スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 言葉の質を高めるということ

言葉の質は日常会話から育っていく。これは紛れも無い事実だと思います。
小学校受験をされる方は、特に気をつけておられるのではないでしょうか。
抹茶は小学校受験をしないので(受からないと思うから!笑)、それほど気を配っている
わけではありませんが、私なりの丁寧さを持って抹茶に接してきたつもりです。

みなさん実践されていることと思いますが、具体例を挙げるとすると、
子どもの「とって~」という言葉には、例えわかっていても「何をとるの?」と返す、など。

また、助詞についてもできるだけ省かないよう話しかけてきました。

「お茶とって~」
「お茶をどうぞ」

「お風呂入る~」
「お風呂に入ろうね」

「お茶をとって、でしょ」「お風呂に入る、だよ」とは言わず、私が返す言葉の中で
さりげなく助詞を入れているだけですが、それなりの効果はあるようで、最近では
「あ、お茶『を』だよね」「うん、お風呂『に』入ろう!」と抹茶自身が気付き、
言い直す場面も見られるようになりました。

他にも「ら抜き言葉(食べれる、など)」や「形容詞+です(ないです、おいしいです、など)」
などの言葉遣いも正しています。
これらの言葉…特に「ないです」「おいしいです」などは、市民権を得てきていると
思いますが、私は言葉遣いに関して比較的保守的です。
TPOに応じてその場のノリで言葉を崩す事に問題は感じませんが、
それは正しい言葉遣いを知っているという前提あってこそだと感じています。

保守的…ということで言えば、先生に対しては私自身が見本となるよう、
「先生から頂いたのね」「先生がそうおっしゃったの?」と、普段から尊敬語・謙譲語を
交えて話しかけてきました。
抹茶の通う園の雰囲気からすると、先生に対するこうした言葉遣いは少々固いのですが、
抹茶には目上の人を敬う心を持って欲しいと思っています。
敬う心さえ持っていれば言葉遣いがどうであれ問題ないではないか、という意見もあるには
ありますが、やはり知っていて損する事はないのですから…。
たま~に、先生に面と向かって「マジで?先生ヤバイよ~」と子どもに話しかけている
保護者を見ると、私などはぎょっとしてしまうのですが、どうなのでしょうか。

ちなみに、語彙については日常生活の中で少しずつ増やしていこうと考えていたので、
3歳頃から少々難しい言葉もあえて使っています。

「目頭に目やにがついているよ」
「襟足あたりの髪が伸びたね」
「眉間にしわが寄っているよ」

抹茶の描いた絵がコメントに困るような作品だと「前衛的だね~」と言い続けてきたせいか、
抹茶は「前衛的でしょう!」と調子づいて言うようにもなりましたよ…。(アホですね)




と、こんな戯れ言を書いてみても、いかんせん抹茶の言語能力は低いままなので、
意味があったのかどうかは正直なところよくわかりません。
ですが、最近抹茶は言葉に対して少しずつ敏感になってきていると感じるのです。

「そういえばさ…『まもなく』って、『まもなく電車が参ります』の『まもなく』?」
「『かけっこ』の『かけ』と、『駆け込み乗車はおやめください』の『かけ」って、同じ?
走るってこと?」

「そういえば」と前置きするのも可笑しければ、どちらも電車にまつわる質問なのも
謎ですが、言葉に対する興味が出てきたのだと好意的に捉えています。
そのせいか、擬音語や擬態語をつける遊びを自分で考えて口ずさむようになりました。

「『ふわふわ』がつくものって何かな…。あ、綿飴!ふわふわの綿飴」
「『つるつる』は…、つるつるのほっぺ!抹茶はつるつるだけど、ママはざらざら~
(>大きなお世話だよ)」

「しかも」「つまり」「それにしても」といった論理的な言葉も知り、
ゆっくりと抹茶なりに成長しているのだと感じています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
07:38 | 教育方針
comment(2)     trackback(0)
comments
お久しぶりです。
話しかける言葉についての感覚、とても似ていて驚きました。ブログではくずして書いているので、信じていただけないかもしれませんが…(汗)
抹茶母さんは、ご主人との会話でもとてもきちんとした言葉づかいをされていますよね。私はあまり徹底できていませんし、「形容詞+です」などはつい使ってしまいますが、それでも似たような感覚の方はなかなかいないように思います。「●●(商品)が売っている」など、気になってしかたがありません!
でも、日本語は文語と口語の違いが大きいので、匙加減が難しいという面もあると思います。あまり文語的に正確に話しすぎても違和感がありますしね。

それにしても、こういう記事(や以前の「月が煌煌と…」という表現)を拝読すると、抹茶ちゃんが「言葉が苦手」ということは想像しづらいのですが…。「苦手」というより「それ以外の力との差がとても大きい」という方が正確なのでしょうか。言葉に敏感になり、面白いと感じることは、何よりも力を伸ばすことにつながっていくのでしょうね。
2009/09/04 13:24 | | edit posted by まはーる
まはーるさんへ
コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。

>ブログではくずして書いているので、信じていただけないかもしれませんが…(汗)

まはーるさんは、日常生活において、私よりずっと丁寧な言葉遣いだと思いますよ~。
ブログから伝わるお人柄でそう感じます。

>日本語は文語と口語の違いが大きいので、匙加減が難しい

私も同感です。
ブログでは口語の方が読みやすく面白い記事になるので、ケースバイケースですよね。
私もくだけた内容の記事では、固い文章にならないように書いている面はありますよ~。
大人同士ならくだけた表現もどんとこい、むしろ好きな方です。
ママラッチさんのブログやマミ~さんのブログ表現は魅力的だと思っていますし、
伊集院光の深夜ラジオも好きですよ!うはは。 (笑)
ただ、子どもの言葉遣いを後で矯正するのは難しいので、最初こそ保守的に教えてあげたい…
という程度の話でしょうか。

>それにしても、こういう記事(や以前の「月が煌煌と…」という表現)を拝読すると、抹茶ちゃんが「言葉が苦手」ということは想像しづらいのですが…。「苦手」というより「それ以外の力との差がとても大きい」という方が正確なのでしょうか。

いや~、抹茶は個人内差だけでなく、個体差として見ても言語能力低めです。
ですので、まはーるさんがリップサービスでなく『抹茶ちゃんが「言葉が苦手」ということは
想像しづらい』とお感じになったのだとしたら、それはたまたま『抹茶の言語スイッチが
入っていた時の会話を私が記事にしているから』だと思いますよ~。
2009/09/06 18:20 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/245-e5e4dd1d
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。