スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 遺伝子***その2

てんてんさんからコメントを頂き、「遺伝子」の記事について、もう一度振り返りました。
遺伝子とはかけ離れてしまう内容ですが、少し補足させてくださいね。

てんてんさんから頂いたコメント(一部抜粋)



おっしゃるように、フタをしてしまいたいような私達親の嫌なところが
子供に見えたとき、なんとかして白にしてあげたいというお節介な気持ちにもなりますが、
挫折や困難を経験して自分で気づいてこそ自分の「白」の部分が白いことを実感し、
「グレー」の部分もひっくるめて自分自身を大切にできるのかもしれませんね。 




前回の記事に書いた「グレーをグレーだと認識し、自分の中にきっとある白を探し出す事」
とは、いってみれば「近道」です。
もし若くして「近道」を見つけられたなら、人生において有利に働くでしょう。
「勘違い」をして遠回りをすると、貴重な時間が過ぎ去っていきます。

極論をいえば、抹茶が「ファッションモデルになりたい!」と決意したところで、
その道はいばらの道なのです。
どう贔屓目に見たところで、いばらの道に変わりありません。
もちろん、容姿に恵まれなくともモデルにはなれますが、その「枠」は圧倒的に少ない。
整形するという裏技?もありますが、整形手術のためにお金を沢山用意しなければならず、
それはそれで大変です。
結局、モデルの他、バレリーナや体操選手など、生まれ持ったスタイル・身体能力を
要する仕事…遺伝子が大きく作用する仕事…にいくら強い憧れを抱いたところで、
無理である可能性が高いのです。

抹茶もその程度の現実は、この先理解していくと思います。

モデル、バレリーナ、体操選手は、抹茶にとって「黒」です。
「黒」を自己の中に見つけるのは、そう難しくありません。
難しいのは、やはり「グレー」。
しかも、「白に近いグレー」です。
私が大学受験に失敗したのは、この「白に近いグレー」を「白」だと勘違いしたことによります。
周囲も「白」だと認めてくれた「白」を、「グレー」だと認めること。
これは、当時の私にはできないことでした。
唯一私の母だけが、「それは白でなく、グレーよ」と助言してくれていたのですが、
当時の私は耳を塞いでいました。
「白」であることに妙な憧れを抱いていた私は、意固地になっていたのです。
いえ、正確にいうと、後戻りするのが怖く、薄々感づいていた「グレー」という現実を
認めたくなかっただけなのかもしれません。

そんな中、受験に失敗したのは、自明の理でした。
前回の記事でも書きましたが、この挫折で実に様々な点がクリアになり、
今では、「合格しなくて良かった」とすら思います。
負け惜しみでもなんでもなく、心底そう思います。
仮に合格していたら、更なる「勘違い」の道へ突き進み、いまだに「グレー」を「白」
だと認識しているかもしれない…と思うからです。
そんな経験からか、私は多くのお母さん方のように「我が子のグレー部分を白にしたい」
とは思いません。
「我が子のグレー部分をクリアにしたい」とは、ついつい考えてしまうのですが…

しかし、よくよく考えてみると、これもおせっかい、過保護ですね。
無意識に「私の二の轍を踏ませないよう」、「近道」を教えてあげたいと願っている証拠…
とも言えます。
「グレーだと認識できず、白へ近づけるため懸命に努力する姿」も、真剣すぎるほど
真剣であるのなら、その行為自体が白なのでしょう。
逆に言えば、そういった「勘違い」が白をより白く輝かせることになるのではないかと
思うのです。
大学受験や就職試験に照準を合わせた場合、「勘違い」は命取りですが、
長い目で人生を見つめるなら、何事にも無駄はありません。
なおみ先生もおっしゃっていましたが、自分の、そして子どもの到達点を「最終学歴」や
「就職先」に決めるのは、安易です。

こうして考えてみると、親が子どもにしてあげられることなんて本当にわずかで、
それは「待つ」という一言に集約されるのかもしれませんね。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
15:04 | 未分類
comment(10)     trackback(0)
comments
いつも奥が深いわ~。

子供が白でもグレーでもその色でええやんか。

と思えることですね。それを見守れるかしら。

私も自信がないっす。きっと、「それは黒やから、やめとき!」と言ってしまうわ。

なおみ先生の記事で、娘さんを見守ってはる様子を見て、私にできるかなぁと考えてました。

ってか、たまに悩むけど、最近やっと自分で黒やグレーの部分を受け入れ楽しめるようになりましたから・・・。
2009/02/16 19:10 | | edit posted by ママラッチ
ママラッチさんへ
いつもコメントありがとうございます。

親はついつい「それは黒やから、やめとき!」と言ってしまいがちですよね~。
私だって、抹茶が「女優になる」と言い出したら、『おいおい、それは厳しいだろう…』と思います。
どう考えても「黒に限りなく近いグレー」ですからね…
でも、これって親の「気遣い」とも取れるし、「過保護」とも取れるわけですよね。
その境界線をどこに引くのかは人それぞれで、親が100人いれば100通りの線引きがあるのかも
しれません。個人的には、できるだけ「線引き」はしたくないなぁと思っていますが…

