スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 第1回虹色サークル***おわりに

これで、第1回虹色サークルの活動は終了です。
小麦粉粘土、おやつ、ワーク、絵本、あやとり、までで3時間弱でしょうか。

自分で言うのもなんですが、初めてにしては上手くいったのではないかと感じています。
もちろん、Iちゃんの素直で優しい性格+我が家に慣れていたことが大きな要因ですが
好きな遊びに夢中になる時間、ワークで頭を使う時間、絵本でのんびりくつろぐ時間…と
緩急を付けたことも良かったのではないかと思います。

「親対子一人」という組み合わせよりも、よほど楽しく盛り上がりました。
「親対子一人」だと、どうしても親が優位になってしまい、子どもに甘えが出ますが、
他に子どもがいると、その甘えが出にくいというのも良いですね。
抹茶の場合、一人っ子なので、その点は顕著だと思います。
また、「間違えても全然平気!」という空気が生まれるのも、友達がいるからこそ
なのかもしれません。(大人はなかなか間違えませんから…)

そして何より、子ども達の興味に合わせて臨機応変に取り組みを考えることは、
私にとっても楽しく、実りの多い時間でした。
たった一回活動しただけで偉そうな事は言えませんが、「自宅で虹色サークル」は
親も子も本当に楽しめますよ。
成果を気にしなければの話しですが。(笑)

また近いうちに、第2回虹色サークルを開きたいと思っています。
よろしければ、感想を聞かせて下さいね。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

11:08 | 虹色サークル
comment(10)     trackback(0)
comments
こんにちわ、yuntayunさんのところからお邪魔しました。
サークル活動、無事終了とのことよかったですね。
実は、私も昨年から仲良しのママ友さんたちに(みな日仏ハーフのお子さんをお持ちです)声をかけて、サークル活動をやっています。
私たちの場合は、知育などがメインではなく、日本語維持のためなんですが、日本の伝統行事を取り入れたり、絵本の読み聞かせや手遊び歌などを活動の中心にしています。

抹茶ちゃん、うちの上の子と同じ感じです。
まずは観察。
自由にのびのびやっていくタイプではないんですよね。
でも抹茶母さんがおっしゃるようにあせりは禁物だと思っています。

海外在住の子供の日本語維持のためにお母様方ががんばって活動されているのは、時々聞きますが、日本でもこうやってお母様方がんばってらっしゃるのですね。
私もできるだけ続けていこうと思います。
またサークルのお話、聞かせてくださいね。
2009/04/08 13:14 | | edit posted by calinca
おつかれさまでした~

さらりと、先生されていて驚きです!!
うちもいつかは開きたいので記事参考にさせてもらいますね~♪
2009/04/08 13:59 | | edit posted by ここ
虹色サークル、充実した内容で大成功でしたね~!
子供達の関心にそって、自然な流れで
遊びやワークの中にお知育要素を取り入れて、さすがは抹茶母さんだな~と思いました。
抹茶ちゃんもと友達のIちゃんが楽しんでいる様子が
抹茶母さんにも伝わったからこそ抹茶母さんご自身も
楽しめることが出来たんでしょうね。
初回の成功は次に繋がるでしょうから、今後がまた楽しみですね!
記事に詳しく書いてくださっているので、楽しそうな様子をそばで見ていたような気分です~♪

2009/04/08 15:41 | | edit posted by てんてん
calincaさんへ
はじめまして、コメントありがとうございます。

日本の伝統行事や手遊び歌、絵本の読み聞かせ会は、外国で暮らす子ども達にとって「日本」を
感じられる数少ない機会ですから、他のお母様方からも喜ばれていることと思います。
calincaさんのサークル活動、とても素敵ですよね。
私のサークルは本当に「お遊び」なんで、お恥ずかしいくらいです。
近所の子ども達が普通に「おばちゃ~ん」と遊びにくる、昔ながらのあの雰囲気なので…
まぁ、そんなゆるいサークルがあっても良いと思うので、適当に続けていこうと思っております。

いずれ第2回の記事も書く予定なので、よろしければまた遊びに来て下さいね。
2009/04/09 10:23 | | edit posted by 抹茶母
ここさんへ
コメントありがとうございます。

