スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 聴覚記憶と視覚記憶の凸凹

LD児の特徴とも言えますが、抹茶には聴覚記憶と視覚記憶に凸凹があります。
それは専門的な発達検査の結果を見るまでもなく、日常生活のはしばしに感じることが
できるものです。

「あのさ、前にばあばのお家に行った時、テレビで観た人…えっと…眉毛がこう…
両さん(こち亀)みたいな女の人、何て言うんだっけ?」
「え、誰だろう。ママもテレビを観てた?」
「観てたよ!ママとじいちゃんはこたつに入ってて、抹茶はソファに座ってて、
ばあばの隣にいたんだもん」
「そう…うーん、こち亀の両さんみたいな女の人の特徴は?」
「えっとね、あのね、こう、上は白くて、下は黒っぽいスカートで…
お姉さんが着てる服なのね。で、赤いネクタイみたいなのしてて、
髪は黒くて、こう結んでて(身振り手振り)、池に入ってワニを捕まえて、
ぎゃーって言ってた。隣には外国の人がいた」
「…ああ、わかった!イモトだね」
「そう!イモトだ~。あの人面白いよねぇ」

…それほど克明に映像を覚えているのなら、「イモト」の一言くらい覚えられないのだろうか…
と思うわけですが、覚える気はないらしい。

そして、こんなことはしょっちゅうで、4歳半頃にはこんなこと↓もありました。

「そういえば、抹茶はママのお兄ちゃんを知らないでしょう?
1歳の時に会っただけだから」
「え?覚えてるよ。じいちゃんが入院した時に会った人でしょ」
「あ、そうかそうか。じいちゃんが入院した時に会ってるね。
数ヶ月前のことなのに、すっかり忘れてた」
「白いTシャツでここ(お腹)に英語が書いてあったよ。
袖は紺色でね、Gパン履いてて、スニーカーだった。
壁の方に立ってた。Tちゃんに廊下を走るな~って怒ってたよ。
でね、帰る時雨が降ってたんだけど傘がなかったから、ママ、
ママの傘に入れてあげてたでしょ?」

視覚記憶は強くて、本当に細かなことまで(覚えんでいいことまで)覚えています。
でも、その分聴覚記憶は恐ろしく悪い…。
『え!こんなことも知らないのか!』と驚愕することも度々です。

4歳後半頃、ふと思い立って「パパの名前、な~んだ?」と聞いたことがあるのですが、
抹茶はテヘッと照れ笑いを浮かべながら、「え、なんだっけ~。忘れちゃった!」と…。
た、たしかに、主人を名前で呼ぶ人はじいじくらいだけど…だけど…きちんと教えたのに~!
と力が抜ける私です。
私の兄の服装は覚えんでいいから、父親の名前くらい覚えてあげて…と、思います。とほ。

そういえば、算数クイズの時間には、自分のおでこを指差しながらこんなこと↓
も呟いていましたね…。

「答えわかるんだけどね、えっとね、忘れちゃった。これって、”14”だっけ?”40”だっけ?」
「へ?」
「だから、ここ(おでこ)の数字、なんて言うんだっけ?」
「?い~ち、に~い、って数えてみれば?」
「ああ…うん、えっと…」

と、最初から数え上げてはじめて”40”という答えを導きだしました。
おかしいと思いますよね。
普通、勘違いをするのであれば”14”と”41”…というお子さんが多いはずです。
けれども抹茶は違う。
なぜなら、抹茶には”じゅうよん”と”よんじゅう”という音の方が混同しやすいものだからです。

主人にこのことを伝えると、「あ~、わかるなぁ。音そのものに気が向かないんだよ。
頭の中で見えてるからさ」とのこと。
いや~、親子共々THE・言語性LDで共感し合ってるな~、主人は抹茶の最大の理解者だな~と
つくづく感じます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
06:38 | 娘について
comment(0)     trackback(0)

 段ボールハウス

マシンを修理に出したら、大きな段ボールに入って帰って来ました。
抹茶はその中に入って、キャッキャッキャッキャッと嬉しそうに遊んでいたので、
「この段ボールで明後日の日曜日にお家を作ろうか!」と声をかけると、更に興奮。

「うわ~!どうしよう、えっと、ここをドアにして…、
あっ!こっちの段ボールも使えば、お屋根が作れるよね~。
そうだ!煙突とか、窓とか、台所とかも作る!
うわ~、すっごく楽しみだな~!
ママ、ありがとう!あ~でも、ドキドキして眠れないよ~」

段ボールハウスを作ろうと声をかけただけで、極上の「ありがとう」。
そこまで言われたら、自然に親も「いっちょやるか!」という気になります。
日曜日は朝から3時間、ぶっ通しで作りましたよー。

5歳児が二人入れる大きさです。(キツキツなら三人いけるかな?)