そういえば、「伝染るんです」(吉田戦車)という古い漫画の中に
「アメリカ人(だったかな?)になりたい日本人少年」というネタがありました。
少年は、国籍だけでなく肌の色から髪の色までアメリカ人になりたいわけですよ。(笑)
これなんて「線引き」を皮肉っている面白い話だな~と思います。

2009/02/16 21:15 | | edit posted by 抹茶母
またまた失礼します。
そうですね~。
親の過保護なアドバイスも時にはありがたいですしね。
線引きの答えはないでしょうね。
でも、まぁいつどう転んだとしても、自分で学べる子にはなってもらわねば。挫折して、誰かのせいにして、くさってるようでは困るから・・。

伝染るんです。懐かしい。
かわうそくん好きでした。かぶと虫の斉藤さんもシュールで。流行りましたよね。同じ年代?!
2009/02/16 22:49 | | edit posted by ママラッチ
ママラッチさんへ
コメントありがとうございます。

>挫折して、誰かのせいにして、くさってるようでは困るから・・。
いや~、私が望むのはこれだけですよ。
そうならないように育てるのが、育児の本流ですかねぇ。

>同じ年代?!
4歳児が第一子なので、数年の差はあれ、同年代の確率は高いかもしれませんね。
ちなみに私は30代です。ドモホルンリンクルを使えるそうです。いやん。
2009/02/17 10:23 | | edit posted by 抹茶母
こちらやなおみ先生のところで書いたコメントを読み返してみると、お恥ずかしい限りですが、ちゃんと真意を読み取ってもらえて、記事にまでしていただいて嬉しいです。ありがとうございます。

運動会でビリだった次男も「サッカー選手になる!」と言った事があり、無理無理~と思いながらもおそらく抹茶母さんのおっしゃるように、本人がすぐに気づくだろうという思いからか心の声は口にせず、笑ってその会話を楽しみました。
これが「グレー」だと「難しいよ」と先入観を与えたり、私がいいなと思うことならもっとその気にさせるようなことを言ったり、その時の気分で言葉かけが違っていたのかなと思いました。

今回の記事を読ませてもらって、抹茶母さんは受験で挫折を経験されたことで、ご自身で得た気づきが抹茶母さんの大きな自信となって、今の素敵なお考えの抹茶母さんがいるんだなぁと思いました。そんなお話を聞くと子供には多少遠回りをしても、失敗してもいいからそこから何かを気づいて成長してくれたらとあらためて思いました。
そんな子供の成長を感じることができた時、母として大きな喜びを感じる瞬間かもしれませんね。

ただ、自分がうまくいかなかったことに子供が興味を持ち、それが親の勘でこの子も自分と同じと思えた時に、二の轍を踏ませたくないと思うのは当たり前のことですよね。その時に親として経験した思いを伝えることで、諦めるか、それでも挑戦するか、選択するのは子供自身で、なおみ先生がブログでいろんな経験を伝えてくださるように「事前に知って注意深くなることで、自分よりはうまくその道を通ることができるだろう」という子供への思いはきっと伝わるんでしょうね。たとえ遠回りをしたとしても、子供の力を信じて「待つ」ということ、私もとても大切だと思いました。

でも・・・今の段階で親としてできることとなると、成長の中で「白」の部分を見つけてあげて、子供が気づいて自信になるよう導いてあげた結果、少しでも近道にしてあげられたらいいなという気持ちはやっぱりあります。
そのためには子供のタイプの見極めが大きな課題で、直感のない私にとってとても難しいことなのですが、おかげさまでやっとぼんやり子供タイプが見えてきたような気がします。(長男は内向感覚型、次男は外交感情型のような・・・)
まだまだ勉強中なのでまたヒントを下さいね!

まとまりのない文章を長々と書いてすみませんでした。

今回のお話は私にとって大きな収穫でした。
抹茶母さん、ありがとうございました。


2009/02/17 20:44 | | edit posted by てんてん
てんてんさんへ
コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまい、すみませんでした。

>成長の中で「白」の部分を見つけてあげて、子供が気づいて自信になるよう導いてあげた結果、
少しでも近道にしてあげられたらいいなという気持ちはやっぱりあります。

そうですね。この気持ちは私の中にもあります。
抹茶の場合だと、「容姿、身体能力を要する仕事」は黒ですし、「瞬発力を要する仕事」は、
黒に近いグレーなので、彼女の育ちの中で、私がその仕事をすすめる事はないような気がします。
きっと、そういった親の「線引き」は、抹茶も薄々感じるでしょうね。

