スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 言語訓練にて~類似の課題

週に一度の言語訓練では、言葉を伸ばすべく様々な取り組みをしています。
先週は類似の課題でした。

”類似の課題”。
幼児教育に関心が高い方でも、聞き慣れない言葉ですよね。
一般的には、”仲間集め”や”仲間分け”と言うのかもしれません。
靴、スリッパは”履くもの”、飛行機、ヘリコプターは”空を飛ぶもの”といった
論知的にカテゴリー分けする力を育むための訓練です。

「抹茶ちゃん、鉛筆と消しゴムって、どこが似てる?」
「絵描くー」

「抹茶ちゃん、まな板とお鍋ってどこが似てる?」
「台所」

抹茶は質問の意図することを理解できても、「絵を描く時に使うもの」、
「台所にあるもの、お料理する時に使うもの」とは言えません。
プリントにイラストや写真が描いてあって、そこに○や×をつけること(動作性)は出来ても、
他人にわかるように言葉で伝えること(言語性)は苦手なんですね。

抹茶にとって、この類似の課題は相当つまらなかったらしく、
2問目にして「つまらない~、これ全然面白くないから抹茶が問題出してあげる」と、
先生の予定を無にする発言も飛び出す始末…。(汗)
でもSTの先生は優しいので、「え?ほんと?じゃあ、抹茶ちゃんが問題出して~」と、
抹茶の意見を尊重してくれます。
このあたりが、通常の幼児教室と違う点ですね。
なんてフレキシブルな対応。

抹茶は「先生、このホワイトボード借りていい?」と、確認してから、
オリジナルの類似の課題をどんどん書いていきます。
ものすごく楽しそうです。
さっきとは目の輝き、集中力が違います。

そしてこちらが抹茶作”類似の課題”。(絵はできるだけ忠実に再現したつもりです)

1 のコピー

「目玉焼きと卵焼き、どこが似てる?」
「ハイ、抹茶先生!目玉焼きも卵焼きも卵を使ったお料理です!」
「ブッブー。めだま”やき”も、たまご”やき”も、”やき”って付いてるんだよ~」

「じゃあね、これはどこが似てる?」
「ハイ、抹茶先生!イカもタコも足がたくさんあります!」
「ブッブー」
「ハイ、抹茶先生!イカもタコも海に住んでいます!」
「ブッブー。答えは~、イカもタコも2文字!そして両方美味しい!(←なんという主観!)」
「あ~、そうか~。ムム、でも先生、抹茶ちゃんの傾向が掴めて来たぞ~」

「じゃあ、これは?傘と蜘蛛」
「ハイ、抹茶先生!傘も蜘蛛も2文字です!」
「ブッブー」
「え~、違うの?うーん、なんだろう…」
「傘広げた形と蜘蛛の巣の形が似てるんだよ~」
「うわ~、そうきたか~!」

先生もとても楽しんでくれ、「すごい、さすがは抹茶ちゃんだ。先生の問題より、抹茶ちゃんの
問題の方が面白いね。先生、メモしておくね。今日は勉強になりました!」と言ってくださいました。
STの先生は天使ですね。




それにしても…。
抹茶はひとたび『つまらない』と感じると、途端にやる気をなくすということがわかります。
言語訓練の本来の目的は、「台所」→「台所にあるもの、お料理する時に使うもの」と
言葉を増やすことにあるのですが、抹茶にとってその訓練はつまらなくて仕方がない。
頭の中にはイメージできているため、あえて言葉にする必要性を感じていないのでしょう。
STの先生がどんなに上手に言葉かけをしても、断固拒否の姿勢を貫いていました。

こうした学習姿勢では、入学後、「わがままで我慢が足りない。集中力がない」と言われる
可能性も高いだろうな~と少々不安にもなります。
けれど、自分の得意分野に落とし込んで工夫することは、これからの抹茶の学習にとって鍵です。
つまらないから逃げる~というのは問題ですが、別の道を提案でき、周囲を納得させることが
できるのなら、それは抹茶にとって明るい未来であるような気がしています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
07:38 | 言語訓練
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/339-20f3dcdf
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。