CIMG1184.jpg

カッターを使わなければならない作業が多いので、力仕事は私が担当しましたが、
抹茶のアイデアをそのまま形にしました。

建築デザイン:抹茶
施工:私

といったところでしょうか。

当初は抹茶のリクエスト「ドア、屋根、煙突、台所」だけの予定でしたが、
作っていくうちにどんどん新たなアイデアが湧いてくるらしく、色々追加しています。

こちら窓とカーテン。
「このビニール、窓みたいだよね。あっ!この布(梱包材)、カーテンに使えそう!」とは抹茶談。
ちゃんと、朝にはカーテンを開けて、夜になると閉めていましたよ。

CIMG1185.jpg

窓。
こちらの窓も御丁寧に透明ビニールが貼られています。
窓辺に干された洗濯物もリアルな生活感を演出していて笑えます。
こういったアイデアは子どもならではですね。

CIMG1186.jpg

花置き。
「あ!、お花を置くところ作りたいから、ママ作って!抹茶はその間にお花作るから!」
と言い放ち、折り紙でささっと作ったお花。
お花は抹茶オリジナルデザインだそうです。

CIMG1187.jpg

じょうろ。
「芽が出たところなの。お水をあげなきゃいけないでしょ。ママ、じょうろ作って!」
と命じられたので、簡単に作ってみました。
私はこういう時、下手でも何でもとりあえず形にする事にしています。
手作りのものだと見立てようとする力が湧いてくるのか、
「水色の紙テープでお水を表現しよう~」などと言いますしね。

CIMG1188.jpg

玄関ドア。
新聞受けがこれまたリアルな生活感を演出。
マンション住まいならではか。

CIMG1189.jpg

照明。
懐中電灯を強引につけてあります。
これは主人のアイデアですね。

CIMG1190.jpg

プーさんのお食事風景。
テーブルには可愛らしいラッピングペーパーをかぶせ、ランチョンマット風に。
ひっくり返すとテレビに早変わりします。

CIMG1191.jpg

台所。
水を使わないときは紙テープを手でしまうアナログ仕様です。
フライパンやまな板、包丁、菜箸も段ボールで作りました。
ちなみに、この台所用品を片付けてテレビを載せれば、リビングボードに早変わり。

CIMG1193.jpg




この段ボールハウス。
一時期は、お気に入りのタオルケットや枕を持ち込み、居心地の良い空間を作る事に
余念がありませんでした。
この中でお昼寝をしていたこともあります。

けれど、作ってから一ヶ月も経つと興味も失せたのか、「もう捨てていいよー」と、
ドライな抹茶。
どうせ捨てるなら、その前に河原へ持っていって、写真を撮ろうかな。(笑)

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
09:45 | 図工
comment(2)     trackback(0)

 絵画模写?

久しぶりの更新です。
溜まっていた仕事を片付けて、やっと時間が出来ました。

最近の抹茶は…というと、相変わらず、毎日のように絵を描いています。
基本的には鉛筆やクーピー、マーカー等、お手軽な画材で描いていますが、
先日は絵の具を引っ張りだして来て、こう言いました。

「ケイコさんみたいに描く!」
「へ?ケイコさんて誰?」
「しまちゃんに出てきて絵描いてる人。ママ、DVDつけて!ケイコさんのとこ!」

最近、お友達から「こどもちゃれんじ(すてっぷ2月号)」のDVDを借りたので、
それのことを指していた模様。
ちなみに、ケイコさんは絵の描き方(お手本)をただ黙々と見せてくれる方でして、
下手に言葉で説明しない分、抹茶にはぐっときたのでしょう。

「ね~、この色は、どうやって作ればいいの?抹茶のはちょっと違うんだけど…」
「少し彩度を落とさないと似た色にならないかな。茶と紫を少し混ぜればいいかも」

この程度のアドバイスはしましたが、基本的には抹茶一人で色も決め、
ケイコさんの作品に近づくよう、真剣!に描いていました。

完成品がこちら。
ケイコさんの作品とかなり似ています。(親バカ)

CIMG1227.jpg

抹茶は他人の評価をあまり気にしない子ですが、自分自身で「これはいけてる!」と
感じた作品に関しては、自分からコルクボードへ貼りにいきます。
この作品も、栄誉あるコルクボード行きでした。プププ。

そして、「ね~、ケイコさんと比べてどこが良いと思う?」などと聞くのです。

「そうだね~、雲の表現は抹茶の方が良いんじゃない?かすれ具合とか良い味が出てる」
「抹茶はね~、ここ(草原)の色をこっちとこっち(右と左)で変えたところが
良いと思うんだよね~。ケイコさん一緒なんだもん」
「ああ、そうだね。色数が増えると深みが増すよね」
「じゃあね、ケイコさんの方がいいところは?」
「車と池はケイコさんの方がいいかな~」
「ああ~、車はね~、クレヨンで奇麗に描けなかったんだよね。手に付いちゃったの。
でも、抹茶はね、池はね、ケイコさんより良いと思うんだよね~」

いやはや…ものすごい自信で驚きます。(笑)

もちろん、絵画教室で習っている子に比べたら、画力は低いでしょう。
でも、抹茶の『描きたい!描くんだ!』という気迫や自分の作品を客観視する姿勢は
なかなか頼もしいものがあり、私は好きです。

結局、創作する上で一番重要なことは、『上手っぽく見えるテクニック』ではなく、
この姿勢だと思うので、その意味では、抹茶は素地を持っているな~と感じています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
13:19 | 図工
comment(2)     trackback(0)

 年長さんに進級しました。

抹茶は、本日4月1日より年長さんに進級しました。
保育園は幼稚園と違い、春休み無し+クラス替え無しなので、
「進級!」という感は薄いものの、先生から有り難いお言葉があったらしく、
気分も新たに頑張ってくれるらしい。(笑)

これから一年間、担任の先生&クラスのお友達みんなと成長していってほしいと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
17:06 | 日常
comment(5)     trackback(0)
back | HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。