スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 100玉そろばんで算数遊び、百分率の基礎

ティッシュペーパーの箱に書いてある”100%パルプ”の表示を見ながら、抹茶は言いました。

「これって、『そうさ~、100%勇気~♪』の100%?」
「そうそう、忍たま乱太郎の歌と一緒だよ~」

二人でしばらく『勇気100%』を歌った後、再び抹茶の質問。

「ママは、『100%勇気』?」
「ママはそこまで勇気はないねぇ。ママの勇気は5%くらいかなぁ」
「少ないねぇ」

ふと、『あ、百分率を教える良いチャンスかな?』と感じ、少しだけ発展させることにしました。

「じゃあ、ママの優しい%と怖い%はどれくらいだと思う?50%優しくて50%怖いくらい?」
「う~ん、もうちょっと優しいかな~。70%優しい。30%怖い」
「じゃあパパは?」
「パパの方が優しいから、パパは90%優しくて、10%怖い」
「じいじ(父方の祖父)とSちゃん(叔母。主人の妹)は?」
「じいじもSちゃんも100%優しい」
「ばあばは?」
「ばあば(母方の祖母)も100%優しい」
「じいちゃん(母方の祖父)は?」
「じいちゃんは~、う~ん…、40%優しい。60%怖い」
「おっ、リアルな数字だねぇ。いいねぇ。じいちゃんはあんまり遊んでくれないもんね」
「そうそう、囲碁ばっかりしてるんだもん」

抹茶が楽しそうだったので、忙しい朝の時間だったにもかかわらず、押し入れからいそいそと
百玉そろばんを引っ張りだして来て、保育園の先生バージョンなども楽しみました。
抹茶がどの先生を怖いと感じているのかわかり、これがなかなか面白い。プププ。

CIMG1151.jpg

CIMG1152.jpg

ちなみに、百玉そろばんだと頭の中でイメージする労力をそろばんが肩代わりしてくれるので、
85%や15%という数字も出していました。
一度は「100%優しい」と言っていたばあばについても、「あ、でも、ばあばはたま~に怒るから、
99%優しくて1%怖いことにしよう」と呟いていましたヨ。

算数クイズでも2桁同士の問題を出来もしないくせに出題したり、お金を数えたりしているので、
少しずつ大きな数への感覚が良くなって来ているのかな~と感じています。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
スポンサーサイト
16:40 | 算数
comment(2)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。