スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 節分

昨日、2月3日は節分でしたね。
抹茶も保育園で豆まきを楽しんできました。
先生方が鬼に扮した姿は思いのほか恐ろしかったようで、
怖がりの子は怯えていたようです。
帰宅後に抹茶も「赤鬼は怖くなかったけど、青鬼は怖かった…」
と言っていました。
いや~、青鬼に扮した先生は、なかなか役者ですね。

そして、我が家でも、ささやかに節分行事を楽しみました。
夕食はもちろん恵方巻きです。
この恵方巻き、戦後にいったん廃れてしまったようですが、
1973年から大阪で海苔の販売促進行事として定着。
そのイベントをマスコミが取り上げたことで関西に広がり、
その後コンビニで販売されると全国へ普及したようです。
私は関東人なので、恵方巻きを口にしたのはつい最近…
といった感があります。
大阪商人やコンビニの戦略にまんまとはめられているわけですが、
縁起物ですから、これはこれで良しとしましょう。

恵方巻きを食べる際には、せっかくの機会だからと、方位磁石を取り出して、
今年の恵方「東北東」を探しました。
軽く方位の話もしてみたのですが、抹茶は案の定きょとんとした表情。
まぁ、こんなものです。

それにしても、恵方巻きを食べる習わし…これ、幼児にはまず無理ですよね。

「恵方巻きは、その年の恵方に向かって目を閉じて、一言も喋らず食べるんだよ。
そして、その間願い事をするの」

言ってはみたものの、「目を閉じて一言も喋らず」なんて無理無理。
雰囲気だけです。

夕食後には恒例の豆まきですが、ご近所迷惑を考えると、あまり大きな声で
「鬼は~外!福は~内!」と叫べません。
形だけになってしまいましたが、一年間の無病息災を願って豆をまきました。

ちなみに、今年のお面は、抹茶が保育園で作ってきたものを使用しました。
絵は、先日家で描いたものです。(さりげに金棒を持っています)
しかしながら、抹茶の描く鬼はちっとも怖くありません。

CIMG0162.jpg CIMG0134.jpg



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
10:57 | 日常
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/110-378718db
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。