スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 コミュニケーション能力***その2

つい先日も、いつものように砂場で大きなお団子を作っていたところ、
3歳くらいのお子さんを連れたお母さんがやってきました。

多くの子ども達がこの特大団子には引き寄せられるので、そのお子さんも
「ママ、あれ作って」と、お母さんにねだります。
しかし、「ママには出来ないな~」と、一瞬でその願いは取り下げられてしまいました。
私は「簡単ですよ~」と一言伝えましたが、「いえいえ~」という様子だったので、
あまりしつこく勧誘するのもどうかと思い、その場は引きました。

結局、私が作ったお団子を抹茶に渡し、「あげておいで」と言うと、
お母さんは、「すみません、ありがとうございます~」と丁寧にお礼を言ってくださいました。
その後も、しまじろうのお砂場セットでお子さんのおままごとにつきあっておられる、
上品で素敵な方でした。

何も問題はないはず…。

けれども、私はこうした日常のふとした光景を見るにつけ、見えない壁のような存在を感じます。
お団子が出来ないと決めつけてしまう壁。
お団子作りから派生していかないコミュニケーションの壁。

これが子どもだけの場合、不思議と上手くいくのです。
「作ってみる?」と聞けば、大抵みんな「やる~」と答えます。
そこには、出来る出来ないの壁もコミュニケーションの壁も存在しません。

昨今、子どものコミュニケーション能力の低下が叫ばれていますが、私が公園で接する
子ども達は、ちょっとのきっかけを大人が与えてあげれば、すぐに生来のコミュニケーション
能力でとけ込んでいきます。
コミュニケーション能力が下がっているのは、私も含め、むしろ大人の方です。

私もそうなので偉そうなことは言えないのですが、大人はどうしても他のお母さん…
特に初対面のお母さんがいると、子どもではなくそちらが気になってしまうのではないか
と感じています。
すると私も、いつもの調子で「水を組んできて~」と他所のお子さんに頼めず、
余計な気を使い、遠慮し、純粋にその場を楽しむ余裕がなくなっていくのです。
抹茶にも「使っていないスコップを貸してあげたら?」だとか、「順番ね」だとか、
自然自然に良い母?を演じようとしているのですよ。恐ろしいことに!
私は本来、「そんなつまらん話は自分達で解決しろ」というスタンスなのにも関わらず、です。

私は専門家ではないので、詳しいことはわかりませんが、こうした親の意識は子どもも敏感に
感じ取っていて、親が身にまとっている壁を自らもまとっていくようになるのでは?と思います。
「壁」の連鎖ですね。

そして、この「壁」のことについて考えると、子ども達から「おばちゃんさ、なんかいいよ」
というお褒めの言葉?をもらったのは、その時の私が、壁のない、生来の子どもに近い状態
で遊んでいたからではないか…と思うのです。(自分勝手なだけとも言いますが)




もしかすると、現代の子育て中の大人達は、他人との距離をはかりかねているのかもしれません。
第二次ベビーブームの頃に生まれ、親も終戦後に生まれた世代が多い。
私も私の親も戦後急速に広まった個人主義の波の中を生きてきました。
私の親の世代は、その親(私の祖父母)の世代が戦前生まれですので、個人主義の影響を
強く受けずに育っていますが、私達の世代になると、その影響は色濃く出ます。

日本人は長い間村社会の中で助け合って生活を支えてきた国です。
個人主義といっても、キリスト教を背景に背負っていないので、どうにも核がありません。
しかも、村社会の生き方も否定しているので、どっちつかずで不安定です。

そうした時代の流れの中で「コミュニケーション能力の高い子どもに育てよう」と考えるなら、
大人が壁を取り払い、外へ出て行かなかればならないのでしょう。

私の場合、せいぜいが虹色サークルと特大団子作り程度(能力ねえな!)ですが、
こんなものでも、大人が純粋に楽しんでいるなら、子どもは寄ってくるし、案外盛況だな…
と感じています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
13:50 | 未分類
comment(2)     trackback(0)
comments
はじめまして
先ほど読み終えた、河合隼雄先生の「こころの子育て」とい

う本の内容と似た記事だったので、嬉しくなってコメントして

しまいました。

親の「壁」、私もよく感じることがあります。

私自身はよく子供にからまれる性質で、見ず知らずの子に

スカートひっぱられたり、通せんぼされたり、いきなり話しか

けられたり・・・

「私っていじられキャラだったの?」と人生振り返ってみたり(笑)

どちらかというと、ドSキャラなんですがねぇ・・・


まあ、そういう子の親御さんって絶対近くにはいないんです

よね。見渡しても。姿見えず。




初コメントなのに、長々とすいませんでした。失礼しました。


2009/09/28 22:35 | | edit posted by onocching
onocching さんへ
はじめまして、コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。

>河合隼雄先生の「こころの子育て」
好きな本なので、影響があるのでしょうね。
私はあまり育児書なるものを好まないのですが、この本は好きです。
ちなみに河合先生はユング関連の著作を沢山お持ちで、私はそちらから入ったんですよ~。
2009/10/02 06:38 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/255-c7506735
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。