スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 我が家の絵本册数

我が家に絵本は何冊あるのか…
結構な数なので、詳しく数えた事はないのですが、ざっと500冊以上でしょうか。
図鑑や子ども百科事典を入れると、もう少し増えます。
この500冊という数が多いのか少ないのか、私には知る由もないのですが、
抹茶の本棚を見た方は、みなさん口々に「すごい数の絵本だね~」とおっしゃるので、
多い方なのかな、と思います。

とは言っても、抹茶は何も習い事をしておらず、その面ではお金がかかっていないので
絵本はその代わりに与えている形、となります。

そうなのです。
自己紹介にある通り、我が家は何の習い事もしてきませんでした。
4人に1人(5人に1人?)が受講しているともいわれている、
「こどもちゃれんじ」すらとっていません。
現在、習い事(通信教育含む)をしている幼稚園児は7割にものぼるそうです。
幼稚園年長さんともなると、2つ以上の習い事をしている子は約半数。
多いですね。

そんな教育事情の中、抹茶には小学校まで何もさせない予定の我が家…
その理由はいくつかありますが、一番大きな理由は「時間」です。
抹茶は保育園児のため、基本的に時間がないのです。
土日は時間も取れますが、たまの休みくらいお友達と遊んだり、
好きな事をさせてあげたいと考えています。
もちろん、これから抹茶が強く望めば、一つくらい土日の習い事を
入れるかもしれませんが、今のところ予定はありません。

習い事1種類のお月謝は、5千円~1万円程度ですから、我が家の場合、
その分全てが絵本代となり、こうすることで1ヶ月に5冊以上は購入している形に
なるでしょうか。
もちろん、図書館を賢く利用すれば、このお金も節約できるのですが、
私は「古本でもいいから、本は買うもの」としているため、ついつい財布の紐が
緩くなってしまいます。
(絵本は私も大好きなので、買う事によりストレス発散をしている感も否めませんが!)

これから少しずつ、選定図書やほるぷ図書館選定の「お墨付き絵本」にとらわれない
絵本の紹介をしていけたらな、と思っています。
(あ、もちろん私と娘の主観ですよ!)

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
10:44 | 絵本
comment(6)     trackback(0)
comments
是非お願いします!!!
我が家も絵本が大好きで、読んだ絵本を記録しています。抹茶母さんと抹茶ちゃんのお気に入り絵本、たくさん紹介して下さいね♪ 心待ちにしています。
2009/02/05 22:55 | | edit posted by アイリーン♪
アイリーンさんへ
コメントありがとうございます。

最近では、ネットで情報を仕入れやすくなりましたし、「絵本ガイド」なる本も売られていますよね。
そんな中、私のような素人の絵本紹介はちゃんちゃらおかしいので、絵本日記としてとらえて頂ければ
と思います。
絵本の紹介記事を書くのは意外と難しいため、頻繁に記事を書くことは無理そうですが、これから
少しずつ増やしていきますね。

それにしても、いえやはりというべきか…
「お墨付き絵本」は、はずれが少なく抹茶のお気に入りも多いようです。
う~ん、さすがですね。
2009/02/06 09:34 | | edit posted by 抹茶母
絵本、500冊すごいですね。
我が家ではその半分くらいかな。図書館でも借りたりしてます。

>「お墨付き絵本」は、はずれが少なく抹茶のお気に入りも>多いようです。

家の子供たちもはずれないですね。ロングセラーにはわけがあるようです。ちなみに、娘は福音書店の「おおかみと7匹の子やぎ」が一時ブームで10回くらい読まないとなっとくして寝てくれないときがありました。
理由を聞くと「お母さんヤギが子ヤギをとってもかわいがっているから」らしいです。
絵も地味だし最後は残虐なところもあるのに、と私は思っていたのですが意外でした。
というか、私にお母さんヤギのようになってね!という娘のメッセージだったのか!?

抹茶ちゃんの好きな絵本も是非教えてくださいね。
2009/02/06 22:38 | | edit posted by ちびまる子
ちびまる子さんへ
コメントありがとうございます。

「おおかみと7匹の子やぎ」は、抹茶も大好きでした。
私も『この残虐さは…』と思っていましたが、子どもは、あの結末でないと安心できない
のだと、専門家の方がおっしゃっていました。
昔話には残虐性の高いものも多々ありますが、それは意味のあるものなのかもしれませんね。

抹茶の好きな絵本は、やはり良書といわれるものが多く、その点ではつまらない記事になるかと
思います。
私のブログを読んでくださる方に、今更「林明子さんの絵本」「エリック・カールの絵本」と
書いても、『……』だと思うので(笑)、絵本記事は本当に難しい~と感じます。
あまり気にすることなく、書いていこうとは思っていますが!
2009/02/07 07:45 | | edit posted by 抹茶母
絵本の数、すごいですね!うちも私が好きで買うことが多いです。(やはりストレス解消の感があるのですが)7匹の子ヤギの話ですが、うちの息子は福音館の本は怖いと言って買えませんでした。ストーリーはテレビで見て知っていると思うので、絵が怖かったようです。ちなみに息子は「せんたくかあちゃん」ですら怖いと言って嫌がります(これは鬼が嫌?)でも、レオーニやふくだとしおさんのようなかわいらしい絵もそれほど好きでなく・・なかなか難しいですね(笑)
2009/02/08 15:28 | | edit posted by ゆう
ゆうさんへ
コメントありがとうございます。

たしかに福音館の絵柄は今風でないものも多いので、お子さんによっては「怖い」と
感じてしまうかもしれませんね。
そういえば、抹茶も「怖い」といって見ない絵本が何冊かあります。
福音館だと「きつねのホイティ」は見ませんね。
個人的には、ほるぷ出版から出ている「3びきのくま」(ポール・ガルドン)に登場する
キャンディちゃんの方がよほど怖いと思うのですが。(笑)

ちなみに、抹茶もレオニの絵本をあまり喜びませんよ~。センダックもベルジュイスもしかり。
(私は好きなんですけどね)
抹茶は、林明子さんやかこさとしさんなど、国内の人気作家さんの絵柄が好きなようです。
技術的な面だけでなく、子どもの心情に合わせた絵柄や細かな心配りが多くの子を惹き付けるのかな
と思います。
2009/02/08 17:13 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/111-22f46097
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。