スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 発達検査を受けるまで***その2

CIMG0121.jpg

発達検査。
昨今、発達障害という言葉が広く知られるようになり、それに伴って発達検査という言葉も
耳に入るようになりましたが、そもそも発達検査とは何なのか…。
私はよく理解していないので、調べてみました。

「発達検査とは、主に乳幼児や小学生の発達の度合いを調べ、
養育に役立てるための検査である。
知能検査、性格検査などとともに、心理検査の一種である」

                                                                         ~ウィキペディアより

私のブログを読んで下さっている方は、多少也とも幼児教育に関心がある方なので、
発達検査をご存知の方も多いかと思います。
専門機関で行われる発達検査でなく、幼児教室で実施している発達検査(知能検査)
に関しては、お子さんが経験している方も少なくないかもしれません。
巷には『高IQ児を育てる!』と唄う高額教材もありますし、子供向け右脳ドリルは、
今日びどの書店でも手に入ります。
こうして考えてみると、幼児教育に関心のある方、特に優秀児を目指して育てて
いらっしゃる方なら、我が子のIQは、ちょっと気になる存在なのかもしれませんね。

しかし、通常、『専門機関で発達検査を受けてみよう』という方は、
子供に対して何らかの心配や疑問を抱えている方です。
『うちの子、もしかしたらIQが高いかも?』
という期待から検査に来る方は皆無でしょう。(笑)
『なんだか、ちょっと気になる…』。
こう考えて検査に来られる方が大半で、また、こうした保護者の勘は大抵正しいそうです。
実際、発達相談の予約を入れた際も、相談員の方は「お母様の勘は大事なんですよ」と、
おっしゃっていました。
「そんなの気にしなくていいのよ~、大丈夫大丈夫!」の一言で済まされるかもしれないな…
と案じていた私は、この言葉で子ども支援センターの細やかな心遣いを感じました。

そして、この電話予約から数日後、相談員の方と私とで発達相談の場が設けられました。
発達相談というのは、その名の通り、『発達に関しての相談』です。
発達検査の前段階でしょうか。
生育歴や家庭環境、気になっている事などを聞かれます。
(自閉症やADHDに当てはまるか否か…というような質問も「さりげなく」あります)
我が家の場合は、30分程の面談の後、「発達検査をしてみましょうか?」と言われ、
検査をすることとなりました。


次回に続きます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
09:31 | 発達検査
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/221-365ad045
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。