スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 発達検査の結果から***その3

秋の気配を感じさせるような涼しい風が吹き、軒下の風鈴を揺らしました。
その音色に誘われ、ふと外を見ると、桃色と薄紫を混ぜたような、繊細な色合いの花を
つけた一本のサルスベリの木が咲いていました。
私は居間で新聞を読みながらアイスコーヒーを飲んでいる主人に話しかけました。

「今年ね、抹茶は『サルスベリ』という言葉を覚えたんだよ」
「サルスベリ?そういえば、実家にあったなぁ」

ちりん、と風鈴の音色を響かせた窓辺で、主人は空を見上げ、ぽつりと言いました。

「覚えるということに関して、抹茶が自分よりも苦労しない事を祈るよ」

私は言いました。「苦労なんて、それは誰にだってあるでしょう」

「それはそうだけど、記憶する能力が劣っていると学習面では苦労すると思う」
「それほど暗記が苦手?」
「苦手だよ。逆に言えば、全く覚えられないから思考する事でカバーしているのかもしれない」
「思春期の脳の剪定で、さらに暗記能力が刈り込まれたのかもしれないね」
「そうかもなぁ。困ったなぁ」

そうつぶやきながら、薄くなりかけた頭をかく主人に、学習面で得意だった事、
不得意だったことについて聞いてみました。
抹茶と主人の気質が似ているのなら、親として覚悟しなければならない部分、
アドバイスしてあげられる部分があるだろう…と感じたからです。
主人は「全般的に、意味を問う問題は大丈夫だが、暗記は苦手」と前置きしてから
話し始めました。

●国語…読解はさほど問題ない。(注:主人比)
    暗記がものをいう漢字、古文、漢文は苦手。

●算数…数学は二番目に好きな教科。
    ただし、数学の公式は覚えずに自力で解いていくため、時間がかかる。
    単純計算は苦手。百マス計算は見ただけでくらくらする。

●理科…物理は一番好きで得意。(注:主人比)
    生物、化学は、意味を問う問題ならOK。暗記問題は苦手。

●社会…歴史的背景を問う問題など、意味を問う問題はOK。
    年号暗記や細かな事象の暗記は苦手。
            
●英語…壊滅的。(オゥノウ~)
   
氷が溶けて薄くなったアイスコーヒーを一口飲みながら、私は聞きました。

「対策みたいなものはあるの?」
「基本的なことだけれど、図や絵を描く事かな。生物の暗記はそれでなんとかなる。
化学は大学の教科書の方が理解しやすいと思うから、必要なら適宜与えるといい。
社会に関しては、先生の板書を写すのではなく、自分也に再構築したものをノートに記す。
図や写真が豊富なサブテキストや地図帳必須」
「知識を多く問うてくる試験内容には向かないのかな」
「向かないと思う。そして、選択式よりも記述式の方が向く」
「短所を克服するより、長所を伸ばすイメージ?」
「短所を克服できればそれに超した事はないけれど、時間との兼ね合いもあるからね」

そして、主人は少し間を置いてから、「でもさ、抹茶は二世だから得だと思うよ。
自分の経験を教えてあげられるから」と笑いました。




こうした記事を書くと、「今からもう先々のことを考えているのか。過保護では?」と
ご批判を受けるかもしれませんが、生きにくさを抱えている子にとって親が先を
見通すことは必要だと感じています。
お友達ブログ「トトロのとなりのやんちゃくれ達」でも「見通し」について触れられていましたが、
見通すということは、子どもの人生にレールを敷くような行為ではなく、
親自身が子どもの将来を真摯に見つめることなのでしょう。

適した職業、またその職業に就くために必要な一定の能力・学力、その一定の能力・学力を
身につけるための家庭支援…こうした見通しは「転ばぬ先の杖」のようなものです。
私は放任子育てを基本としているので、杖自体を子どもに用意してあげることは
あまり気が進みませんが、「親が杖を思い描くこと」は必要だと考えています。
親が思い描いた杖を振り払い、子ども自身が新たな杖をイメージするなら、
それはそれで何よりの喜び。親のイメージが徒労に終わろうと構わないのです。

「大丈夫大丈夫」と気楽に構える一方で、冷静に子どもの長短所を見極め、
そこから杖をイメージすること。
これは二次障害を防ぐ意味でも重要なことなのだと思っています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
11:05 | 発達検査
comment(4)     trackback(0)
comments
再度コメントいれさせてくださいね。度々申し訳アリマセン。

ご主人と国語と社会の得意分野があまりにも同じで失礼ですが笑ってしまいました(笑)
と、同時に自分の記憶の仕方は普通の人と違ったんだ~と妙に納得。

ただ、好きな教科は全く違ったのでひょっとすると参考になるかも。。。と思いコメントさせてくださいね。

私理数系は嫌いだったのでからっきしダメだったのですが英語は好きだったので得意教科でした。
なぜだか英語は話せるようになりたい!って強く思ってたんです。

ちなみに大学での専攻は英文学でした。
とはいえ今思えば単語の暗記が非常に苦手でした。
なので語源を元に良く覚えてましたね。
monoがつくと一つを意味する言葉に関係する単語だ、、というように。

