スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 子供の自発性を優先させるということ***その2

これで最後です。
もう少し、おつきあいくださいね。

今は抹茶も少し大人になったので、こういった事は減ってきましたが、
時折この問題を思い出します。
そして、私達も子供に大して偉そうな事は言えないのだ…と、つくづく感じるのです。

私と主人はフリーで仕事をしています。
あまり時間に縛られることはないので、そもそも「時間に対する厳しさ」
というべき空気が、家庭の中で希薄です。
いつだったか、抹茶と粘土で遊んでいた時、私達の方が熱中してしまい、主人は、
「今日はピザの出前を取ってしまおう」
と言ったことがありました。
我が家では、そういったことは珍しくなく、親が偉そうな事を言う訳にはいかないのです。
(思い返すと、私の母もそういう人でした)

つまり、私達の生活、価値観が抹茶にも伝染している、と言えます。
それは、「時間の管理より、作品作りを大事にする空気」です。
「どうしてもやりたいならとことんやろう、という空気」です。
ただし、その「やりたいという気持ち」は半端な物であってはいけません。
周囲の人間に納得させるだけの熱意、迫力が必要である、と考えています。

100の家庭に100の空気があり、それは様々です。
時間管理に厳しい家庭は、その空気がきちんと子供にも伝わります。
そういった家庭では、きちんと約束事やルールが守れ、きびきびと行動できる子が育つでしょう。
それは、私も含め多くの親が望む子供で、一つの理想です。
しかし、その一方で、多くの親は相反するもの…
一つの事に熱中してほしい、とも望むのです。

私は、相反するこの二点を、一人の子供に強く望むのは矛盾しているような気がしています。
人間はそれほど完璧ではありません。
言葉は悪いのですが、どこかで諦めるのも肝要なのかな、と思うのです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

06:54 | 教育方針
comment(2)     trackback(0)
comments
抹茶母さん、いつもながらに感心します。
何がおっしゃりたいのかが読んでて気持ちいいくらいわかります。なぜそんなに文章がまとまるのですか?などと言うとまたおせじと言われそうですね(笑)違いますよ~!

こういった問題、言葉にしていただくとなんとなくわかります。
私はついせかしてしまうことが多く、子供達は「うるさいなー、わかってる」と文句を言いながら動いてます。学校や幼稚園ではそんな事は言っていないようなので、自分の気持ちを優先したいという思いをストレートに出してもいい状況かどうか子供はよーくわかっているような気がします。。でも作品など、仕上がや達成感が関係することは特に子供もこちらもそれを優先させたくなりますよね~。。
私の場合、ここはつきあってあげようと思ったり、そういう訳にはいかなかったり(私の仕事の時間もあり、気分もあるかな・・?)で子供は理不尽に感じていることも多いだろうなと思っています。
でもそうやって集団の場と多少我がままが言える場所があって、状況により適切な選択ができるようになるのかなと思ったりします。
そういう私も家族だけで動く時は、子供は早く行きたいのに
「ちょっと待って~」などと言いながらモタモタしたり、待ち合わせや電車など決まった時間となるとそんなことはなく、やりかけの洗い物を置いて出たり・・・本当に偉そうな事は言えないのです。
こういう家などリラックスした状況では自分の思いを優先したいと思う性質って内弁慶、内向的、っていうのとはまた違いますかね?
なんだか薄っぺらなこと言ってますね(汗)肝心なところが読めてなかったらすみません・・・


2009/02/27 01:11 | | edit posted by てんてん
てんてんさんへ
いつもコメントありがとうございます。

そうですよね、何事も「時と場合によりけり」なんですが、この大人の事情?を理解することは
娘にとって難しいのだと思います。
娘も保育園では自分のわがままが通らない事を知っていて、子どもながらに「内と外」を使い分けて
いるようです。まさに「空気を読んでいる」というか…
てんてんさんがおっしゃるように、その時々の状況や大人の理不尽さを経験として知っていく中で、
適切な判断が出来るようになってくれれば…と思いますが、親には甘えの方が強く出るので、スルー
されやすいかもしれませんね。いや~、抹茶もそんな感じです。(笑)

>リラックスした状況では自分の思いを優先したいと思う性質って内弁慶、内向的、っていうのとは
また違いますかね?

「内向的」が影響するのかどうかはわかりませんが、とりあえず抹茶は内弁慶ですよ~。
保育園では、ええかっこしいです。
おそらく「外」では、順守型の一面が強く出ているのでしょう。
まぁ、その分、家では甘く育てている、とも言えますね。
2009/02/27 10:15 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/133-92d76e9d
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。