いや~、「先生」ではなく、「おばちゃ~ん」というノリです。
普通に子ども達と遊んでいるだけの会なので、成果だのなんだの望むべくも無く…
ただ、「サークルの時間は、出来るだけ丁寧に子ども達と遊ぼう!」とは思っております。
ホント、それだけなので、参考になるかどうかは謎ですよ~。
2009/04/09 10:30 | | edit posted by 抹茶母
てんてんさんへ
いつもコメントありがとうございます。

>抹茶ちゃんもと友達のIちゃんが楽しんでいる様子が 抹茶母さんにも伝わったからこそ
>抹茶母さんご自身も 楽しめることが出来たんでしょうね。

いや~、これは自分勝手だな、と思うのですが…
仮に抹茶とIちゃんが楽しんでくれなくても、私だけは楽しかったと思います。
子ども達の反応を見ることは、私にとって最高の娯楽なので。(笑)
本当に、「子ども達のため」というよりは、最初から最後まで私が楽しんでいる会なんですよ。
逆に言えば、「子ども達のため」という意識が薄いからこそ、当の子ども達も楽しめるのかも
しれません。だから成果は望むベくもないんです。(笑)

2009/04/09 10:49 | | edit posted by 抹茶母
お返事ありがとうございます。
私もコメントを書いた後に、逆もありで、抹茶母さんが自然な感じで、楽しんでいらしたからお子さん達も楽しめたのかもしれないな~なんて思っていました。。
子供は大人の変なテクニックには乗ってこないものですもんね。

「成果は望むベくもない」、こうでなければ楽しい会にならないのでしょうね。
でもこれは抹茶母さんだから自然にそう思えるのかもしれませんよ~。
私ならわかっていてもきっと、子供たちの反応や「成果」を期待して変に気負って上手くいかないだろうな~と思います。
私じゃ例えが悪いですが。。でも誰にでも出来ることではないと思いますよ。
2009/04/09 20:11 | | edit posted by てんてん
サークルお疲れ様です。

いい感じで大成功ですね。ラッタも参加させてほしいですわ。。。

うちのその後、また子供らが家に来たときがあったので、さりげに双六をだして、これする??と聞いてみたのですが、誘いにのったのは、やはりラッタのみ・・。
子供たちに、予め、遊びの目的みたいなのを説明することが必要なんだな~って悟りました。
漫然とした遊びの中で、ふと大人が持ち出してもなかなかのってきてくれませんわ・・・。
 
2009/04/09 22:38 | | edit posted by ママラッチ
てんてんさんへ
こちらこそ、お返事ありがとうございます。

私の場合は「子ども達に成果を期待しない」=「主催者(私)に期待しないでくれ」と同じ事なので、
ある意味、責任放棄なのです。
私はIちゃんママから小額のお金も頂いていないのですが、それは自分の逃げ道を用意しているだけ
とも 言えますね。

たかがサークル主催者に「うちの子の能力を上げてくれ」と、成果を期待されても困りますよね。
(少なくとも私は困ります)
そのことを鑑みると、大人が放棄している成果を子ども達に望むのは卑怯だと思うのですよ。

…まぁ、こんな考え方ゆえ、うちのサークルはゆるいのですが!
2009/04/10 10:47 | | edit posted by 抹茶母
ママラッチさんへ
いつもコメントありがとうございます。

ラッタ君がご近所さんなら、いつでもウェルカムなんですけどね~。
今度ご旅行がてら関東に来る事があれば、ぜひどうぞ!なんちゃって。

>漫然とした遊びの中で、ふと大人が持ち出してもなかなかのってきてくれませんわ・・・。

そうですね、でも、ママラッチさんとラッタ君が双六をしている姿を「見せるだけ」というのも
意味があると思いますよ~。(ラッタ君はつまらないかもしれませんが!)
個人的に、素人のサークル活動では「よそのお子さんが決めた遊びに、大人が少しだけ学びの要素を
加え、それを見せる」程度で十分だと思っています。
…というより、私にはそれ以上は無理っす…。
2009/04/10 10:49 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/183-3688f3ca
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。