本当は「一切の親のサポートや導きなしに、白を見つめられる子」であってほしいのです。
でも、これは諸刃の剣で、白を見つけられぬまま育つ可能性もある…
となると親は「子どもの白を見つけて近道へ導くのではなく、自己を客観視できるように導く」
方が良いのかな、と感じます。もうワンクッション遠いイメージ…でしょうか。
親が出来る事は、自己の客観視へと向かう言葉掛けと、様々な書物との出会いを作ってあげること。
個人的には、この程度の関わり方、干渉の仕方が好きです。

でも、これで白を見つけられる子というのは、えてして早熟で、それこそ資質やタイプに左右される
のかもしれません。…難しいですね。(苦笑)
2009/02/19 08:00 | | edit posted by 抹茶母
先ほどは知らずに管理人のみ閲覧できますにチェックを入れて送信してしまってすみませんでした。
長くなりますが再度同じ内容で投稿させていただきますね。

ホントに度々お邪魔してすみません。。

「それこそ資質やタイプに左右される」
おっしゃるとおりだと思います。
息子二人はADHDという発達障害があるのと、タイプも関係しているのかもしれませんが 二人とも物事を見極めることが苦手なので、導いてあげる必要を感じているのだと思います。というより本当はわかりやすく教えてあげなければいけない子達なのかもしれませんが、できるだけ自分で気づく、発見することで喜びと自信を感じてほしいという親の願望があります。そのへんのことは今本当に模索しているところで、実はなおみ先生のレッスンを受けて私も導いてもらおうと思っています。
抹茶母さんはきっと抹茶ちゃんを見ていて「一切の親のサポートや導きなしに、白を見つめられる」力を持ち備えていることを感じていらっしゃるんでしょうね。いつか抹茶ちゃんはその力で気づくお子さんのような気がします。

また、子供の資質の前に私自身の資質も物事見極めることが苦手なんだと思います。だからこそ、いつも抹茶母さんやなおみ先生のところで見極め方のヒントのようなものを求めてしまうのかもしれません。

最後に繰り返すようですが、子供に最終的に求めていることは、生きていく力を身につけてほしいということで、そのために自分の持っている「白」を知り、自信を持つことで「黒」や「グレー」の部分も受容してしっかり自分と向き合って、強く、楽しく生きていってほしいという思いは抹茶母さんも私も、他のお母さん達も同じなんでしょうね。

実は私もブログをはじめてみようかと思い、とりあえず形にしてみました。全くわからない状態でしたので、こちらのブログを少し参考にさせていただきました。
まだ何が何かさっぱりわからず、リンクって?という状態です・・・
考えていることを文章にするのが苦手でなかなかすすまないと思いますがまたよかったら時々覗いて下さいね。

http://moriebisu.blog73.fc2.com/
2009/02/19 16:13 | | edit posted by てんてん
てんてんさんへ
コメントありがとうございます。

てんてんさんがおっしゃるように、ADHDのお子さんには、親の導きが必要になってくると思います。
ADHDの子特有の「白」や「グレー」は、普通の子以上にくっきりとしている場合も多いのでしょうが
そのくっきりとした長短所を本人が全く気付いていない場合、「遠回り」どころか自身を失ってしまいかねない…。難しいですよね。悩んでいるというお気持ちも頷けました。
しかし、虹色教室へ行かれるのでしたら、なおみ先生にアドバイスして頂けるでしょうし、
てんてんさんでしたら、お子さん達により良い選択をしていけると思います。

私は発達障害に詳しくはないのですが、なおみ先生の記事を読むと、
「ADHDは集団生活に困難な分、類いまれな才能を持っているな~」といつも感じています。
神様からのギフトですよね。
誤解を恐れずに言うならば、私はこういった「ちょっと偏りのある人」が大好きです。
私自身は善くも悪くもバランス派なので、余計惹かれます。

コメントに関しては、気にしないでくださいね。
コメントは、長かろうが度々だろうが、本当に嬉しいものなのです。
てんてんさんもブログを始められたとの事なので、ご理解して頂けるかと思いますよ~。
ブログ、応援しております。
2009/02/19 17:00 | | edit posted by 抹茶母
いつもながらに抹茶母さんのおっしゃることはとってもわかりやすく、まるで私の中のモヤモヤを解説していただいているよです(笑)ありがとうございます。
子供がADHDとわかったことで私自身にもその傾向がある
ことが自覚できているのですが、自分はともかく、子供に対する考えにに迷いやぶれがあり、少し焦りがあったように思います。抹茶母さんの言うとおり、これでは子供どころか「私自身」を失ってしまいますよね。
行き着くところはまず自分自身なのでしょうね。

2009/02/19 19:23 | | edit posted by てんてん
てんてんさんへ
コメントありがとうございます。

そうですね、行き着くところは、結局自分自身なのかもしれません。
「子育ては自分育て」でしたっけ。(by七田?)

でも、てんてんさんのお子さん達は幸せですね。
これだけ真剣に子どもについて考えているお母さんは、そういないのでは?と思いますよ!
我が子を理解したいというてんてんさんの思いが、良い親子関係を築いていく力になるのでしょうね。
2009/02/20 09:46 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/121-97398ffd
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。