スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 イメージで算数遊び、かけ算の基礎***その3

ここ最近続いている、乗り物を使ったかけ算の基礎問題です。
タイヤという固定された「一あたり量」と、乗り物の台数という「いくつ分」は
イメージしやすい具体物なので、かけ算の導入として良いのでは?と勝手に結論づけて、
寝しなのひと時、地味に続けております。

抹茶も大分慣れてきたのか、昨晩はこんなことを言っていました。

「じゃあね、抹茶が問題を出すよ。バイクが10台あります。タイヤは全部で何個?」
「え~、10台もあるの?多いねぇ」
「簡単だよ。だってほら、(両手を出しながら)10台なんだから20個じゃない」
「数えなくてもわかるの?」
「うん、わかるよ。見えるから」
「見える?」
「うん」

今まではバイク1台(指1本)につき、タイヤ2個と数えていたのに、そうした「数え上げ」
をしなくても、少しずつ20までの数の感覚を掴んできているのかな?と感じています。




あと、算数の話ではないのですが、就寝前に妙なこと?を言いながら、一人興奮していました。

「あのねママ、面白いことを教えてあげる」
「うん?なあに?」
「ここ(抹茶の眼前。空中)に長四角の白い紙があるとするでしょ。…思い浮かべた?」
「うん、思い浮かべた」
「でね、角に4つ好きな果物を描いてね。なんでもいいよ」
「描いたよ。リンゴとバナナとみかんと桃」
「抹茶はマンゴーと洋梨とぶどうとリンゴにしたよ。でね、真ん中には動物を2匹描いてね」
「うさぎとクマを描いたよ」
「抹茶もうさぎとクマにしたー。あ、やっぱりクマは消して(消す動作付き)、キツネ。
えっとね、それで、この紙をこうやって(身振り手振り)ひっくり返すの。出来た?」
「うん」
「そうすると、真ん中の動物の場所(位置)が入れ替わってるでしょ?あと、この角にいた動物も
右と左で入れ替わってるでしょ?ほら、裏からうっすら見えるでしょ?

…うっすら見えるでしょってアンタ、どんだけ具体的なの…と、心の中でツッコミを入れる私。
いやはや、抹茶の目の前には、まさに本物の白い紙が見えているんですね。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

10:45 | 算数
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/281-4faa2185
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。