スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 精神的成長~計画的運用

我が家では一年程前から、抹茶にお小遣いを渡しています。
(そういえば、こんなこともありましたね。プププ)
「朝夕の食事の前後に台拭きでテーブルを拭いたら、一日10円」というお手伝い制です。
抹茶が自ら進んで他のお手伝いをしたり、何か他に感動させるような手伝い方を
した場合にのみ、「私と主人の気分次第で」ボーナスが10円つくこともあります。
まさに働く大人と同じですね。
「確実に働けば日銭は稼げるが、ボーナスは能力次第」。(笑)

抹茶は一週間この10円を貯金し、金曜日の夕方にコンビニで好きなものを買っています。
私は普段のおやつに飴やガムなどの駄菓子類を買うことはありませんが、
抹茶が稼いだお金の使い道に関しては口を挟みません。
『うわ…何が入っているの?』と思うような、キツイ色をしたゼリーを選んでもいいし、
虫歯になりそう~な、チュッパチャップスを選んでもOKです。
(私だって、小遣いの使い道をあれこれ指図されたら嫌ですから!)

テレビと同じで、駄菓子を与えるか否か…という問題も各家庭の判断だと思います。
ただ、完全に与えないというのも、後で反動がくるかもしれない。
かといって、好きに買い与えるのも身体に良くない。
そうしたことも考えると、お金の大切さ、選ぶ楽しみ、加えて算数の基礎…
色々な要素がほどほどのバランスで絡み合っている、このお小遣い制は気に入っています。

さて、そんなお小遣いの使い道。
当然、金曜日の夕方にコンビニへ寄ることは習慣となっていたので、
「今日はコンビニに行かない」と、抹茶から聞いた時は意外でした。

「え?どうして?いいの?」
「うん、フレッシュプリキュアのスティックを買いたいから、お金を貯める」
『お~!』

いえ、全く大した事ないのですが、こりゃまさしく計画的運用じゃないか!と、
密かに感動してしまいました。
今までは目先のお菓子に釣られていたのに、少し先を見据えて、計画的にお金を
使えるようになった抹茶の成長を感じます。
それがたとえ、キュアスティック(250円ほど)であっても。(笑)

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
07:07 | 娘について
comment(4)     trackback(0)
comments
お金を理解できて良い取り組みですね
たまに訪問しては、読み逃げばかりで申し訳ありません。

いつも抹茶母さんのきちんとした文章をよむと、日本茶を飲んだときのようなほっこり感を感じます。

お金の取り組みとてもいいですね。
うちでも来年幼稚園に上がってからすこしづつ、モノの価値というものを教えたいと思います。
ぜひ、そのときの参考にさせていただこうと思いました。

2009/09/24 22:13 | | edit posted by Rのママ
Rのママさんへ
コメントありがとうございます。
私の文章なんて、本当に適当でいい加減ですから、恐縮してしまいますが…。

>お金の取り組みとてもいいですね。
記事には書きませんでしたが、「どのタイミングで、どんな行動をとれば、より対価がもらえるのか」、そうした「場の空気を読む力」をつけてほしい…との願いからのボーナス制なのです。一人っ子の抹茶は、どうしてものんびりしているため、こうしたルールを作ったのですが、ちょっと下品な感じもしますね。ははは。本当に品の良い家庭では、こんなことはしないと思いますから、あまり参考にはしない方が無難です。(笑)
2009/09/24 23:19 | | edit posted by 抹茶母
ナイスアイディア!
「朝夕の食事の前後に台拭きでテーブルを拭いたら、一日10円」気に入りました!
うちは2人いるから、もう1個同じような労働を考えないと~。ってゆうか、朝の配達牛乳(ジュース)をタダでうきうき持ってきてくれるジェリーを見てると、これまで有料になるのはどうかと…とセコイ考えも。
私の場合、毎日10円玉を必ず用意するのも忘れちゃいそうですがv-356

わたしの大ソンケーする先輩ママが、こんな記事を書いてますよ。
http://koumama.seesaa.net/article/127879478.html
2009/09/25 04:39 | | edit posted by yoshiko
yoshikoさんへ
コメントありがとうございます。

>もう1個同じような労働を考えないと~。
私は小学生の頃、毎日のお風呂掃除でお小遣いをもらっていました。
抹茶も小学生になったらやらせる予定でいるのですが、トム君もいかがでしょうか?

>毎日10円玉を必ず用意するのも忘れちゃいそうですが

大丈夫ですよ~。
毎日10円玉を用意しなくても、「5円玉2枚」や「50円玉を渡すから、おつりをちょうだい」
でOK、だと思っています。
その代替も算数の基礎になりますし、ひどいときは「明日20円渡すね」で終わりです。(笑)

>わたしの大ソンケーする先輩ママが、こんな記事を書いてますよ。

こうままさんの記事を拝読しました。フォンちゃんの作文、とても素敵な内容ですね。
抹茶もいずれこんな作文を書いてくれたら嬉しいな~と思います。

ただ、「お手伝い給料制が認知されること」については、嬉しく思うと共に、ちょっと不思議な感じもしました。
実は私も、『お手伝いにお金つけるなんてケシカランかな?』と思っている部分があるので、給料制はあくまでキワモノ扱いが良いと思うのですよ。
なんでもかんでもお金に結びつけると、純粋なボランティア精神が育まれないのでは?という懸念があるのです。
言ってみれば、我が家のボーナス制は、それを回避するためのもので、「場の空気を読む」
という意味以外に、「純粋なお手伝い」としての意味合いを残すためのものでもあります。
だから、めったにボーナスは出していないのですよ~。
…て、こんなこと聞いてませんよね、すみません。とほ。
2009/09/25 13:38 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/256-c3362a29
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。