スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 発達外来の受診***その2

通された診察室は白とグリーンを基調とした八畳ほどの広さの部屋で、
机を挟み、先生と対面する形になっています。
少し離れたところには子ども用の机と椅子のセットが置いてあり、
そこで発達検査をするのか、あえておもちゃなどを置いていない様子でした。

私達に優しく椅子を促してくれた先生は40代と思われる落ち着いた女医さんで、
白衣は着ておらず、白とストライプのシャツにキャメル色のカーディガンを羽織り、
紺色のチノパン姿で若々しい雰囲気のする方だったと思います。
ここでは名前をA先生としますね。

A先生は限られた時間の中、素早く問診票を読み取り、いくつかの質問を口にされました。

「一番気になさっていることはどんなことでしょう?」
「言いたいことが言えずに押し黙ってしまうことがよくあります。
二ヶ月~一ヶ月に1度、ほどパニックのように泣いてしまうこともあります。
幼稚園でもお友達を見ているだけ…という姿が時折見受けられるので、
そうしたコミュニケーション能力の低さも少し心配です」
「WPPSIを受けておられますね」
「はい、市の療育センターで受けました。結果が出たのは8月です」
「再検査は負担ですから、今日は簡単な検査だけにしましょう」

A先生と抹茶は子ども用の机に移動し、検査が始まりました。

最初は「目と手の協応性」の検査。
目と手の協応性とは、簡単に言えば、目で見た情報と手の動作を組み合わせることです。
お味噌汁が入ったお茶碗を、注意しながらお膳に運ぶといった日常的な動作も、
この「目と手の協応性」が必要です。
知育的なものとしてはペグ差しや紐通しなどもそうですね。
お受験課題に詳しい方には「点つなぎ」といった方がわかりやすいかもしれません。
その他にも色々ありますが、検査として行われる「目と手の協応性」はWPPSIでいう
幾何図形に近いものでした。(「フロスティッグ視知覚発達検査」の可能性が高い)
○、△、◇などから始まり、徐々に複雑な図形の模写へと移行していきます。
抹茶はこの類いの課題には抵抗がないせいか、集中してすいすい取り組んでいました。

次は「心の理論」の検査。
心の理論とは、他者の心の動きを類推したり、他者が自分とは違う信念を持っている
と言うことを理解する機能のことで、自閉症などの発達障害を抱えていると、
心の理論の獲得が遅れるとされています。
有名な課題が「サリーとアン課題」「スマーティ課題」です。(詳しくはウィキへ

抹茶には「サリーとアン課題」でも「スマーティ課題」でもなく、絵を見ながら、
「何をしているところかな?この人はどう思っているのかな?」といった質問が先生から
なされました。
この課題は抹茶にとって相当辛いのか、途中、「疲れちゃった。あと1回だけね」と
自分から要求する始末。(笑)
「心の理論」の検査は全部で6問ほどだったでしょうか。

そして、全ての検査が終わると、先生は抹茶に「おもちゃのある部屋(待合室)で
待っていてね」と待機を命じました。


次回に続きます。
16:33 | 発達外来
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/294-16523841
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。