スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 「1日10分でえがじょうずにかけるほん」

近頃抹茶は、小さなぬいぐるみやマスコット、はたまた落書き帳の表紙などを
見ながら絵を描く事が増えました。
そこで、こちらの「1日10分でえがじょうずにかけるほん」を購入。

CIMG0395.jpg

こういった絵の指南書?は気嫌いされる方も多いですよね。
テクニックを重視すると子どもの独創性を奪う、絵が固体化される…等、
批判は後を絶ちません。
正直なところ、私もあまり好きではありませんが…
今の抹茶は『見本を見て描きたい時期なのだ』と思い、試しにと与えることにしました。

すると、案の定といいますか、もう夢中。
形を捉えるのに熱心なのでどれもモノクロですが、一気に最後のページまで描いていました。
描きまくりです。

CIMG0396.jpg CIMG0398.jpg

それにしても…
この絵はどう転んでも、「絵画」ではありませんよね。
私はこうしたイラストを「文字」だと思っています。
より近いのはAAや絵描き歌でしょうか。
国語力が下がる等、賛否両論ありますが、AAはこの点とても優れていて、
文字と絵を結ぶ一つの架け橋です。
誰にでも「描ける」…もとい誰にでも「書ける」絵、という表現方法はそうありません。

抹茶が描いたこのブタもAAと同じで、ブタを伝えるための一つの手段です。
とすれば、「人が読めるように文字はきれいに丁寧に」というのと同じで、
このブタも誰にでもわかるようなブタにしなければなりません。
だから、こういったイラストの練習は、ある意味、文字の練習なのだと思っています。
子どもの独創性云々以前の問題で、「絵」と呼ばれるものとはフィールドが違うのです。

もっとも、本来なら、本物を写実的に描いた後に、こうしたデフォルメのイラストを
描くべきだと思います。
でなければ、そのデフォルメは安易なデザインになるからです。
しかし、今の日本はデフォルメのイラストが世に溢れ過ぎているので、
順番が逆になってしまう。
そんな中で、こうした指南書が発売されることは皮肉ですね。
子どもを取り巻く環境の変化をひしひしと感じます。

個人的には、こうした「文字に近い絵」の他、「本物をよく見て描く絵」、
「イメージで描く絵」等、絵が持つ様々な側面を教えてあげたいと考えていますが、
絵は好き嫌いの激しい分野なので、どうなることやら。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
06:44 | 図工
comment(4)     trackback(0)
comments
たしかに、記号みたいなものですものね。
私も同じ意味であまり好きではないのですが、実は同じシリーズのひらがな・カタカナ版を検討中でした!書き順が楽しく覚えられるかな、と思って。

批判する人も多いけれど、子どもにとっては無駄にはならないのでは、とも思います。手の訓練になるのはもちろん、絵に苦手意識のある子が好きになれば、めっけものですしね。

抹茶ちゃんやホッペの年齢だと、そろそろ美術展にもトライできそうですよね。(実はテオ・ヤンセン展、我が家も行ってきました♪)また良い情報がありましたら教えてくださいねm(u u)m
2009/04/23 20:34 | | edit posted by まはーる
まはーるさんへ
コメントありがとうございます。

そうですね、運筆の訓練には良いと思います。
ただ、こうしたワークを「絵が苦手だから」という理由で与えても、うまくいかない気がしますね~。
おそらく、子どもには「見本を見ながら描きたい時期」というものがあって、そうした時期に与える方が拒否反応も少なくてすむような…。あくまで個人的な感想ですが。

>同じシリーズのひらがな・カタカナ版を検討中でした!
このワーク?と同じシリーズでひらがな、カタカナ版もあるんですね!知りませんでした。
たしかに、このシリーズの趣旨からすると、「書き順」を覚えるには向いているかもしれません。

>そろそろ美術展にもトライできそうですよね。
行きたいな、とは思っているのですが、美術展は大人だけでゆっくり見たいという私の願望が邪魔をしております。(笑)
抹茶と一緒でも楽しめそうなのは、箱根彫刻の森や三島にあるクレマチスの丘かなぁ、と。
気軽に行ける距離ではありませんが、早起きした休日に出かけてみたいと思っています。

>テオ・ヤンセン展
まはーるさんも行かれたんですね!どうでしたか?
私は、ヤンセンの「環境云々は後付けな感じ」がとても良かったと思います。(笑)
2009/04/23 22:56 | | edit posted by 抹茶母
「環境云々は後付けな感じ」…ですよね~。
ヤンセンさんて、工作に夢中になる子どもの遠い延長線上にいるような人だなぁと、ほっこりしました。真剣に遊んでいるのがいい!
ホッペは部品には興味津々、動く作品はこわがっていました。

箱根は去年行きましたが、親子ともに楽しめて良かったですよ。とはいえうちはチビがいるので、屋外しかまわれませんでしたが…。

ではまた♪
2009/04/24 09:22 | | edit posted by まはーる
まはーるさんへ
コメントありがとうございます。

ビーチアニマルに取り組む前に描いていた絵が中途半端で、それも含めて微笑ましい。(笑)
そういえば、抹茶もホッペちゃん同様、部品(関節部品)に興味を持っていましたよ~。
レゴには球体関節のパーツもあるので、それを使ってロボのような人形をちょっと作ったのですが、
どうにもイマイチな出来です。う~ん、残念。立体造形苦手なんですよね…

>箱根彫刻の森
行かれたんですね!
忘れてましたが、箱根なら星の王子様ミュージアムも子どもと一緒に楽しめそうですよね~。
あ、なんだかまた行きたくなってきました。
2009/04/24 10:20 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/198-48497d23
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。