スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 精神的成長~自分なりの判断

「虹色教室通信」で紹介されていたごゆっくりさん」の記事を拝見しました。

2歳のジュリーちゃんがディズニーランドで意を決してドナルドに会いにいく様子が
丁寧に書かれていて、『あ~、懐かしいなぁ』と、抹茶の小さな頃を思い出してしまいました。

実は、抹茶も3歳の頃、東京駅のピンクパンサーショップで似たような経験をしているのです。
その日は休日だったせいか、大きな着ぐるみのピンクパンサーがショップ内にいて、
小さな子ども達に握手をせがまれていました。

そんな中、私の後ろに隠れて微動だにしない抹茶。
私は「握手してもらう?」と一応聞きましたが、案の定抹茶は「いい」と即答。
「じゃあ、他のお店にいこうか(ママはNHKのテナントショップに行きたいのさ)」と聞くと、
「やだ、いかない」。
『あ、そう…』ということで、しばらくそこに立ち尽くしていましたが、義理の父が他のお店に
行ってしまったので、「ほら行くよ~」と引きずるように連れて行きました。

しかし、そのお店でも「やっぱり、さっきのお店にいく」と言います。
顔つきから抹茶の真剣さが伝わってきたので、私達はピンクパンサーショップへ戻りました。
そして、また微動だにしない時が流れた後、抹茶ははっとした表情を見せ、ふと呟いたのです。

「中に…中に人がいるんだ」

私はこの言葉を聞いたとき、なぜか感動しました。
「なぜ、あんなぬいぐるみのようなものが動いているのか」という疑問をずっと長い間
抱き続け、自分一人で答えを探し出した抹茶に成長を見たのです。

自分で答えを見つけ出した抹茶は、「納得したから大丈夫」とばかりに、ピンクパンサーに
向かって、ゆっくりと一歩一歩近づいていきました。
そして、握手をしてもらい、満足そうに戻ってきました。




抹茶はそれ以来、こうした着ぐるみを見ると必ず、「中に人がいるから大丈夫なんだよね」
と、にっこり笑います。
もちろん、お子さんによっては、中に人がいるかどうかなど気にせず、己の好奇心のままに、
ピンクパンサーに近づいていく子もいるのかもしれません。
賢いお子さんだったら、抹茶よりもずっと早く、中に人がいる事実を見つけ出すでしょう。
でも、抹茶は抹茶なりのテンポで、全身全霊をかけ、脳みそをフル回転させ、
ピンクパンサーについて考えていました。

たとえそれが、大人からするとくだらないようなことであっても、子どもにとっては
何ものにも代え難い、核のようなものになっていくのではないかと感じています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
06:17 | 娘について
comment(2)     trackback(0)
comments
はじめまして☆
とりあげてくださり、とても光栄です!
私も虹色経由でたびたび訪れてきていました。とくに検査の前後の記事は、すばらしかったです(←今さらすみません)。

子どもの心や言葉には、いつも本当に感動があります。この感動のために、手を掛け、手を出さずにいられてるんだなと。残念ながら、第2子で気づいた始末なんですが。

平塚の七夕の記事を拝見し、そこそこお近くなのかな?と。わが家は、海沿いにぐーーーと東方面です。これからもよろしくお願いいたします。
2009/09/19 00:00 | | edit posted by yoshiko
yoshikoさんへ
はじめまして、コメントありがとうございます。

勝手に記事に取り上げてしまい、申し訳ございませんでした。
ちょっと気にしていたので、コメント頂けるなんてこちらこそ光栄です。
実は、私もyoshikoさんのブログに虹色教室通信から時折遊びにいかせて頂いていました。
(読み逃げですみません…)

>子どもの心や言葉には、いつも本当に感動があります。
本当に『面白いな、新鮮だな』と、いつも感動がありますね。
私が記事で書いている事は、本当に些細な日常なので、『そんなことで記事にするなよ!』と
思われる方も多いかと思うのですが、抹茶はおしゃべり上手ではないので、たった一言でも
私を感動させるんですよ。(笑)きっと、yoshikoさんもそうですよね。

>そこそこお近くなのかな?と。
平塚ではありませんが、我が家も海沿いです。
yoshikoさんのお宅よりも西だと思いますが、意外とお近くかも!
2009/09/20 06:23 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/253-dc6b1c4a
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。