スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 積み木遊びからみる内向直観型***その2

昨日記事に書いたように、内向直観型である抹茶の作品は大雑把です。
基本的には、積み木もレゴもイメージで補完したものなので、作品自体の完成度は低く、
いい加減~な雰囲気が漂います。

しかし、「左右対称好き」ということに起因するのか、その慎重な一面を積み木作品から
見てとれる事が時折あります。
下の写真は、フレーベルの基本積み木とレンガ積み木全て使って作ったシンプルな「お城」。
(煙突に使用している円柱だけは別の積み木です)

CIMG2381.jpg CIMG2382.jpg

少し前まで、私はこの積み木を『あんまり直観型の子らしくないな…』と思っていたのですが、
今では、このお城を作る動機こそが直観型なのかもしれない、と感じています。
「お城を作る動機」と書くと大層な感じがしますが、なんのことはない、子どもらしい発想です。

「周りは海でね、島のお城の中にお姫様が入っていて、閉じ込められているの」
「王子様が助けにくるのかな?」
「そうそう、でも、海にはワニがいてね~、怖いんだよ。食べられちゃうの。
でも、この階段をトコトコってのぼってくるから平気なの」

お城には、窓一つありません。
きっと「閉じ込められていること」が大事だからですね。
それにしても、なぜこんな積み木を突然作ったのか、今この記事を書いていて気付きました。
いやはや、気付かない私の方こそ大雑把で、抹茶のことをとやかく言えませんね。

なぜ、いつもと違った雰囲気の積み木を作ったのか…
それは、この積み木を作った当時、抹茶は「ねむりひめ」という絵本を好んでいたことによる…
と思います。
それに、以前読んだ「ピーターパン」が加わって、抹茶独自の世界観が生まれたのでしょう。
抹茶はそのイメージを形にするため、せっせこせっせこお城を作ったわけです。
こうして自分のイメージを形にすることから出発する点は、手で黙々と作業していくうちに
素晴らしい作品を作り出す感覚型の子の出発点とは違うような気がしています。

この「積み木遊びからみるタイプの違い」。
主人は、抹茶の遊び方を見て「自分と違うなぁ。面白い」と呟いていました。
「積み木で作品を作ることそのものが目的」である主人は、「カッコイイ●●が出来た。満足」
と、完成した途端に次の作品作りへ移行したのだそうです。
こういったタイプの子が作る積み木は、えてして数学的な秩序や形の美しさ、バランスが
調和した完成度の高い作品になるのでしょう。
写真を見ながら、できるだけ実物に即したものを作ることに喜びを見いだす子も、
主人と似たタイプなのだと思います。

対して、抹茶は「積み木作品で遊ぶことが目的」のせいか、作品自体のクオリティーに
注力しません。
作品は、イメージを補完する道具。「とりあえずのたたき台」という位置づけです。
この抹茶が持つ想像力(妄想力)は私そっくりなので、主人にとっては目新しく映る
「自分にない一面」なのかもしれませんね。
主人は「なんだかよくわからないけれど、楽しそうだなぁ。いいなぁ」と言いますが、
私にとっては「普通」です。
むしろ、抹茶の持つ「思考」的な部分の方が、私にとっては新鮮に思えます。

こうして考えると、面白いな…とつくづく感じます。
抹茶の「内向直観型、思考より」は、私に似ている部分、主人に似ている部分それぞれあり、
そんな娘を見ていると、私達夫婦も自分を振り返る良いきっかけをもらっている気がします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
08:27 | 娘について
comment(2)     trackback(0)
comments
2歳の娘をもつさくらと申します。
我が家の娘もまさに、内向直感型なので
抹茶ちゃんの記事を読み、激しく共感してしまいました。

なかなかこちらの意図するようには
(というか、まさに何か意図しようとするとその気配で嫌がる)
いかない、空想の世界でいきいる娘に
いかに、遊びの中で自然に学びを取り入れるか、
夢中にさせるか、試行錯誤している中で
こちらのブログを大変参考にさせていただいております。
今後も楽しみにしてます。


2009/03/25 00:35 | | edit posted by あらき
あらきさんへ
はじめまして、コメントありがとうございます。

娘さんも内向直観型なんですね。
このタイプの子は結構自分で気付いていきますから、好きな事だけさせておいても
大丈夫かもしれませんよ~。
「学び」は、子ども当人が勝手に見つけてくるので、その時に少し環境を整えてあげれば
それで十分なような気がします。

私は、比較的適当に育てても平気なのが内向直観型の子達だと思っているのですが、
どうでしょう。(笑)
2009/03/25 11:37 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/156-053c1382
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。