スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 「トップクラス問題集 さんすう」***その3

再び、虹色教室通信のなおみ先生が記事で取り上げて下さいました。
もはや、文通状態です。(笑)先生、本当にいつもありがとうございます。

さて、前回、私がこんなこと↓を記事で書いたせいか、先生からアドバイスを頂けました。
虹色教室にパソ前留学しているも同然ですが、お月謝免除で良いのでしょうか…

**********************************************************************

結局のところ、「与える方法に少し工夫する」、その工夫が要なので、
昨日の記事は、その工夫がイマイチ…と思われる我が家限定の話、憶測です。

**********************************************************************

「トップレベル問題集が解けるようになる工夫って?」

先生は「大事なのは基本形」と書いておられました。
ここでいう基本形とは、「基本形1ー線分図を書く」、「基本形2ー同じ物を見つける」こと。

たしかに、何事もまずは基本形が大事ですよね。
我が家も「トップクラス問題集」の問題を眺めつつ、日々の算数遊びに活かしていけたらな…
なんて漠然と思っていましたが、漠然とではなく、ある程度意識しなければ
ならないのかもしれません。
でないと、適当な性格である私の場合、基本形の「習得」をおざなりにしそうです。

つくづく自分のいい加減さに呆れてしまいますが、そうしたことをふまえて
より明確になった点もあり、興味深かったと思います。
特に今回は、私の良くない点が浮き彫りになりました。

私の良くない点…
それは、根本的に「勉強が苦手なら、それはそれでよし」と思っていることですね…。
「小学校で教えないような難問なら、出来なくても、まぁいいかな。
いずれ、できるようになるでしょ」と、楽観視している部分があるのです。
ハードルが低いといいますかお気楽トンボといいますか…

とはいえ、そんな悠長さも時と場合によりけり。
私は勉強に関して放任主義なので、つい教えない方向に話を持っていきますが、
考えてみれば、鉛筆の持ち方やお箸の持ち方に通じる「基本形」は
教えているのですから、算数だってそれと同じなのでしょうね。
鉛筆やお箸の持ち方は、仮に間違った持ち方だとしても、他人に直接的被害を与える
ことなぞありません。それでも、「基本形」を教えてきました。
当たり前ですが、「出来なくてもまぁいいか。いずれ、できるようになるでしょ」とは
思えませんから…。

こう鑑みると、私はある意味、勉強を教えることに関してとても慎重なんだな…と思います。
及び腰です。チキンですね。(笑)
もしかしたら、私の場合は、もう少しくらい「教える」ことをしてちょうどいいのかも
しれません。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
16:57 | ワーク、問題集
comment(4)     trackback(0)
comments
とても関心のあるお話だったのでコメントさせてもらおうと思って書きかけたら・・・また長~くなりそうだったので(笑)私の方のブログで書いてみました。お暇な時にでも読んでみてくださいね♪
なんだかまた的がずれているようですが・・・
2009/03/14 02:22 | | edit posted by てんてん
てんてんさんへ
いつもコメントありがとうございます。

そして、私の記事を取り上げて頂き、ありがとうございます。
てんてんさんの記事、とても共感できました。
私も記事で取り上げてしまいましたので、よかったら読んでみて下さいね。
2009/03/15 19:58 | | edit posted by 抹茶母
抹茶母さん、記事にとりあげていただき、またわかりやすく解いて下さってありがとうございます。私の記事はおはずかしいレベルの話ですが共感してくださって嬉しいです。

「先の見えない道を進むのが嫌」「長い道を歩くのが面倒」という言葉、二人は(私も)全くそのとおりです。算数の問題に限らず遊びや運動での全ての難題においていえるこだなぁと深く納得してしまいました。
トップレベル問題集の例の問題は隙間から先が見えたので一生懸命考えてなんとか解けましたがこれ以上レベルがあがるとおそらく全く先が見えず、そうなると。。丸投げしたくなってしまいます(笑)

思考型や直感型の人達にはおそらくぼんやりと見えるんでしょうね。
でもだからといって私達も諦めてはいけませんね!
「先が見えない状態でも、何かを手がかりにして前へ進むことは大事」という箇所読んで
手がかりを見つける訓練が必要だと思いました。おそらくそれがなおみ先生のおっしゃる
基本形だったり、考える問題に慣れることだったりするのでしょうね。。意識していきたいと
思います。
今後私も子供と一緒に鈍い頭を回転させて解ける喜びを子供と一緒に味わうことになりそうです。

本当に子育てはいろんな発見があって面白い仕事ですね!
それにしても抹茶母さん、サラっと「道」に例えられていますが素敵な表現で
とってもわかりやすかったです。次に言いたい言葉は・・・呑みますね・・・(笑)

2009/03/16 09:27 | | edit posted by てんてん
てんてんさんへ
コメントありがとうございます。

いや~、私は直観型でも勘が鈍いせいか、手がかりが見えない事も多いですよ~。
また、補助が感情のせいか、深思考や長期思考は苦手です。
てんてんさんがおっしゃるように、私も
「子供と一緒に鈍い頭を回転させて解ける喜びを子供と一緒に味わうことになりそうです 」。

2009/03/16 15:42 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/146-a43de9a6
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。