スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 クリスマスレゴ***その2

「その2」は、クリスマスをイメージしたドールハウス2種。

こちらはサンタのオープンレストラン。

CIMG0934.jpg

抹茶が作っていた「サンタのお家」の出来が思いのほか良かったので、二人で協力しながら
「オープンレストラン」にすることに。
芝の地面にも雪が積もっているイメージなので、緑(芝)の基礎版にわざわざ白いブロックを
乗せています。(結構芸が細かいのですよ~)

アップ。

CIMG0936.jpg CIMG0935.jpg

よくわからないプリントパーツを黒板メニューに見立てています。
サンタが「メニューはお決まりですか?本日のおすすめは~」と言っているイメージです。

CIMG0937.jpg

厨房内。

CIMG0938.jpg

ガスコンロや棚など、細かい部分は私が作りましたが、大まかなデザインは抹茶が担当しました。

*****************************************************************

こちらはアットホームなクリスマスパーティー。

CIMG1045.jpg CIMG1043.jpg

サンタのオープンレストランを作った一週間後くらいに作りました。
夏に空き箱で作ったドールハウス(写真右)と基本設計は同じですね。
この形が抹茶の「二階建てスタンダード」なのかな?

玄関。
証明にこだわりたかったのか、付け方を聞いてきました。

CIMG1047.jpg

庭。
最近お気に入りのかえるベンチとシーソーは使い回しです。

CIMG1048.jpg

トイレ。
「トイレを作らないと大変だよね!おもらししちゃうよね!」とのこと。これは少し手伝っています。

CIMG1051.jpg

リビングダイニング。
テーブルにはイチゴののったクリスマスケーキがあります。
使っていない椅子を戻しているのがおわかりでしょうか?

CIMG1052.jpg

キッチン。
ここは私が作りました。
写真左から、コンロ、作業台、流し(流し下はオーブン)、右奥に冷蔵庫。
流しの下のオーブンもきちんと扉が開きますよー。なかなか良い出来。(>自分で言うか)

CIMG1053.jpg

窓辺に鳥がとまっています。
「良いにおいに誘われて、鳥さんが来たんだよ」とは抹茶談。ドリーミー設定です。

CIMG1055.jpg

二階部分。
ベッドが3つ、クローゼットや本棚などが置いてあります。クリスマスツリーも見えますね。

CIMG1056.jpg

ベッドの上で絵本を読む女の子。

CIMG1059.jpg

時計のプリントパーツを見つけてご満悦の抹茶。
クローゼットにはフィグの帽子、本棚には本に見立てたプリントパーツも入っています。

CIMG1058.jpg

ベッドの足は抹茶こだわりの一品だそうですよ。

CIMG1017.jpg




今までは協力して作ることを嫌がって、「自分でやる!」と言い張っていましたが、
最近は協力してより良いものを作る…という姿勢が出来てきました。成長しましたね。
そろそろ、頭の中のイメージだけではなく、下の写真集などを見ながら作ってみても良いかな?
と思っています。

CIMG1042.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
11:16 | 知育玩具、おもちゃ
comment(4)     trackback(0)
comments
すごーーーい
すごすぎる。感激しちゃった。
セット買わなくてよかったね。CCDカメラにケーブルつけて撮影したら楽しいでしょうねえ。
それにしても、いろんなパーツがあるのですね。
2009/12/14 21:53 | | edit posted by yoshiko
yoshiko さんへ
感激してくれてありがとうー。リップサービスでも嬉しいな。ありがとう。

>セット買わなくてよかったね。

うん、本当に。手持ちのレゴでそれなりに楽しめました。

>いろんなパーツがあるのですね。

ありますね~。レゴマニアの方は、たった一つのレアパーツのために何万もするセットを買いますから、恐ろしい世界ですよん。我が家は「子どものおもちゃとしては沢山ある方」だけれど、「大人の趣味としては少ない」という中途半端な量です。
2009/12/15 11:23 | | edit posted by 抹茶母
抹茶ちゃん&抹茶母さんのコラボのキャッチコピーはこれ。

「神は細部に宿る」

もしくは

「画竜点睛」

って、相変わらずアナクロでイケてないコピーなんですが(^-^; なんだかそういう気持ちなんであります。

レゴ作品、私の目からはもうほとんど神です。あの基本四角丸ポチで(ごめんレゴ)ここまでできるのね!たいまつ照明に、ベッドの足。それにつけてもかえるベンチの愛らしさ。嗚呼。

協力してよりよいものを作るという経験は、一人で何かをやり遂げるのとはまた違った自己肯定感が得られそうですね。いや、手持ちの自己肯定感があるからこそ、コラボできるのかも!
2009/12/15 22:59 | | edit posted by いづみ
いづみさんへ
いつも温かいコメントありがとうございます。

お褒め頂き素直に嬉しい。私、あのキッチンを作るのに3時間はかかってるからね。(笑)でも、「神は細部に宿る」 「神は細部に宿る」 は言い過ぎ!レゴのビルダーさんは桁違いですよ~。

> いや、手持ちの自己肯定感があるからこそ、コラボできるのかも!

ああ、これはありますね~。最近、抹茶の自己肯定感てすごいんですよ。なんだろアレ。自己肯定感に足下を掬われるなよ!と思っているくらい。

そういえば、シュタイナーは「七歳までは夢の中」と提唱していますよね。私はシュタイナー教育ほどのストイックさ持ち合わせていませんが、幼児期って良い意味で自分の殻に閉じこもり、自己肯定感を育む時期なのだろうとは捉えています。で、その夢の中時代を抜けた先に、コラボ時代(小学校)がやってくると。

今の世の中、習い事や先取り教育などで夢の中時代を満喫できないような風潮がありますが、本来なら、何も考えずにただぬくぬくと自己肯定感を育てることに集中すべき時期なのかもしれませんね。
2009/12/16 10:11 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/298-9b63a339
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。