味しいですよ。あ、ひっくりかえさないと~」
「少し焦げ臭いんですけど、大丈夫ですか?」
「大丈夫です。ちょっと焦げた方が美味しいですよ。はい、どうぞ~」
「わ~、良い香りですね」
「熱いんで、気をつけてくださいね~」
「ふーふーふー、あ!美味しい。お酒をふって焼いたせいか、臭くありませんね」
「そうなんですよ~、タレもどうぞ~」
「あ!これも美味しい。お醤油の焦げた香ばしい香りとハチミツの甘さが絶妙に合いますね」
「あ、よかったら今度お友達を連れて来てくださいね~」

なかなか商売上手な抹茶です。プププ。




私はおままごとをする際、”対子ども”という目線では遊ばず、”対大人”として遊んでいます。
まさに、カウンターに飲みに来て、おしゃべりなマスターと話をする感じですね。
心理士の方からは「二語分・三語分でゆっくり話してあげて」と言われていますが、
注意しているのは、ゆっくりめに話すことくらいです。
言葉の返し方から、意外と抹茶も理解している(ような気がする)ので、二語分・三語分という
部分はそれほど気にしていません…。(>良いのか?)

「もうすぐオリンピックでフィギュアスケート女子が始まりますね~。
浅田麻央ちゃん、トリプルアクセルを飛べますかね~」とか、世間話を挟みつつ、
マスターと話をするひと時は、私も楽しい。
抹茶も人と会話することの楽しさを少しでも感じてくれたら嬉しいな~と思っています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
08:11 | 娘について
comment(0)     trackback(0)

 ホワイトチョコレートパズル(難易度スイート)

そういえば、今年のバレンタインデーは、主人リクエストのチョコレートフォンデュでした。
せっかくフォンデュ鍋を出したからと、夕食もチーズフォンデュとフォンデュづくし。くくく。

ま、それはさておき。

買い物に出た先で、偶然この「ホワイトチョコレートパズル(難易度スイート)」を目にした抹茶。
「本物のチョコみたいで面白いから、パパにプレゼントしようよ!」といわれ、購入。
お店の方に奇麗にラッピング包装をしてもらい、帰宅後、早速主人に手渡しました。

「はい、パパ。バレンタインのチョコだよ~」
「ありがとう。お、板チョコ?」
「ぐふふ~」
「あ、違う。パズルか~。すごい、良く出来てる」

CIMG1166.jpg

主人へのプレゼントですが、当然のごとく抹茶が我先にと遊び始めました。
ところが、難易度スイートがまずかったのか、遊び始めて2~3分経つと、「ママ、これ簡単~」
という言葉が。

「簡単だった?やっぱり、抹茶が言う通り、ミルクチョコレートにした方が良かったかな?」
「うん、すぐ出来ちゃう。ママもやってみなよ」

抹茶がパパッと完成させていたので、当然私もパパパッと完成させることができるかと思いきや、
意外と難しく、5分経っても出来ない…。オーマイガッ。

『そんなバカな…私はパズル系、それほど苦手じゃないのよ…』
「ママ、まだ?」
『う…プレッシャーをかけてくれるな』
「もう抹茶の番だよ~。出来ないなら貸ーしーて」
「え~。抹茶だって偶然に出来たんじゃないの~?」
「違うよ。ほら、貸して」

5歳の娘にパパパッと作られ、内心焦る私。

「ほら、さっきのとは違うんだよ」
「え、いや、すごいね。コツってあるの?」
「う~ん…あえていえば、周りに枠を作ると良いんじゃない?こういう風に」
「なんで枠を作ると良いんだって思ったの?教えてもらってないでしょう?」
「え~、だって、なんとなくだよ。大体わかるじゃない」

…すいません、わかりませんでした!

CIMG1167.jpg

抹茶は出来の悪い母に早々と見切りを付け、主人と難問に挑み始めました。
普通にケースに戻すだけなら、解答は7764通り。
でも、この難問は解答が一通りしかないので、このテのパズルが好きな主人も
当てずっぽうでは解けません。

「いいか抹茶。まず、こことここは決まり。あとは総当たり戦で一つ一つつぶしていく」
「うん、この形は他のパズルの代わりにならないもんね。だから決まりなんだよね」
「そうそう。だけど、ここから先は気長な作業だよ。まず一通り目~」

結局、寝る時間が来てしまったので、途中で切り上げたのですが、本当に楽しそうに
あ~でもないこ~でもないと遊んでいました。

幼児教育的には、図形センスを伸ばす~と言われているペントミノ。
でも、個人的には、「場合の数」の力を伸ばすのでは~と感じています。
小学校算数で嫌われる代表選手「場合の数」も、こうしてパズルで気長に遊んでいると、
臆することなく”とっかかり”を見つけられるようになるのかもしれませんね。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
13:35 | 知育玩具、おもちゃ
comment(2)     trackback(0)

 100玉そろばんで算数遊び、百分率の基礎

ティッシュペーパーの箱に書いてある”100%パルプ”の表示を見ながら、抹茶は言いました。

「これって、『そうさ~、100%勇気~♪』の100%?」
「そうそう、忍たま乱太郎の歌と一緒だよ~」

二人でしばらく『勇気100%』を歌った後、再び抹茶の質問。

「ママは、『100%勇気』?」
「ママはそこまで勇気はないねぇ。ママの勇気は5%くらいかなぁ」
「少ないねぇ」

ふと、『あ、百分率を教える良いチャンスかな?』と感じ、少しだけ発展させることにしました。

「じゃあ、ママの優しい%と怖い%はどれくらいだと思う?50%優しくて50%怖いくらい?」
「う~ん、もうちょっと優しいかな~。70%優しい。30%怖い」
「じゃあパパは?」
「パパの方が優しいから、パパは90%優しくて、10%怖い」
「じいじ(父方の祖父)とSちゃん(叔母。主人の妹)は?」
「じいじもSちゃんも100%優しい」
「ばあばは?」
「ばあば(母方の祖母)も100%優しい」
「じいちゃん(母方の祖父)は?」
「じいちゃんは~、う~ん…、40%優しい。60%怖い」
「おっ、リアルな数字だねぇ。いいねぇ。じいちゃんはあんまり遊んでくれないもんね」
「そうそう、囲碁ばっかりしてるんだもん」

抹茶が楽しそうだったので、忙しい朝の時間だったにもかかわらず、押し入れからいそいそと
百玉そろばんを引っ張りだして来て、保育園の先生バージョンなども楽しみました。
抹茶がどの先生を怖いと感じているのかわかり、これがなかなか面白い。プププ。

CIMG1151.jpg

CIMG1152.jpg

ちなみに、百玉そろばんだと頭の中でイメージする労力をそろばんが肩代わりしてくれるので、
85%や15%という数字も出していました。
一度は「100%優しい」と言っていたばあばについても、「あ、でも、ばあばはたま~に怒るから、
99%優しくて1%怖いことにしよう」と呟いていましたヨ。

算数クイズでも2桁同士の問題を出来もしないくせに出題したり、お金を数えたりしているので、
少しずつ大きな数への感覚が良くなって来ているのかな~と感じています。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
16:40 | 算数
comment(2)     trackback(0)
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。