スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 子どもとテレビ、ビデオの上手な付き合い方

日経Kids+10月号には、巻頭特集の「早期教育VSスロー教育」の他にも
「子どもとテレビ、ビデオの上手な付き合い方」なる特集も組まれていました。
読者566人に聞いた「テレビ、ビデオを見るとき、どんなルールを決めていますか?」
というアンケートでは、以下のような結果が出ています。

●一日に見る時間を決める…113人
●テレビから離れてみる…94人
●食事中にはテレビを見ない…71人
●宿題など、決めたことが終わるまで見ない…57人
●見ていないときは消す…43人


視聴時間のアンケートでは、平日1~2時間がもっとも多く、1時間未満の子どもと合わせると
2人に1人は2時間未満という結果が出たそうです。
休日になると2~3時間がもっとも多く、3~4時間と合わせると約42%という結果に。
休日は朝8~10時に子ども向け番組が集中しており、平日に比べてダラダラと見てしまう
傾向にあるようですね。
こうした結果を受けて、専門家は

『15分たったら消して親子の会話を挟む。1日2時間までを限度に』

と述べていましたが、NHK教育番組ならまだしも、子ども向けアニメや戦隊ものは
30分番組が多いので、『15分たったら消して』という提案は現実的でないのでは…
と感じてしまいました。
せいぜいが「30分たったら消して」かな、と。
ちなみに、抹茶が気に入って見ているこどもちゃれんじEnglishのDVDも25分です。
これを途中で消したら抹茶に怒られる。(笑)

ただ、抹茶は視力がやや弱く、テレビの視聴時間は視力の面から考えても
短いに超したことはないので、我が家では「1日の視聴時間はDVDを含めても30分まで」
と決めています。
30分の内訳は抹茶が自分で決めていて、こどもちゃれんじEnglishのDVDか
朝のNHK教育番組(えいごであそぼ、にほんごであそぼ、ピタゴラスイッチで合計25分)。
土日でも30分です。
抹茶から「見たい見たい」と言ってくることはあまりないので、「1日30分」は
本人にとっても丁度良い時間なのではないかと思っています。

ちなみに、抹茶は今でこそこうして1日30分程テレビを見ていますが、
ずっとノーテレビで過ごしてきました。
ノーテレビから方針転換したのは、年中春頃からです。
切り替えた理由は、特に理由があったわけではなく、ただ単純に
「主人が単身赴任から帰ってきて、テレビをつけるようになったから」と言えます。
私はテレビを全くといっていいほど見ないため、私と二人で生活していたときは
希薄だったテレビの存在が、主人が一度「抹茶の機嫌が悪いから~」と
テレビをつけてしまったことで、その存在感が増してしまったのです。
主人もテレビをつけっぱなしにするような人ではありませんが、やはり影響はあり、
ノーテレビの生活に戻すのが難しくなってしまった…といいますか。

日経Kids+10月号でも、そうした家庭の事情を踏まえ、「全くテレビを見せない」
というのも現実的ではないと、「テレビ、ビデオの見方を変えるポイント」が
紹介されていました。

●見る番組を選んで決める
●テレビ、ビデオを見る時間を決める(1日○時間コース)
●ゲームをする時間を決める
●食事のときは、テレビ、ビデオ、を消す
●ノーテレビ・ノーゲームデー(1日コース)に挑戦
●ノーテレビ・ノーゲームウィーク(1週間コース)に挑戦
●遊びにいくときに、ゲーム機を持っていかない
●友達同士で遊ぶとき、できるだけゲーム機以外で遊ぶ


「言われなくてもわかっとるわい、でもできないんじゃ~」といった叫びが聞こえてきそう
ですが、本当に大切なこととは、テレビ、DVDの視聴時間云々ではないのでしょう。

さすがに見過ぎなのは問題ですが、テレビという媒体を使って、より高度な次元を学ぶことも
可能ですし、そこまでいかずともテレビをきっかけに親子で話し合い、コミュニケーションを
深めていくことができるはずだからです。
問題なのは、テレビに子育てをまかせっぱなしにして親が楽をすることで、
これはDSやWiiなどのゲームでも同じことが言えるかと思います。

