スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 英会話教室の体験

専門医の先生から「コミュニケーション能力を育むために、少人数で取り組む習い事を
してみても良いかもしれない」と伺ったことをきっかけに、11月はいくつかの習い事体験を
入れました。

その一つが、以前抹茶自身が「やってみたい」と言っていた英会話教室です。
一口に英会話教室と言っても色々ありますが、主人と相談し、プリスクールの初心者向け
課外レッスンを選びました。

このスクールを選んだ理由は、以下です。

●イギリス人、アメリカ人、フィリピン人など、国際色豊かな先生がいること
●家庭教材を沢山買わせないこと。
●大手のお教室はすぐに講師が変わってしまうが、このスクールの先生は変わらないこと
●プリスクールといっても、とてもアットホームなスクールであること
●先生方の子ども達への接し方が上手そうなこと
●部屋はカーペット敷でぺたんと座るスタイルのため、リラックスできること
●レッスンの最後には、ごほうび的なおやつタイムもあること

体験レッスンはいつものレッスンに私と抹茶が同席する形です。
ネイティブの先生がフォニックスからかるた遊びまで、小さな子どもでも楽しめる
多様な取り組みを用意してくれていました。
印象的だったのは、子ども達が単語だけで会話を成立させようとするところを、
「It is」や「a」をその都度丁寧に補っていたところでしょうか。
このあたりの補足は家庭でするよりも先生に注意頂いた方が気をつける気になるのでしょうね。




私としては『ゲーム性のある楽しいレッスンで、通わせるならここだなぁ』
と感じましたが、肝心の抹茶は「行かない」。
きっぱりと「抹茶はしまちゃん(こどもちゃれんじEnglish)でいいよ」と言いました。
「この調子でどんどん頑張るよ」とも。(笑)
『この調子って、どんな調子!キミの英語力は大した事ないのだよ』という
心の声はさておき、そのポジティブシンキングは妙に力強く私の胸に響きました。

とはいえ、英語に苦労した隠れLDの主人は「英語には苦労するだろうから、
中学前に英語に触れさせてあげた方がいいよ」との意見だったので、数年後には
また時期を見て声をかけてみようかな~と思っております。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

10:18 | 英語
comment(2)     trackback(0)
comments
はじめまして
いつも楽しく見させていただいております。

実はわが家にも、折り紙、パズル、迷路好きな5歳の男の子ジェロがいます。
WISC-Ⅲを最近受けてみたところ、言語性IQ95<動作性IQ136でした。診断はまだです。
ジェロはやや多動もあり、習い事はさせてあげたいけど、なかなか難しい状況。
良いところを伸ばしてあげたいと思っていますが、なかなかその場がないですね。2E教育などが早く普及しないかと願っております。
またお邪魔しますので、よろしくお願いします(^^)。

2009/12/19 22:49 | | edit posted by cocoa
cocoa さんへ
はじめまして、コメントありがとうございます。

ジェロ君と抹茶は動作性IQ優位という点といい、有意差がある点といい、幾何分野の遊びが好きな点といい…少し似ている面がありますよね。(ジェロ君はLDではないと思いますが!)

cocoaさんのおっしゃるように、良い面を伸ばしてあげたくてもなかなか…というのは、私もそうなのでお気持ちお察しいたします。私見では、動作性IQが高い子に向く習い事は工作教室やレゴ教室、パズル教室かな~?と思うのですが、能力云々の問題ではないところもあって、難しいところですよね。私も早く2E教育が浸透しないかと願っています。基本的に学校教育は言語性IQ優位、継次処理優位な子向けのものなので、残念です。
2009/12/20 02:06 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/302-36b2b1a6
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。