あんまり意識してませんでしたが今思えばそれでカバーしていた気がします。

ただ、苦手分野がご主人と違っているということを考えると結局のところ「好きこそものの上手なれ」というのが正にあてはまるのかなって思います。

だから抹茶母さまのように娘さんの「好き」を育てる教育をされていればおのずと伸びていかれるのでは、、、と勝手ながら想像しています。

また、最近はやりのマインドマップなんかは非常に有効だと思います。
絵を描きながらリンクさせて記憶していくので非常に定着が良いと思います。実際私もマインドマップを書いているとすごく意識がクリアーになりますし。

コチラの本がオススメです↓
「マインドマップ for kids勉強が楽しくなるノート術」
またフィンランドメソッドのカルタなんかも似た感じですよ。
もしご興味があれば見てみてください。

本当に長々とすみません。
いつも真摯にムスメさんに向き合われている抹茶母様のファンです。これからもよろしくお願いいたします♪
2009/08/30 16:37 | | edit posted by 下記コメ主
ダンナ様の学習面の得意不得意、私と息子の得意不得意とすべて重なります。ただ私の場合は、不得意は不得意のまま大人になりましたが、息子は今食べたものも忘れるくらいのワーキングメモリーの弱さは私と変わらないものの、自己肯定感のおかげで、成長するにつれて不得意を克服しつつあります。二世は得!という言葉、そのまま我が家にも当てはまります。
2009/08/30 17:35 | | edit posted by なおみ
下記コメント主さんへ
お返事が遅くなってしまい、申し訳ございません。コメントありがとうございます。

>と、同時に自分の記憶の仕方は普通の人と違ったんだ~と妙に納得。

あ、これは「私と違うな」という個人的感想なので、何を持ってして「普通」というのかは
わからないと思いますよ~。
記事でも「てっきり主人は少数派なのかと思っていましたが、実はそうではないのかも
しれません」と書きましたが、私の思い込みによるところが大きいのです。お恥ずかしい…。
本当のところは統計を取ってみないとわからないのではないでしょうか。

>「好きこそものの上手なれ」というのが正にあてはまるのかなって思います。

本当にそうですね。
暗記が重要な苦手科目も、好きという気持ちで克服していければいいな、と感じています。
英語に関しては、コメント主さんの「語源を元に覚える」という方法は抹茶に向いていると
思うので、将来アドバイスしてあげたいと思います。教えて頂きありがとうございました。

>「マインドマップ for kids勉強が楽しくなるノート術」

この本ではありませんが、似た内容の本を以前書店で手にとったことがあります。
私も主人も仕事柄、なんというかごく自然にマインドマップ的な思考の仕方をしているので
『ああ、これの勉強版かぁ』という感想を持ちました。
ちなみに、主人は「マインドマップ」という言葉を知りませんが、「視覚優位な人間の苦肉の
策として」、自分でこうしたノート術を編み出したそうです。
「自分で編み出す」という行為も、回り道とはいえ価値のある行為なので、抹茶に教えて
あげるかどうかは未定なのですが、親がその知識を持つ事は必要かな、と感じています。
また何かありましたら、ぜひぜひ教えてくださいね。

>真摯にムスメさんに向き合われている

いや~、私は向き合っていませんよ!わっはっは。
コメント主さんこそ丁寧な子育てをしていらっしゃると思います。
2009/09/02 11:56 | | edit posted by 抹茶母
なおみ先生へ
お忙しい中、コメント頂きありがとうございます。
お返事が遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。

>ダンナ様の学習面の得意不得意、私と息子の得意不得意とすべて重なります。

なおみ先生の記事を拝見して、『もしかしたら旦那と同じかも…?』と感じていたのですが、やはりそうだったのですね。抹茶がなおみ先生の息子さんのように魅力的なお子さんに成長するかどうかは怪しいものですが、ちょっと夢を見てしまいました。(笑)

そういえば、主人ともよく話すのですが、「知能は生まれつきのものが大きいが、自己肯定感は環境によるところが大きい」と感じています。なおみ先生の息子さんが自己肯定感を持っておられるのは、なおみ先生が作り出された生育環境の賜物なのでしょうね。
幸い、私も母の影響か、自己肯定感(だけ)は高い人間に育ったので、そうした私の価値観が
抹茶に伝わる事を願っています。主人曰く「自分は(その生育環境ゆえ)自己肯定感の低い人間に育ったが、抹茶は君に似て自己肯定感は高いと思うから何よりだ」とのことなので、主人と抹茶は似た気質ながら、成長につれ違った道を歩むのかもしれない…と思います。

こうして考えると、「二世は得」という言葉は、結局のところ、「子どもに対する親のまなざしの違い」なのでしょうね。まさに「見通しがきく」ということなのかもしれません。
2009/09/02 12:34 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/241-4e8863d0
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。