スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 数を感じられる絵本

定番とも言える有名な「はじめてであうすうがくの絵本」を、最近手に入れました。
4歳以上(賢いお子さんなら3歳~でも大丈夫かな?)のお子さんにおすすめできる
「すうがく」の絵本です。
まだ読んでいないのですが、気に入ってくれるかな?

CIMG2503.jpg

4歳以下のお子さんにおすすめできる数関連の絵本も「我が家にある絵本の中から」(笑)
ピックアップしてみます。一番手前から時計回りに

CIMG2549.jpg

「かわいいてんとうむし」
「100匹のあり おなかぺこぺこ」
「おたまじゃくしの101ちゃん」
「10人のゆかいなひっこし」
「1、2、3、どうぶつえんへ」
「1から100までのえほん」
「はらぺこあおむし」

こちらは、「100かいだてのいえ」と、最近発売された「ちか100かいだてのいえ」。
「100かいだてのいえ」を気に入っていたので、「ちか100かいだてのいえ」も購入。

CIMG0949.jpg CIMG0950.jpg

さてさて、みなさん写真でお気づきでしょうか?
この「100かいだてのいえ」と「ちか100かいだてのいえ」は、めくり方が逆なんですよ。
私も主人も気付かなかったのですが、一目見て抹茶はその違いを指摘していました。

「ママ見て!反対になってる!どうしてかな?」
「うーん、どうしてかなぁ…」
「えーとね、うーん…」
(本をめくりながら、しばし沈黙)
「やっぱり、「100かいだてのいえ」はこの(閉じ方の)方が上に行く感じがするし、
「ちか100かいだてのいえ」は、この(閉じ方の)方が下に行く感じがするからじゃない?」
「うん、ママも多分そうだと思う。読む人の目の動きまで計算して作っているんだろうね」
「すごいね~、よく考えてるね~」




抹茶は聴覚認知の弱い子なんですが、視覚認知…こうしたデザインの意図に気づくこと、
そして自分なりに解釈することは好きなので、こうした特性は大事にしていってあげたい
と考えています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
10:58 | 算数
comment(2)     trackback(0)
comments
何冊か持ってるのあります~抹茶ちゃんと同じだ~

「100かいだてのいえ」は家にあって、新刊は本屋で立ち読みしたんですけど、ぜんぜん気付かなかったですよ!!
そんな工夫がされてるのにも驚きだけど気付いた抹茶ちゃんにも驚きです。
うちの子は将来気付くかな~?
2009/11/26 13:41 | | edit posted by ここ
ここさんへ
コメントありがとうございます。

たしか娘ちゃんも「かわいいてんとうむし」を持っていますよね。
同じだ~と思ったことがあります。(笑)

>「100かいだてのいえ」
大人は固定概念でモノを見ますからね~。意外と大人より子どもの方が気づくかも?
2009/11/26 14:43 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/283-ef3c29c9
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。