スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 聴覚記憶と視覚記憶の凸凹

LD児の特徴とも言えますが、抹茶には聴覚記憶と視覚記憶に凸凹があります。
それは専門的な発達検査の結果を見るまでもなく、日常生活のはしばしに感じることが
できるものです。

「あのさ、前にばあばのお家に行った時、テレビで観た人…えっと…眉毛がこう…
両さん(こち亀)みたいな女の人、何て言うんだっけ?」
「え、誰だろう。ママもテレビを観てた?」
「観てたよ!ママとじいちゃんはこたつに入ってて、抹茶はソファに座ってて、
ばあばの隣にいたんだもん」
「そう…うーん、こち亀の両さんみたいな女の人の特徴は?」
「えっとね、あのね、こう、上は白くて、下は黒っぽいスカートで…
お姉さんが着てる服なのね。で、赤いネクタイみたいなのしてて、
髪は黒くて、こう結んでて(身振り手振り)、池に入ってワニを捕まえて、
ぎゃーって言ってた。隣には外国の人がいた」
「…ああ、わかった!イモトだね」
「そう!イモトだ~。あの人面白いよねぇ」

…それほど克明に映像を覚えているのなら、「イモト」の一言くらい覚えられないのだろうか…
と思うわけですが、覚える気はないらしい。

そして、こんなことはしょっちゅうで、4歳半頃にはこんなこと↓もありました。

「そういえば、抹茶はママのお兄ちゃんを知らないでしょう?
1歳の時に会っただけだから」
「え?覚えてるよ。じいちゃんが入院した時に会った人でしょ」
「あ、そうかそうか。じいちゃんが入院した時に会ってるね。
数ヶ月前のことなのに、すっかり忘れてた」
「白いTシャツでここ(お腹)に英語が書いてあったよ。
袖は紺色でね、Gパン履いてて、スニーカーだった。
壁の方に立ってた。Tちゃんに廊下を走るな~って怒ってたよ。
でね、帰る時雨が降ってたんだけど傘がなかったから、ママ、
ママの傘に入れてあげてたでしょ?」

視覚記憶は強くて、本当に細かなことまで(覚えんでいいことまで)覚えています。
でも、その分聴覚記憶は恐ろしく悪い…。
『え!こんなことも知らないのか!』と驚愕することも度々です。

4歳後半頃、ふと思い立って「パパの名前、な~んだ?」と聞いたことがあるのですが、
抹茶はテヘッと照れ笑いを浮かべながら、「え、なんだっけ~。忘れちゃった!」と…。
た、たしかに、主人を名前で呼ぶ人はじいじくらいだけど…だけど…きちんと教えたのに~!
と力が抜ける私です。
私の兄の服装は覚えんでいいから、父親の名前くらい覚えてあげて…と、思います。とほ。

そういえば、算数クイズの時間には、自分のおでこを指差しながらこんなこと↓
も呟いていましたね…。

「答えわかるんだけどね、えっとね、忘れちゃった。これって、”14”だっけ?”40”だっけ?」
「へ?」
「だから、ここ(おでこ)の数字、なんて言うんだっけ?」
「?い~ち、に~い、って数えてみれば?」
「ああ…うん、えっと…」

と、最初から数え上げてはじめて”40”という答えを導きだしました。
おかしいと思いますよね。
普通、勘違いをするのであれば”14”と”41”…というお子さんが多いはずです。
けれども抹茶は違う。
なぜなら、抹茶には”じゅうよん”と”よんじゅう”という音の方が混同しやすいものだからです。

主人にこのことを伝えると、「あ~、わかるなぁ。音そのものに気が向かないんだよ。
頭の中で見えてるからさ」とのこと。
いや~、親子共々THE・言語性LDで共感し合ってるな~、主人は抹茶の最大の理解者だな~と
つくづく感じます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
スポンサーサイト
06:38 | 娘について
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。