我が家の場合も、それほど神経質に「テレビは断固反対!」としているわけではありません。
「1日30分」もそれほど厳密な数字ではなく、良質な番組や映画はOKです。
そうした番組で視野を広げてほしいとも思っているのですが、いかんせん抹茶は見ない。
いえ、見られないのですよ。
私も主人もピクサーのアニメを「小憎らしいほど、良く出来ている作品」だと思っているので、
数本持っているのですが、抹茶は「ミスターインクレディブル」はおろか、「カーズ」すら
「怖い、消して」と言います。
「ぶつかる音が怖い」のだそうです。
え?そう?と無神経で大雑把な母は考えてしまうのですが、ラッタ君と同じく、前世に何か
あるのもしれんのう…と思いを馳せるワタクシ。




あ、話が脱線してしまいました。スミマセン。

マミ~さんのBBSでも取り上げられていましたが、テレビやゲームに関しては
各家庭で色々なルールがあり、価値観も様々です。
一概に何が良くて何が悪いかは言えません。
でも、私個人は、「家庭のルールについて自信を持って答えられるか否か」が
一番大事なことだと感じています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
10:02 | 教育論
comment(4)     trackback(0)
comments
こんにちは。
抹茶ちゃんもそうですか。
やっぱりラッタと似てる気がしてならないです。

カーズは最初のレースシーンの雰囲気だけでアウトですよ。
ディズニーランドも入り口で嫌がってましたからね・・・。


「家庭のルールについて自信を持って答えられるか否か」

わかります。結局は責任がとれる・覚悟ができてるかってことにつながる気がします。何に関しても。


テレビ・ゲームもまぁ・・過度にやめさしても反動も怖いですよね。私子供のときにポテトチップとかジャンクもの禁止されてたので、高校くらいのときに気が狂ったように食べてしまった時期もあったんで。

2009/09/15 23:16 | | edit posted by ママラッチ
ママラッチさんへ
こんにちは~。コメントありがとうございます。

>カーズは最初のレースシーンの雰囲気だけでアウトですよ。
>ディズニーランドも入り口で嫌がってましたからね・・・。

ああ、やっぱりラッタ君もそうですか。
抹茶は「カーズ」については、5分くらいは見られたかな?
ディズニーランドも大丈夫なので、ラッタ君の方が繊細かもしれませんなぁ。

>高校くらいのときに気が狂ったように食べてしまった時期もあったんで。

ありますよね、そういう反動は。
私の兄は、当時大流行だった「北斗の拳」のアニメ視聴を禁じられていたため、
こっそりマンガを買っていました。
まぁ、こういった反抗みたいなものも、それでバランスを取っているわけで、
あってしかるべきかもしれませんね。

結局のところは、ママラッチさんがおっしゃっているように、何に関しても
覚悟があるか否かで、腹が据わっていれば基本的に大丈夫だと思っておりやす。
2009/09/16 12:48 | | edit posted by 抹茶母
願えば叶う?
うちはお兄ちゃんが大きな音がダメなので、流行のお笑い系がいっさいNGです。これは、ある意味ラッキーでした。CMが急に大きな音になるのもダメなので、民法<公共。これまたラッキー。願えば叶うっていうか(笑)

おかげで、妹もすっかり小さい音の世界に慣れてしまい、先日わたしの好きなサザエさんをつけていたら、「うるさいから消して」と言われてしまいました…。見たかったのに…。習慣ってすごい。

「食事のときは、テレビ、ビデオ、を消す」は、夫がなかなかできません。実家では見ていないのに。聞くと、ひとり暮らしの時に習慣化してしまった由。習慣ってほんとに怖い。代替手段でラジオを提案したところ、夫婦でエフヨコの藤田君にはまっております。
2009/09/19 00:13 | | edit posted by yoshiko
yoshikoさんへ
コメントありがとうございます。

普通、下の子は、上のお兄ちゃんお姉ちゃんに合わせ、かなり早い段階からテレビを観てしまう環境にいると思うのですが、ジェリーちゃんもトム君に会わせて視聴時間の少ない生活になるのなら、それに超した事はありませんよね。

>「食事のときは、テレビ、ビデオ、を消す」は、夫がなかなかできません。
実は私の夫もテレビ好きなので、テレビ無しの習慣が淋しいみたいです。
食事の時と抹茶がいる時はつけないで、と約束しているため、彼は仕事中にパソコンで
観ていますよ…。本当に習慣て恐ろしい!

2009/09/20 06:39 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/250-03393d2c
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。