スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 3歳8ヶ月なりの思考力

記事を書いていて気付いたのですが、3歳8~9ヶ月頃は、抹茶の思考力?が、
「抹茶なりに」伸びた時期なのかもしれません。
実際、この頃から、先を見通し論理的に話す機会が増え始めました。

お風呂に入れば、質問してもいないのに、

「このスポンジを奇麗にするにはね、こうやって手でぎゅっと絞るの。
そうすると、泡とお湯と空気が出るでしょう?
そうしたら、こうやって(流水の中にスポンジを入れながら)、同じ事を何度か繰り返すのよ」

また、レゴで遊べば、

「黒の3ポチ(「ポチ」は抹茶用語。1×3のブロックのこと)を探しておいて。
1ポチと2ポチでもいいんだけど」

こんな些細な事でも、論理的に状況を説明したり、先々必要になる物を人に伝えたり
ということはそれまでの抹茶になかったことです。
相変わらず「さ」と「ち」を読み間違えたり、ドッツもぱっとしない時期で、
「目に見えるような成長」はなかったのですが、抹茶は成長していたのかもしれません。

物語への疑問を口にするようになったのもこの時期なら、初めて折る「やっこさん」でも
左右対称を予測し、自分で折り進められるようになったのもこの時期。
「坊主めくり」「ババ抜き」「神経衰弱」などの「ルールがあるゲーム」を楽しめる
ようになったのもこの時期。
今、算数遊びの過去記事を読んでみましたが、なんと「わんぱくぶっく」でも「見通し」を
つけられるようになっていたのですね。

* はじめての読解?「こんとあき」
* 「わんぱくぶっく」で算数遊び、1~12

こうして冷静に振り返ってみると、全ては繋がっているのだと感じます。
そして、その「繋がり」の最初にあるものは、行動を伴う言葉なのではないかと
思うのです。私の場合、抹茶のちょっとした言葉をきっかけにして知育的な取り組み?
を開始しますが、子供の言葉に注意を向けると、大体「こんなことができそうだな」
「これはまだ無理そうだな」とわかり、大体はずさないような気がします。

幼児教育において、もっとも大事な事は会話だと言われていますが、
それは「会話で知識を与える」よりも、「子供の言葉に耳を傾け、教育をオーダーメードすること」
なのではないか、と感じています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

07:22 | 娘について
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/105-e5ae2ef7
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。